自転車とFXで日本一周

自転車で日本一周をします。旅の資金はFXで稼ぎます。日々、旅の景色と、トレード記録を記事にしています。

自転車とFXで日本一周

【トレード177日目】本日のポンド円は、売り買いどちらもあり得る重要局面

どうも、衣笠です。

 

9/23(月)ポンド円のトレード戦略と、9/20(金)のトレード結果についてです。

 

トレード戦略は衣笠の考えであり、利益を保証するものではないこと、参考にトレードをして損失が生じた場合、衣笠はいかなる補償も出来ないことをご理解の上、読んでもらえましたら幸いです。

 

また、分析はスパンモデルとスーパーボリンジャーがベースです。

下記の記事で詳しく解説していますので、もしよければご覧下さい。

www.sasamifx.com

www.sasamifx.com

 

それでは、さっそく見ていきましょう!

9/23(月)ポンド円の戦略

〇日足

f:id:igasa-fx:20190923084841p:plain

ポンド円の日足チャートです。

一目で分かる通り、上値を抑えられた形ですね。135.650付近が、かなり重たいようです。

遅行スパンは陽転、買いサイン点灯で、一応は買いが優勢な形です。ただ、BBの+1σも下に割ってしまっているので、いったんはセンターバンド付近まで下押しするケースも考えられます。

スパンモデルの動きでいうと、【転換→加速】における【転換】の動きですね。

【転換→加速】については、下記の記事をご覧ください。

www.sasamifx.com

 

日足だけだと、ちょっと戦略が立てづらいですね。

更に下押しする可能性もあれば、適当なところで止まって、高値更新を目指す可能性もあります。

そのあたりについて、下位足から探っていきましょう。

 

〇4時間足

f:id:igasa-fx:20190923085314p:plain

まずは4時間足から。

遅行スパンはローソク足と絡んでおり、方向感不明。雲は買いサイン点灯ですが、かなり薄くなっています。

典型的な、レンジ相場を形成していることが分かります。

典型的なレンジ相場ですから、高値と安値を引いて、ボックスを作ることが出来ました。どちらか抜けた方に大きく動くというのが通常の見方になります。

 

注目したい水準は、安値で引いた133.900付近ですね。ここは、スパンモデルの雲の下限やBBの-3σと重なっています。すなわち、相当強力なサポートとして機能する可能性がありますね。

この水準まで近づいてきたら、ロングポジションを持つことが出来そうです。ただしここを下に抜けた場合は、レンジを下に抜けたことになるので、ドテンしてショートするほうが無難でしょうか。

 

〇1時間足

f:id:igasa-fx:20190923085747p:plain

1時間足も見ていきましょう。

遅行スパンは陰転、売りサインが点灯しており、売り優勢の局面になっています。

先ほど、重要なサポートとした133.900付近と、BBの-2σが重なっていますね。

1時間足で見ても、ここを下に抜ければ、勢いよく下に伸びそうな様子です。ただし、そう簡単には抜けないイメージもありますが。
 

というわけで、本日の戦略をまとめます!

 

①133.900付近まで下押しするのを待つ。

②反発するような動きがあればロングを持つ。ロングを持った場合、利食いラインは134.700で半分→135.650でもう半分→残り半分はブレイク期待で保持といったイメージ。ただ、売りも強くなってきているので、134.700や135.650で全て利食いもOK。

③133.900を下に抜けるようならショート。日足では買い優勢なので、極端に大きなpipsは狙わず。といっても、133.400までは狙えそう。

 

こんな戦略がいいかなと思います。 

売り買い、どちらもあり得る形ですが、まずは133.900付近での値動きを見定めたいところですね。

 

以上、本日のポンド円戦略でした!

9/20(金)のトレード結果

朝からバタバタしていたのですが、結局、終日トレード出来ずじまいでした。

今週からまた、しっかりトレードしていきたいと思います。

 

それでは、本日はこのあたりで!

ではでは~!