自転車とFXで日本一周

自転車で日本一周をします。旅の資金はFXで稼ぎます。日々、旅の景色と、トレード記録を記事にしています。

自転車とFXで日本一周

【トレード181日目】100pips幅のボックスレンジは、ポンド円の特徴ですね。

どうも、衣笠です。

 

9/27(金)ポンド円のトレード戦略と、9/28(木)のトレード結果についてです。

 

トレード戦略は衣笠の考えであり、利益を保証するものではないこと、参考にトレードをして損失が生じた場合、衣笠はいかなる補償も出来ないことをご理解の上、読んでもらえましたら幸いです。

 

また、分析はスパンモデルとスーパーボリンジャーがベースです。

下記の記事で詳しく解説していますので、もしよければご覧下さい。

www.sasamifx.com

www.sasamifx.com

 

それでは、さっそく見ていきましょう!

9/27(金)ポンド円の戦略

〇日足

f:id:igasa-fx:20190927095952p:plain

ポンド円の日足チャートです。

遅行スパン陽転、買いサイン点灯で買い優勢の局面です。

 

昨日に引き続き、非常に重要な局面に来ていますね。

スパンモデルの雲上限と、BBのセンターバンドが重なる132.650付近を推移しています。

ここを下に割ってくるようだと、上値が相当重たくなるであろうことが予想されます。その場合、まずはスパンモデルの雲下限である131.200までは下押しするであることも考慮しておくことが必要です。

 

反対に、132.650を基盤に底値を固めて、上昇トレンドへ回帰するケースも十分考えられます。

どちらのシナリオになっても慌てずトレードが出来るよう、下位足からも戦略を考えていきましょう!

 

〇4時間足

f:id:igasa-fx:20190927101432p:plain

4時間足チャートです。
遅行スパン陰転、売りサイン点灯で、売り優勢です。

 

4時間足では、100pips幅のボックスレンジを推移していることが伺えます。

ここまでは下にブレイクしており、ブレイクのたびに、100pips下値を更新する動きですね。このあたりは、チャートの基本的な性質が表れていると思います。

現在は、133.400~132.400のレンジの中にいるわけですが……もし下にブレイクした場合、目標はやはり、100pips下の131.400になると考えるのが妥当です。これは奇しくも、前述した通り、日足のスパンモデルの雲下限水準ですね。

 

4時間足で見ると、ボックスレンジの上限で売り、下限で買い。どちらかにブレイクしたら、ブレイクした方向についていく、という非常にシンプルな戦略になります

基本的にはこれでいいと思いますが、1時間足でデティールを詰められないか考えてみます。

 

 

〇1時間足

f:id:igasa-fx:20190927102031p:plain

1時間足チャートです。

遅行スパン陰転、売りサイン点灯で売り優勢です。

BBのスクイーズが顕著ですね。上下、どちらにも動きづらそうです。

1時間足で戦略のディティールを立てるのが通常ですが、正直このチャートでは、4時間足と同様の情報しか得られませんね汗

100pips単位のレンジを推移しているため、レンジ上限では売り、下限で買い。ブレイクしたらその方向へついていく。

ポンド円が現在重要な局面だからこそ、戦略はシンプルにならざるを得ない感じもあります。

 

 

というわけで、本日の戦略をまとめます!

 

①現在、日足レベルで重要な局面。上昇トレンド、下降トレンド、どちらもあり得る状況。

②トレンド発生前だからこそ、4時間足~1時間足にかけて強力なレンジの中を推移している状況。133.400~132.400。

③したがって、レンジの上限では売り、レンジの下限では買い。どちらかに突破した場合はその方向についていく。

 

こんな戦略がいいかなと思います。 

本日は金曜日なので、様子見ムードになる可能性もありますが……一方で、月末のロンドンフィキシングに向けて、ポジション調整で大きく動く可能性もあります。

月末に変なダメージを負わないよう、慎重にトレードしていきたいところですね!

 

以上、本日のポンド円戦略でした!

9/26(木)のトレード結果

NY時間をメインにトレードし、ユーロ円、ポンド円のショートを中心にリズムよく取れて、+30pipsくらいでした。

1to10のアレンジバージョン、かなり安定してきました!公開できる日も近いかもしれません!

www.sasamifx.com

 

 

それでは、本日はこのあたりで!

ではでは~!