自転車とFXで日本一周

自転車で日本一周をします。旅の資金はFXで稼ぎます。日々、旅の景色と、トレード記録を記事にしています。

自転車とFXで日本一周

【トレード189日目】ポンド円は『加速』のフェーズへ。日足レベルの上昇トレンド開始も視野に。

どうも、衣笠です。

 

10/14(月)ポンド円のトレード戦略と、10/11(金)のトレード結果についてです。

 

トレード戦略は衣笠の考えであり、利益を保証するものではないこと、参考にトレードをして損失が生じた場合、衣笠はいかなる補償も出来ないことをご理解の上、読んでもらえましたら幸いです。

 

また、分析はスパンモデルとスーパーボリンジャーがベースです。

下記の記事で詳しく解説していますので、もしよければご覧下さい。

www.sasamifx.com

www.sasamifx.com

 

それでは、さっそく見ていきましょう!

10/14(月)ポンド円の戦略

〇日足

f:id:igasa-fx:20191014113240p:plain

ポンド円の日足チャートです。

遅行スパン陽転、買いサイン点灯で買い優勢の局面です。

 

前回の記事で、ポンド円の日足がスパンモデルの転換→加速のフェーズに突入していると書きました。

結果的に前回の高値を更新したので、これは加速のフェーズに入ったとみていいでしょう。

基本的には、上昇トレンドで推移すると考えていきたい局面です。

転換→加速については、下記の記事を参照ください。

 

www.sasamifx.com

もちろんファンダメンタルズ等で、相場の雰囲気が急に変わることはあり得ますが……

基本的には上昇トレンドが継続するという前提のもとで、戦略を立てていきましょう!

 

〇4時間足

f:id:igasa-fx:20191014113748p:plain

ポンド円の4時間足チャートです。

遅行スパン陽転、買いサイン点灯で買い優勢の局面です。

 

こちらの時間軸も、明確に買い優勢の局面へと移りましたね。

こうやって上位足から下位足まで、フラクタル構造になっていると、トレード的には非常にやりやすいです。

フラクタル構造については、下記の記事をどうぞ。

www.sasamifx.com

 

4時間足は、いったん上値が重くなっていますね。

スパンモデルのフェーズでいうと、転換→加速における転換の動きに移る可能性があります。

その場合、スパンモデルの雲上限くらいまでは下押しすることが予想されます。

4時間足の雲上限までは下押しするかも、ということを念頭に、1時間足を見ていきます。

 

〇1時間足

f:id:igasa-fx:20191014114434p:plain

1時間足です。

遅行スパン陽転、買いサイン点灯で買い優勢の局面です。

 

雲の上限まで下押ししているので、いつ反発してもおかしくないですが……

すでに雲上限と、BBのセンターラインを下抜けしていることを考えると、もう少し下押しがあってもおかしくありません。

 

そうなると次のサポートは、スパンモデルの雲下限と、BBの-2σが重なる134.450付近でしょうか。

ちょうどこのあたりが、4時間足の雲上限の水準でもあります。

少し遠いですが、134.450までの下押しを待ってからロングを持つのが、非常に安全なトレード戦略になりそうです。

 

というわけで、本日の戦略をまとめます!

 

①基本は押し目買いから。

押し目買い水準は134.450が目安。

③同水準を下に割ったら損切りで戦略を立て直し。利食い水準は直近高値の137.500。

 

こんな戦略がいいかなと思います。

134.450でロングを仕込むことが出来た場合、結構高い確率で、直近安値の137.500までは引っ張ることが出来そうです。

利食いの期待値が300pipsに対して、損切りは134.450を下に割り込んだ場合なので-20pips前後で済みそうですね。リスクリワードはかなりいいバランスになります。

 

ちなみに記事を書いている現在、ポンド円のレートは136.400です。

ということは、押し目買いの水準まで200pipsもあるんですね。

「どうせ134.450まで下がるなら、まずはショートから入ってもいいのでは?」

と考える人がいるかもしれませんが、それはNGです。

あくまで、

134.450まで下がったらロングを持つチャンス!

なのであり、

134.450まで下がる保証

というものはどこにもありません。

実際にはもっと上の水準でサポートされて、力強く上昇する可能性もあるわけです。

その時、ショートなんて持っていたら?最悪ですよね。

 

これだけの上昇トレンドですから、下手にショートを持つことは避けて……

安全に押し目買いが出来るポイントまで下がってくるようなことがあれば、そこで初めてロングを持つ。これくらいの慎重策が、現在のボラが大きい相場にはマッチすると思います。

 

 

以上、本日のポンド円戦略でした!

10/11(金)のトレード結果

f:id:igasa-fx:20191014115439p:plain

左から、

・通貨ペア

・買い(L)or売り(S)

・エントリールール(AorB)

・エントリー時間(1が東京時間、2は欧州~NY時間)

・損益pips

の順に管理しています。

エントリールールは、現在、AとBの2種類を使っています。

10月いっぱいこの形式で成績どりをして、結果が良好なら、『1to10』のおまけにトレード手法を追記します。

 

 

東京時間はノートレで終了。

NY時間にユーロ円のロングで入り、+11.6pips。

実はこのポジションは、最近では珍しくチキン利食いでした。本当は、+25pipsくらいまで引っ張れたポジションだったのでこれは反省。

チキン利食いになってしまった要因としては、

「週末に負けたくない」

「勝って終わりたい」

という気持ちがあったからだと自己分析しています。

チキン利食い損切りに関するメンタルについては、下記の記事をどうぞ。

www.sasamifx.com

 

チキン利食いしてしまったことから、自分のメンタル状況が悪いと判断。

また、ポンドを中心にボラが大きすぎて、トレード全般のリスクも高いと判断し、この日のトレードは1回のみで終了しました。

 

ツイッターでも書きましたが、「大負けして迎える週末」ほど辛いものはないと考えています。

というか大負けして週末を迎えると、早く取り返したいので、土日が凄く長く感じるんですよね。

そして、「待ちに待った月曜日がきた、早く取り返そう!」という焦りがメンタルに悪影響を及ぼし、月曜日の負けを招くと考えています。

これは完全に経験則というか、個人の性格の問題ですが、週末の負けは週明けの負けを招くと思っているので、週末は特に慎重にいきたいと思っています。

 

 

~10月の成績~

+165.6pips

 

それでは、本日はこのあたりで!

ではでは~!