自転車とFXで日本一周

自転車で日本一周をします。旅の資金はFXで稼ぎます。日々、旅の景色と、トレード記録を記事にしています。

自転車とFXで日本一周

【トレード192日目】大きなレンジがあるとき、中途半端な位置でのトレードだけはNG

どうも、衣笠です。

 

10/23(水)ポンド円のトレード戦略と、10/22(火)のトレード結果についてです。

 

トレード戦略は衣笠の考えであり、利益を保証するものではないこと、参考にトレードをして損失が生じた場合、衣笠はいかなる補償も出来ないことをご理解の上、読んでもらえましたら幸いです。

 

また、分析はスパンモデルとスーパーボリンジャーがベースです。

下記の記事で詳しく解説していますので、もしよければご覧下さい。

www.sasamifx.com

www.sasamifx.com

 

それでは、さっそく見ていきましょう!

10/23(水)ポンド円の戦略

〇日足

f:id:igasa-fx:20191023093230p:plain

ポンド円の日足チャートです。

遅行スパン陽転、買いサイン点灯で買い優勢の局面です。

ただし、上値が重たくなってきている点には注意が必要ですね。いったん、調整局面の下押しがあることを十分に想定する必要がありそうです。

 

まずは直下に控えているBB+1σの138.830付近までの下押し。ここで反発があれば、まだまだ上値を伸ばすことが出来るかもしれません。

ただ、同水準を下に割ってしまった場合は要注意。BBのセンターバンド付近まで下押しすることも想定されます。

 

もう少し詳細に、下位足から分析していきましょう!

 

 

〇4時間足

f:id:igasa-fx:20191023093516p:plain

4時間足チャートです。

遅行スパンはローソク足と絡んでおり方向感は不明。

買いサイン点灯ですが、雲の上限を割り込んでおり、こちらも買い優勢とは断言できない状況です。

 

4時間足は買い優勢というより、レンジ相場を形成していますね。

典型的なボックスレンジですが、幅が400pipsというのがボラの大きいポンド円らしいですね。

現在はちょうど、ボックスレンジの中間あたりに位置しています。

そのため、このあと上下どちらにも動く可能性があり、現状だと手の出しようが無い状況ですね。

 

1時間足からも分析していきたいと思います。

 

〇1時間足 

f:id:igasa-fx:20191023094314p:plain

 

 遅行スパン陰転、売りサイン点灯で売り優勢の局面です。

1時間足は明確に、売りが優勢ですね。

日足→上昇トレンド中だが、調整局面の下押しはありえる。

4時間足→レンジ相場で上下どちらに動くか不明。

1時間足→売り優勢。

という状況ですから、このまま、1時間足レベルでの下降トレンドが形成されてもおかしくはありません。

ただ直下には、4時間足BBの-2σや-3σなど抵抗になるものが多く、すんなりと下降トレンド形成するのは難しいような気もします。

 

結局のところ、4時間足レベルでのレンジが解消されるまでは動きづらいという局面ですね。そしておそらく、ブレグジットに関する報道によって、このレンジは解消されるのではないでしょうか。

 

というわけで、本日の戦略をまとめます!

 

①現状では、上下どちらに動くか全く不明。そのため、ポジションを持つ時期ではない。

②ただし、4時間足レベルのレンジ下限で買い、レンジ上限で売りというスタンスはあり。

③レンジの下限を下に抜けたら売り、上限を上に抜けたら買いという戦略もあり。その場合、利食い値幅は300pips前後を想定。

 

 

こんな戦略がいいかなと思います。

基本的には、ノートレを前提にチャートを見ていきましょう。

5分足や15分足でチャートを見るとよく動くのでトレード出来そうな気もしますが、あくまで、4時間足の大きなレンジの真ん中にいるということを忘れてはいけません。

上位足で見たときに中途半端な位置でポジションを作ってしまうと、時に、大きな苦労をしょい込む羽目になります。十分注意していきましょう。

 

以上、本日のポンド円戦略でした!

10/21(月)~22(火)のトレード結果

f:id:igasa-fx:20191023103427p:plain

左から、

・通貨ペア

・買い(L)or売り(S)

・エントリールール(AorB)

・エントリー時間(1が東京時間、2は欧州~NY時間)

・損益pips

の順に管理しています。

エントリールールは、現在、AとBの2種類を使っています。

10月いっぱいこの形式で成績どりをして、結果が良好なら、『1to10』のおまけにトレード手法を追記します。

2日間で+7.5pipsでした。

2日間で2回しかトレードしていませんが……

外出していたというのもありますが、それ以上に、全体的にチャートの形が悪すぎますね汗

ポンド円がトレンドの転換期を迎えているように、どの通貨ペアもトレンドがひと段落してしまい、方向感が無い状況になっています。

こんな相場ではトレードがやりやすいはずもなく、獲得pipsも少なくなっています。

稼げないことに対して焦りもありますが、こんな時は損失を生まないことの方が重要ですね。

早く強いトレンドが出てくれると楽でいいのですが、こればっかりは、待つことしかできません。

 

~10月のトレード結果~

+203.5pips

 

それでは、本日はこのあたりで!

ではでは~!