自転車とFXで日本一周

自転車で日本一周をします。旅の資金はFXで稼ぎます。日々、旅の景色と、トレード記録を記事にしています。

自転車とFXで日本一周

【トレード195日目】1/7(火)円高とドル高に挟まれる中で。

どうも、衣笠です!

1月7日(火)のトレード内容についてです。

 

まえがき

「リスクオフの円買い」

とよく言われます。

今週は、イラン・米国に対する警戒感から、「リスクオフムード」が漂っている印象がありますね。

 

そんな中、1/7は、ドル円が非常に動意に乏しい展開となりました。

セオリー通り円買いが進めば、ドル円はもっと下げてもいいのですが……

 

どうやら、「リスクオフの円買い」は進行している一方で、対欧州通貨、対オセアニア通貨ではドル高が進行しているようですね。

 

円が買われて、

ドルも買われる

 

という綱引きの中、ドル円は方向感が乏しい時間帯が続いています。

 

イラン・米国の対立はドル安要因となりそうですが、一方で、欧州通貨に対するセンチメントは、依然弱いままといったところなんでしょうか。

僕はアナリストではないので、正確なことは分かりませんが、そういった感覚で相場をとらえています。

 

そんな中、どんなトレードになったのでしょうか?

 

トレード結果

※初めての方は、下記の注意書きをご覧ください。

「知ってるよ!」

という方は、飛ばしてくださって結構です。

 

~注意書きここから~

衣笠は「ISS」と「1to10」という独自の手法でトレードをしています。

どちらの手法でトレードしたかは、画像に記入しています。

それぞれの手法については、下記の記事をご覧ください。

(ISS)

www.sasamifx.com

(1to10)

www.sasamifx.com

 

手法のネタバレを防ぐため、ブログに載せる画像ではインジケーターを消しています。

チャートに2つの矢印を入れています。

左にあるのがエントリー(↓はショート、↑はロング)。

右にあるのがイグジットです。

それぞれの時刻も明記しています。

 

実際に「ISS」や「1to10」を使ってくださっている方で、

「この時刻にエントリーは、ルールと違うのでは?」

「なぜこのタイミングでエントリーしたのか?」

など気になる点があれば、お気軽にご質問ください。

手法のネタバレを防ぎたいので、ブログのコメント欄ではなく、メールでのご質問をお願いいたします(igasa.fx@gmail.com)。

原則24時間以内の回答を心がけています。万が一、48時間経過しても回答が無い場合は、メールの見落としの可能性がありますので、お手数ですが、もう一度ご連絡いただけますと幸いです。

 

2020年の衣笠のテーマは、

「ISS、1to10を買ってくださった方々と一緒に勝つ1年にする!」

です。ブログでトレード内容を報告するのもそのためなので、ぜひ、ご参考にしていただければ幸いです。

 

~注意書きここまで~

ひとつめ

f:id:igasa-fx:20200108003641p:plain

東京時間から。

まずはISSで、ポンド円のロングから入りました。

 

エントリー後、手じまいのサインが出ましたが(☆のところ)、インジケーターの下支えを見てホールド。

その後、10pipsを超える含み益までいきましたが、利食いサインが出るころには一気に戻ってしまい、+1.1pipsで終了。

 

30分もホールドして1pipsしか稼げていないので、非常に、コスパの悪いトレードとなってしまいました汗

ふたつめ

f:id:igasa-fx:20200108003921p:plain

その後、もう一度ポンド円のロングから。

いったんは利益が乗りましたが、その後下げてしまい、あえなく損切り

ルール通りエントリーして、ルール通り損切り。地味ですが、この積み重ねで期待値を稼ぐのが重要だと思っています。

みっつめ

f:id:igasa-fx:20200108004107p:plain

ここから夜のトレード。

朝は買ったポンド円ですが、夜は売りから。

このあたりも、中長期のトレンドが出ていない、不安定な相場であることを感じさせますね汗

 

そして、トレード内容が朝のデジャヴ。

含み益が10pipsを超えるも、利食いするころには1.1pipsまで帰ってきてしまうという悲しみ汗

正直、デイトレやスキャルという単位で考えれば、10pipsの時点で利食いしても、ぜんぜんOKだと思います。

このあたりは、好みの問題もあると思います。

「あのとき利食いしておけばよかった!」

という悔しさと、

「もっとホールドしておけばよかった!」

という悔しさのどちらが大きいかは、正確にも寄るところがあると思います。

僕は後者の悔しさが圧倒的に大きいタイプなので、しっかり利を伸ばす代わりに、今回のような、そこそこの利益が微益に終わるというのは受け入れています。

よっつめ

f:id:igasa-fx:20200108005203p:plain

ようやく、しっかりとした利益が出たのがこのトレード。

ISSでユーロドルをショートから。

エントリー直後から下げてくれて、ストレスのない展開でした。

利食いサインが出るまでに極端に戻すこともなく、9.2pipsで利食いとなりました。

いつつめ

f:id:igasa-fx:20200108005305p:plain

ここまでISSばかり活躍していましたが、1to10の見せ場がやってまいりました!

1to10の追記部分のエントリールールで、ポンド円をショートから。

それほど時間をかけず、30pips弱、利益を取ることが出来ました!

 

〇1分足レベルで勢いがあるときはISS

〇1分足の勢いが弱まってきたら1to10

〇利益が伸びてきたら1to10のメソッドで伸ばす

 

このように使い分けることで、相場がどの状況であっても、エントリーすることが出来ると考えています。

 

結果

1/7(火)

5戦4勝1敗

+37.5pips

 

〇1月トータル

+80.3pips

あとがき

「勝つ日は大きく勝って、負ける日は小さく負ける」

という、お手本のような展開が続いています。

1月はここまで、理想的な推移ですね。

 

せっかくいい調子で来ているので、変な落とし穴にはまらないよう気を付けながら、ルール通り頑張っていきたいと思います!

 

 

それでは、本日はこのあたりで!

ではでは~!