自転車とFXで日本一周

自転車で日本一周をします。旅の資金はFXで稼ぎます。日々、旅の景色と、トレード記録を記事にしています。

自転車とFXで日本一周

【トレード198日目】1/13(月)ドル円は数円単位のトレンドを作る可能性も?

どうも、衣笠です!

1月13日(月)のトレード内容についてです。

 まえがき

1/13(月)は、全体としてリスクオンムードが漂う一日になりましたね。

そんな中、SNSでは、

「今日はキツイ」

「やられた」

という声が多かったような印象です。

特にドル円のショートを持っている人は、110.000をめぐる攻防に心をすり減らす展開が続いていますね。

スパンモデルを使っている立場からすると、1時間足が、

・遅行スパン陽転(買い示唆)

・雲が青色(買い示唆)

という現在の状況だと、ドル円のショートは非常に持ちにくいと感じます。

尤も、トレードは色々なやり方があるので、

「今はドル円のショートを持つのがダメ」

ということは絶対にないですけども。スパンモデル的には、ナシという感じです。

 

また、ポンド円は

ポンド安が進行→下げる

円安が進行→上がる

というように、上がったり、下がったりを繰り返す向きもありました。

このあたりも、

「やられた」

となりやすい1日だったように感じます。

 

さてそれでは、そんな中、どんなトレードになったのか?

さっそく、見ていきましょう!

トレード結果

※初めての方は、下記の注意書きをご覧ください。

「知ってるよ!」

という方は、飛ばしてくださって結構です。

 

~注意書きここから~

衣笠は「ISS」と「1to10」という独自の手法でトレードをしています。

どちらの手法でトレードしたかは、画像に記入しています。

それぞれの手法については、下記の記事をご覧ください。

(ISS)

www.sasamifx.com

(1to10)

www.sasamifx.com

 

手法のネタバレを防ぐため、ブログに載せる画像ではインジケーターを消しています。

チャートに2つの矢印を入れています。

左にあるのがエントリー(↓はショート、↑はロング)。

右にあるのがイグジットです。

それぞれの時刻も明記しています。

 

実際に「ISS」や「1to10」を使ってくださっている方で、

「この時刻にエントリーは、ルールと違うのでは?」

「なぜこのタイミングでエントリーしたのか?」

など気になる点があれば、お気軽にご質問ください。

手法のネタバレを防ぎたいので、ブログのコメント欄ではなく、メールでのご質問をお願いいたします(igasa.fx@gmail.com)。

原則24時間以内の回答を心がけています。万が一、48時間経過しても回答が無い場合は、メールの見落としの可能性がありますので、お手数ですが、もう一度ご連絡いただけますと幸いです。

 

2020年の衣笠のテーマは、

「ISS、1to10を買ってくださった方々と一緒に勝つ1年にする!」

です。ブログでトレード内容を報告するのもそのためなので、ぜひ、ご参考にしていただければ幸いです。

 

~注意書きここまで~ 

ひとつめ

f:id:igasa-fx:20200114094140p:plain

東京時間は、日本が祝日ということもあり、目立った動きはありませんでしたね。

というわけで、トレードは夜から開始。

 

1回目のトレードはポンド円のショートから。

1to10の追記部分を使い、深めの戻りからショートを入れました。

5分足レベルの利食い目標付近で、全ポジション利食い

 

もちろん、半分だけ利食いして、残りはしっかり伸ばすという判断もアリです。それが1to10本来の姿でもあります。

ただ昨日は、

・ポンド安

・円安

どちらも進行していたため、「ポンド円が大きく崩れる」という展開にはなかなかならないと判断して利食いしました。

もちろん、昨日の相場から、大きな下降トレンドになる場合もあります。なのでこのあたりの利食い判断は、好みの部分も大きいと考えています。

ふたつめ

f:id:igasa-fx:20200114095500p:plain

続いて、ポンド円のショートを、今度はISSで。

これも無事下げてくれて、利食いとなりました。

一見すると、

①1to10で戻りを売って、

利食い後に、もう一段の下げをISSで取った

という上手なトレードに見えますが……

ということは、①のポジションを利食いせず、そのまま持っていれば、さらに利益を伸ばせたという証明でもあります。

この一事を見ても、ひとつめのトレードで利食いを急いだことが、プラスばかりではないことが良く分かりますね。

尤も今回は、その分をISSでフォローしたので、自分的には問題なし、という感じです。

みっつめ

f:id:igasa-fx:20200114100212p:plain

もう一度ISSでポンド円のショートをしましたが、今度はあえなく損切りでした汗

改めて見直したところ、チャートの形がかなり崩れており、ISSを実践するには微妙な形だったので……負けるべくして負けた、という印象です。

こういう、前のめりなトレードをなくしていかないといけませんね。

 

このあとはポンドの買い戻しが止まらず、チャートの形も大きく崩れたためノートレで終了となりました。

 

結果

1/13(月)

3戦2勝1敗

+21.9pips

 

〇1月トータル

+151.7pips

あとがき

 

書き忘れていましたが、1/10(金)はノートレで終了のため損益に変動ありませんでした。

 

さて、記事を書いている14日の朝10時現在、ドル円が110.200まで付けています。

このまま上昇トレンドを形成するのか、109円まで戻ってしまうのか注目ですね!

個人的には……2019年が非常に狭いレンジ幅だったこともあり、その分、ドル円は大きなトレンドを形成してもおかしくないと思っています。

そのスタートが今回なのかはまだ分かりませんが、

「数円単位の上昇トレンドの始まりかもしれない」

という可能性を脳裏の片隅に置いておくことで、安易な逆張りや、逆張りで捕まったポジションへのナンピンは避けられそうですね。

 

それでは、本日はこのあたりで!

ではでは~!