自転車とFXで日本一周

自転車で日本一周をします。旅の資金はFXで稼ぎます。日々、旅の景色と、トレード記録を記事にしています。

自転車とFXで日本一周

【トレード記録20日目+来週の展望】トランプ砲2号 +4.0

どうも、衣笠です。

7月20日(金)のトレード結果と、来週の展望について書いていきたいと思います。

 

まず金曜日の振り返りですが、東京からロンドン中盤までは、方向感のない時間が延々と続きましたね。

こういった値動きの時に、トレンドフォローで入ろうとすると失敗しがちだと考えているので、衣笠的にはトレードを見送る時間が長く続きました。

こういう、値幅のあるレンジの時に稼げるように、スキャルも習得しておきたいところです。

 

さて、レンジが続いた要因ですが、どうやら、トランプ氏の発言に対する警戒感が強かったようですね。

前日に言及した内容について、撤回する発言があるのではないかと市場では噂になっていたようです。

撤回されれば、当然ドルは買い戻されるので強気にショートはしづらいですよね。

また、112.000付近の安値圏では、バーゲンハント的な買いも入っていたため、大きく下げるには至らなかったようです。

 

とはいえ、テクニカル的には前日の安値も下抜けてきて、いよいよドル円の下落が始まってもおかしくない、というタイミングでトランプ氏による発言がありましたね。

まさかの、発言撤回ではなく追い討ちをかける内容だったこともあり、ドル円は大きく下げることになりました。

 

ドル全面安の展開のため、ユーロドル、ポンドドルは上昇。

ユーロ円、ポンド円は、ユーロ高・ポンド高と円高に挟まれて、ほぼ横ばいが続きましたね。

 

それでは、そんな中でのトレード結果です。

トレード結果

トレード①

f:id:igasa-fx:20180721093550p:image

ここでロングを入れました。

これは、今振り返ってみると、典型的な失敗トレードでしたね汗

スーパーボリンジャーの開き方を見ると、トレンド発生とは全く言い難い状況です。

そんな中、普段と同じようにトレンドフォローで取ろうとしたのが失敗でした。

あっさり損切りラインにかかってしまい、マイナス3.0くらい。

トレードに関する有名な格言で、

『トレーダーのもっとも偉大な仕事は待つことである』

というものがあります。

今回のトレードは、自分が得意な状況になるまで待てなかったバチが当たったと思い、次のトレードに活かしていきたいところです。

 

トレード②

f:id:igasa-fx:20180721103434p:image

ここでショート入れました。トランプ氏の発言前ですね。

指値と逆指値だけ入れてお風呂行っていたら、その間にトランプ氏の発言があり、指値に引っかかっていました。

プラス5.0くらい。

 

トレード③

f:id:igasa-fx:20180721104020p:image

ここでロングを入れました。

スクショ撮っている間にすでに上昇してますが、約定価格はもう少し下です。

無事に伸びてくれて、スーパーボリンジャーのプラス2σにタッチしたところで半分を利食い

残りの半分が伸びるのに期待しましたが、残念ながら建値でカットになりました。

プラス2.0くらい。

 

トレードは以上でした。

3戦2勝1敗

損益 +4000円

7月損益 +96700円

 

来週の展望について

まず、こちらがドル円の4時間足のチャートです。

f:id:igasa-fx:20180721104956p:image

遅行スパンは明確に陰転していて、雲も下抜けてしまっていますね。

完全に、下降トレンドに移りつつありますね。

ここからの動きは、スパンモデルの流れに沿って考えると、まずは雲の陰転が起こりますね。

その後、いったんは転換の動きが起こる可能性があるので、週明け、まずはドル円の買い戻しに注意を払いたいところです。

ドル円の日足にも注目してみましょう。

f:id:igasa-fx:20180721105319p:image

日足単位では、遅行スパンは明確に陽転していますね。

こうなると、木曜日と金曜日の下落は、トレンドの転換ではなく、大きな押し目にも見えます。

注目したいのは、日足のローソク足が、スパンモデルの雲に潜り込んでいる点です。

そして直下に移動平均線があることを考えると、今の価格帯で丁度下げ止まる可能性が考えられます。

 

つまり、

4時間足→転換の動きのため、いったん上昇が考えられる

日足→ローソク足の位置的に下げ止まる可能性が考えられる

という状況が揃っているので、週明けは、まずはドル円の上昇に注目したいと思います。

 

イメージは、

月曜日に日足レベルで小さな陽線が出現して、

火曜日に前日高値を更新する陽線で引けると、ドル円は上昇トレンド回帰。

 

逆に、

月曜日に小さな陽線が出現して、

火曜日に前日安値を更新して陰線で終わってしまうと、4時間足レベルで加速の動きが起こりそうなので、下降トレンドが本格化するかもしれません。

 

いずれにしても、月曜日は買い戻されて、火曜日の動向を受けて、水曜日からトレンドが本格化、というシナリオを本線として考えています。

あくまで衣笠の個人的な見方なので、参考程度に見てもらえると嬉しいです。

 

それでは、本日はこのあたりで!

今週良かった人も、良くなかった人も、来週に大きく利益を出せるよう、土日で準備していきましょう!

 

ではでは〜!

 

P.S.

スパンモデルについては、下記の記事で解説しています。

まだ読んでないよって人は、合わせて読んでもらえると、来週の展望がより腑に落ちると思います!

ダマシに遭わない!高勝率のブレイクアウト狙いができる、スパンモデルの使い方! - 自転車とFXで日本一周