自転車とFXで日本一周

自転車で日本一周をします。旅の資金はFXで稼ぎます。日々、旅の景色と、トレード記録を記事にしています。

自転車とFXで日本一周

【トレード202日目】1/17(金)時間:成果の効率に注目する今日この頃

どうも、衣笠です!

1月17日(金)のトレード内容についてです。

 まえがき

1/17(金)は、ポンド売りに注目が集まる一日となりました。

ブレグジットに関する不透明感に加え、弱い経済指標が嫌気され、売りが持ち込まれたようですね。

 

僕もポンド売りでついていきたかったのですが、上位足の形が微妙。

(1時間足にスパンモデルを表示してもらうと、言わんとすることがわかると思います)

そのため、ポンド売りは不採用とし、チャートの形がよかったユーロドルのショートを中心にトレードをしていきました。

 

果たして、トレード結果やいかに?

さっそく、見ていきましょう!

 

トレード結果

※初めての方は、下記の注意書きをご覧ください。

「知ってるよ!」

という方は、飛ばしてくださって結構です。

 

~注意書きここから~

衣笠は「ISS」と「1to10」という独自の手法でトレードをしています。

どちらの手法でトレードしたかは、画像に記入しています。

それぞれの手法については、下記の記事をご覧ください。

(ISS)

www.sasamifx.com

(1to10)

www.sasamifx.com

 

手法のネタバレを防ぐため、ブログに載せる画像ではインジケーターを消しています。

チャートに2つの矢印を入れています。

左にあるのがエントリー(↓はショート、↑はロング)。

右にあるのがイグジットです。

それぞれの時刻も明記しています。

 

実際に「ISS」や「1to10」を使ってくださっている方で、

「この時刻にエントリーは、ルールと違うのでは?」

「なぜこのタイミングでエントリーしたのか?」

など気になる点があれば、お気軽にご質問ください。

手法のネタバレを防ぎたいので、ブログのコメント欄ではなく、メールでのご質問をお願いいたします(igasa.fx@gmail.com)。

原則24時間以内の回答を心がけています。万が一、48時間経過しても回答が無い場合は、メールの見落としの可能性がありますので、お手数ですが、もう一度ご連絡いただけますと幸いです。

 

2020年の衣笠のテーマは、

「ISS、1to10を買ってくださった方々と一緒に勝つ1年にする!」

です。ブログでトレード内容を報告するのもそのためなので、ぜひ、ご参考にしていただければ幸いです。

 

~注意書きここまで~ 

ひとつめ

f:id:igasa-fx:20200120093310p:plain

東京時間は、クロス円の買いがいい形だったのでポンド円のロングから入りました。

(ポンド売りが始まったのは欧州から)

1to10の追記部分を使ってエントリーしましたが、エントリー後にグングン下押しされたときには焦りました汗

 幸いにもすぐ帰ってきてくれて、+6.3pipsで利食い

利食い目標には到達しませんでしたが、

①含み損を抱えた後のポジション

②東京株式市場の前場が終わる時間(値動きが鈍る)

という点を考慮して利食いとしました。

東京時間のトレードはこれ一つで終了です。

ふたつめ

f:id:igasa-fx:20200120093851p:plain

前述の通り、ここからはユーロドルのショートを狙っていました。

まずは20時前にいい形になったので、ISSでエントリー。

綺麗に伸びてくれて、+6.5pipsで利食い

ここまでは順調だったのですが……

みっつめ

f:id:igasa-fx:20200120094048p:plain

しばらくユーロドルの買い戻しが続き、再び良い形になったのは21:45。

ISSでショートエントリーしましたが、これはあっさりと損切りになりました。

-2.1pips。

よっつめ

f:id:igasa-fx:20200120094233p:plain

続いてのトレードは利食いになりましたが、値幅が取れず。

先ほどの損切り分を取り返す形になりました。

直下には1.11000をいう節目も控えており、やや底堅さを感じる展開になってきました。

いつつめ

f:id:igasa-fx:20200120094433p:plain

その後もISSを使い、ユーロドルのショートを仕掛けます。

このトレードでは、1.11000を割ってくる場面があり、

「SLを巻き込めば、大きめの下落があるかもしれない!」

と期待したのですが、結果はチャートを見ての通りですね。

1.11000を割ったあたりにはむしろ買いオーダーがたまっており、すぐに買い戻されてしまいました。

利益も伸びず、+1.7pips。

むっつめ

f:id:igasa-fx:20200120094822p:plain

もう一度ユーロドルのショート。

やはり、いったんは1.11000を割るものの、すぐに買い戻される展開。

今度は損切りになり、-2.6pips。

 

さすがに気疲れしてしまい、ちょっと休憩を挟むため軽く横になったのですが……

気づけば、翌日の昼まで、泥のように眠っていました汗

結果的にはこの30分ほど後に1.11000を本格的に割ってきたので、粘っていれば……と悔やみますが……

こればっかりは仕方ないですね。チャートと僕のめぐりあわせが悪かった、というところでしょう。

 

そんなこんなで、最初の2連勝で大きく勝てたものの、その後4回のトレードでは損益ほぼ変わらずという、なんとも気疲れする1日となりました。

結果

1/17(金)

6戦4勝2敗

+12.1pips

 

〇1月トータル

+189.9pips

あとがき

先日、「勝ち逃げ」の効用についてブログを更新しました。

www.sasamifx.com

この記事にも書きましたが、今週から、

「1日の利益が10pipsを超えたら、その日はトレード終了」

というルールを追加してやっていきたいと思っています。

 

そう思うきっかけが、実は、1/16(金)のトレードだったんですよね。

最初の2勝で利益としては十分。

そのあとは4戦して、損益ほぼ変わらず。

既に勝っているところから、さらに時間と労力を使うのは割に合わないと感じての判断です。

 

ただ記事にも書きましたが、「勝ち逃げ=得」というわけでもないです。

勝ち逃げをする=機会損失をしていると同義なので、期待値の高い手法でトレードしている以上、純粋に、期待値を捨てる行為ですからね。

なので、「やっぱり微妙だな」と思えば、このルールは撤廃します。

よりストレスなく、より安定的に勝つために、日々のブラッシュアップは欠かせませんね。

 

 

それでは、本日はこのあたりで!

ではでは~!