自転車とFXで日本一周

自転車で日本一周をします。旅の資金はFXで稼ぎます。日々、旅の景色と、トレード記録を記事にしています。

自転車とFXで日本一周

【トレード206日目】1/24(金)ISSの悪いところが全面的に出た一日

どうも、衣笠です!

1月24日(金)のトレード内容についてです。

 まえがき

1/24(金)、全体として値動きがありましたが、まず注目を浴びたのはポンドでしょうか。

欧州時間の指標を受け、ポンドドル・ポンド円は強含みで反応。日通し高値を更新する展開となりました。

しかしながら、その直後は売りに押され、一転して日通し安値を更新する展開。

「暴れ馬」の異名を持つ、ポンドらしい動きだったといえるかもしれません。

 

またロンドンフィキシングにかけては、全体としてリスクオフの動きが見られましたね。

市場のセンチメントがリスクオフに傾いた要因は、やはりコロナウィルスが挙げられそうです。

感染規模・死亡率に関する情報が錯綜する中、各国で感染者が確認されていることや、死亡者数が増えていることを受け、リスクオフムードが広がっています。

 

今後、コロナウィルスの感染規模がどうなっていくのかは分かりませんが……市場の関心が集まっている事だけは確かです。引き続き、目が離せない話題となっていますね。

(相場関係なく、目が離せない話題ではありますが……シンプルに、明日は我が身という意味で怖いですね汗)

 

さて、そんな中、果たしてどんなトレードになったのか?

さっそく、見ていきましょう!

 

トレード結果

※初めての方は、下記の注意書きをご覧ください。

「知ってるよ!」

という方は、飛ばしてくださって結構です。

 

~注意書きここから~

衣笠は「ISS」と「1to10」という独自の手法でトレードをしています。

どちらの手法でトレードしたかは、画像に記入しています。

それぞれの手法については、下記の記事をご覧ください。

(ISS)

www.sasamifx.com

(1to10)

www.sasamifx.com

 

手法のネタバレを防ぐため、ブログに載せる画像ではインジケーターを消しています。

チャートに2つの矢印を入れています。

左にあるのがエントリー(↓はショート、↑はロング)。

右にあるのがイグジットです。

それぞれの時刻も明記しています。

 

実際に「ISS」や「1to10」を使ってくださっている方で、

「この時刻にエントリーは、ルールと違うのでは?」

「なぜこのタイミングでエントリーしたのか?」

など気になる点があれば、お気軽にご質問ください。

手法のネタバレを防ぎたいので、ブログのコメント欄ではなく、メールでのご質問をお願いいたします(igasa.fx@gmail.com)。

原則24時間以内の回答を心がけています。万が一、48時間経過しても回答が無い場合は、メールの見落としの可能性がありますので、お手数ですが、もう一度ご連絡いただけますと幸いです。

 

2020年の衣笠のテーマは、

「ISS、1to10を買ってくださった方々と一緒に勝つ1年にする!」

です。ブログでトレード内容を報告するのもそのためなので、ぜひ、ご参考にしていただければ幸いです。

 

~注意書きここまで~ 

ひとつめ

f:id:igasa-fx:20200127101733p:plain

まずは東京時間から。

クロス円の中でも、一番形が良かったユーロ円のショートに照準を合わせてトレード。

ISSでショートから入るも、残念ながら損切り終了。

ISSの悲しいパターンなんですが、

エントリー→利益が伸びる→利食い条件が揃うのを待っている間に含み益が消える

という残念な展開。

これが続くとめげるんですよね汗

ふたつめ

f:id:igasa-fx:20200127102052p:plain

またしても損切り

今度はエントリー直後から反発してしまい、一度も含み益になることなく損切りでした。これはこれでめげる。

ISSの悪いパターンが、立て続けに出ている形ですね汗

みっつめ

f:id:igasa-fx:20200127102637p:plain

三度目の正直で、ユーロ円をISSでショートするも、微益で終了。

これも、いったんは利益が伸びるものの、利食いするころには建値付近まで戻ってきているという、ISSの残念パターンの典型でした。

 

東京時間はこのトレードで終了しましたが、目論見通り、ユーロ円は下げ続ける展開でした。

下げ相場でショートに絞ってトレードしているのに、結果はマイナス終了という……

細かく損切り利食いをせず、ショートをひたすらホールドしていれば簡単に稼げる相場だったんですけどね。ここがISSの弱いところですね。

よっつめ

f:id:igasa-fx:20200127103039p:plain

ここからは夜のトレード。

まずはポンド円をショートから入り、+2.9pips。

これも、含み益が10pipsを超えたあたりで、

「一回、利食いしておくのアリだなぁ」

と頭をよぎったんですが……

大きく下落するイメージが強くて、早期利食いはせず、ISSの利食いサインを待つことに。

結果的に、その間に建値付近まで戻ってきてしまい、微益撤退となりました。

 

そして、ここからが辛かった!

基本的にポンド円のショートをを狙い続けていたんですが、待てども待てども、エントリーできる形にならず。

20時から始めた監視も、気づけば23時。

値動きも閑散としてくる中、一つの選択を迫られました。

A.トレードを終了する

B.ロンドンフィキシングまで粘る

これ、すごく悩みました。値動きが閑散としてきたとはいえ、ポンド円が大きく下落するイメージは常に持っていたので、粘る価値もあるなぁと思っていたわけです。

こんなツイートもしてたくらいなので。

悩みに悩んだ末、23時半ごろに、トレードを終了する決意をしてチャートを閉じました。

終了すると決めた背景には、週末で無理したくないという気持ちと、ここまでの3回のトレード内容が悪かったことが挙げられます。一言で言えば、ちょっと弱気になってたんですよね汗

 

ところがですよ。

トレード終了して、お酒を飲み始めたわけです。

ふとツイッターを見ると、なにやらタイムラインが賑やか。

「まさか……?」

と思いチャートを開くと、案の定、ポンド円が爆下げしてるではありませんか汗

「この下げを取りたかったのよ……」

と思っても、後の祭りです。

トレード終了すると決めた後だし、なにより、お酒が入っています。この状態からトレードを再開するわけにもいかず……

 

あと少し粘っていれば……と、悔やみつつ、1週間のトレードに終止符を打ったのでした。南無。

 

結果

1/24(金)

4戦2勝2敗

+0.6pips

 

〇1月トータル

+240.8pips

あとがき

なんとも、煮え切らない感じの週末となりました汗

結果で言えばほぼプラマイゼロ。1週間の利益で考えれば十分稼げているので、悪い結果ではないんですけどね。

それでも、気持ち的には負けと感じてしまうのは、人のサガといったところでしょうか汗

 

さて、本日より、1月最終週が始まりますね。

前述の通り、市場の関心はコロナウィルスに集まっているようです。

といっても、今週は重要指標が立て続けにありますからね。方向感を決めつけてかかるのも危険だと思っています。

最終週に大けがだけはしないよう、無理せず頑張りたいところですね。

 

それでは、本日はこのあたりで!

ではでは~!