自転車とFXで日本一周

自転車で日本一周をします。旅の資金はFXで稼ぎます。日々、旅の景色と、トレード記録を記事にしています。

自転車とFXで日本一周

【トレード210日目】1/30(木)ポンド買い・そしてリスクオン

どうも、衣笠です!

1月30日(木)のトレード内容についてです。

 まえがき

1/30(木)、まず関心が集まったのはイギリスポンドでしょう。

政策金利発表を受け、市場はポンド買いで反応しましたね。

政策金利そのものは、事前の予想通り据え置き。

ただし、「利下げ派の増加」が予想されていた中で、「据え置き:利下げ」の人数が前回と同様だったことが好感されたようです。

ポンドといえば、いよいよ、イギリスがEU脱退という歴史的瞬間を迎えますね。

脱退後も諸問題を抱えることになるイギリスとEUですが、それでも、まずは脱退の大仕事を成し遂げたジョンソン首相にはねぎらいの言葉を献上したいところですね。

 

ところが世間の話題は、イギリスよりもコロナで持ち切りですね。

ダイレクトに自分たちの生活に関わるので、当然と言えば当然ですが。

 

コロナについては今朝方、WHOから「緊急事態宣言」がなされましたね。

緊急事態宣言→各国が本腰を入れて対応するだろう→事態は収束に向かうだろう

というロジックで、相場はリスクオンらしいです。

このあたりの、ファンダにまつわる相場心理は、正直よくわかりません汗

 

 

さて、そんな中、果たしてどんなトレードになったのか?

さっそく、見ていきましょう!

トレード結果

※初めての方は、下記の注意書きをご覧ください。

「知ってるよ!」

という方は、飛ばしてくださって結構です。

 

~注意書きここから~

衣笠は「ISS」と「1to10」という独自の手法でトレードをしています。

どちらの手法でトレードしたかは、画像に記入しています。

それぞれの手法については、下記の記事をご覧ください。

(ISS)

www.sasamifx.com

(1to10)

www.sasamifx.com

 

手法のネタバレを防ぐため、ブログに載せる画像ではインジケーターを消しています。

チャートに2つの矢印を入れています。

左にあるのがエントリー(↓はショート、↑はロング)。

右にあるのがイグジットです。

それぞれの時刻も明記しています。

 

実際に「ISS」や「1to10」を使ってくださっている方で、

「この時刻にエントリーは、ルールと違うのでは?」

「なぜこのタイミングでエントリーしたのか?」

など気になる点があれば、お気軽にご質問ください。

手法のネタバレを防ぎたいので、ブログのコメント欄ではなく、メールでのご質問をお願いいたします(igasa.fx@gmail.com)。

原則24時間以内の回答を心がけています。万が一、48時間経過しても回答が無い場合は、メールの見落としの可能性がありますので、お手数ですが、もう一度ご連絡いただけますと幸いです。

 

2020年の衣笠のテーマは、

「ISS、1to10を買ってくださった方々と一緒に勝つ1年にする!」

です。ブログでトレード内容を報告するのもそのためなので、ぜひ、ご参考にしていただければ幸いです。

 

~注意書きここまで~ 

ひとつめ

f:id:igasa-fx:20200131101143p:plain

東京時間はチャートの形が悪く、トレードを見送り。

21時にイギリス政策金利発表のため、その時間からチャート監視を再開しました。

 

21時を迎える前から、ポンドはやや買いで反応。

そして迎えた21時。チャートを見ての通り、凄まじい勢いでポンドが買われていきました。

この初動に乗るのは無理です。昔はよく、こういう動きに飛び乗ってましたけどね。明らかに不利な賭けになります。

 

というわけで初動は見送り。

その後押し目を待って、ISSのルール通りエントリー。

無事に利食い出来て、+11.4pipsで終了でした。

 

ちなみにポンド円ではなくポンドドルを選んだのは、上位足の形と、ドル円の様子を見てです。

ドル円は下落基調だったので、ポンド円もそこに引っ張られて、上昇しにくいかもと考えたんですよね。

結果的にはポンド買いが強すぎたので、どちらでもよかった感もありますが……

とはいえ、こういう小さな判断の積み重ねが勝ち負けに繋がるので、通貨選び一つとっても、根拠は明確にしておきたいですね。

 

1日の利益が10pipsを超えたので、トレードはこの1回のみで勝ち逃げしました。

 

結果

1/30(木)

1戦1勝0敗

+11.4pips

 

〇1月トータル

+291.8pips

あとがき

さて、本日は月末、最終日です。

19時にEU指標、22時半に米国指標、そして月末のロンフィクと、イベント盛りだくさんになっています。

イギリスのEU離脱を目前にしたロンドンフィキシングがどのように動くか、注目ではありますね。

 

何度も書いていますが、月末は「稼ぐ!」よりも「大けがをしない」ことの方が大切だと考えています。

やはり月末、特にロンフィク前後は、荒っぽい動きになることがしばしば。

その動きに巻き込まれて、あれよあれよと負けるのは非常にもったいないです。1か月の利益を飛ばしてしまうようなことがあれば、目も当てられません。

しかも本日は、月末であり、週末です。もし今日大負けすれば、土日を非常に辛い気持ちで過ごすことになります。最悪ですよね。

ということで月末は、基本的には、安全志向が大切だと思っています(僕の場合、常に安全志向ですが…笑)。

 

 

それでは、本日はこのあたりで!

ではでは~!