自転車とFXで日本一周

自転車で日本一周をします。旅の資金はFXで稼ぎます。日々、旅の景色と、トレード記録を記事にしています。

自転車とFXで日本一周

【トレード221日目】2/14(金)3連休を前にドル円は閑散相場

どうも、衣笠です!

2月14日(金)のトレード内容についてです。

 まえがき

2/14(金)は、値動きに乏しい一日となりましたね。

17日(月)は米国休場ということで、3連休を控えた週末。土日にコロナに関する報道が懸念される中、積極的に取引がされる地合いになるわけもなく……

ドル円は「まったく」といっていいほど動意に乏しい展開。

ほかの通貨ペアも、それほど目立った動きはありませんでした。

強いて言えば、ユーロとポンドの綱引きで、多少の値動きがあったくらいでしょうか。

 

さて、そんな中、果たしてどんなトレードになったのか?

さっそく、見ていきましょう!

トレード結果

※初めての方は、下記の注意書きをご覧ください。

「知ってるよ!」

という方は、飛ばしてくださって結構です。

 

~注意書きここから~

衣笠は「ISS」と「1to10」という独自の手法でトレードをしています。

どちらの手法でトレードしたかは、画像に記入しています。

それぞれの手法については、下記の記事をご覧ください。

(ISS)

www.sasamifx.com

(1to10)

www.sasamifx.com

 

手法のネタバレを防ぐため、ブログに載せる画像ではインジケーターを消しています。

チャートに2つの矢印を入れています。

左にあるのがエントリー(↓はショート、↑はロング)。

右にあるのがイグジットです。

それぞれの時刻も明記しています。

 

実際に「ISS」や「1to10」を使ってくださっている方で、

「この時刻にエントリーは、ルールと違うのでは?」

「なぜこのタイミングでエントリーしたのか?」

など気になる点があれば、お気軽にご質問ください。

手法のネタバレを防ぎたいので、ブログのコメント欄ではなく、メールでのご質問をお願いいたします(igasa.fx@gmail.com)。

原則24時間以内の回答を心がけています。万が一、48時間経過しても回答が無い場合は、メールの見落としの可能性がありますので、お手数ですが、もう一度ご連絡いただけますと幸いです。

 

2020年の衣笠のテーマは、

「ISS、1to10を買ってくださった方々と一緒に勝つ1年にする!」

です。ブログでトレード内容を報告するのもそのためなので、ぜひ、ご参考にしていただければ幸いです。

 

~注意書きここまで~ 

ひとつめ

f:id:igasa-fx:20200217094301p:plain

この日は朝から所用で外出しており、東京時間はノートレ。

というわけで、トレードはNY時間から。

1時間足の形を見て、

「ポンド円をロングで狙う」

という方針は決まっていたのですが……

下押しの勢いが強く、ISSは実践不可。

となると1to10の追記部分を狙うのですが、5分足や15分足は形が崩れてしまっており、実践不可。

そこで30分足まで引き上げると、1to10の追記部分を実践可能な形になっていたためロングエントリー。

エントリー直後から利益が乗ってくれて、

「さて、どこまで伸ばすか」

という感じになりました。

せっかく30分足でエントリーしたので、30分足に合わせて利食い目標を設定してもよかったのですが……そうなるとかなりの値幅を抜くことになるので、保有時間もかなり長くなることが予想されました。

・週末に長々とポジション(リスク)を持ちたくない。

・すぐ上に143.000という節目があり、その攻防に巻き込まれるのが嫌だった。

という2点の理由から、143.000付近で利食いとしました。

 

(※1to10購入済みの方へ補足)

今回のトレードでやっていることは、1to10の追記部分と全く同じです。ただ、実践する足を5分足から30分足に伸ばしただけです。

実際にインジケーターを表示していただければ、分かりやすいと思います。

少し応用的な実践にはなっているので、疑問点などありましたら、メールでお気軽にご質問ください(宛先:igasa.fx@gmail.com)。

 

結果

2/14(金)

1戦1勝0敗

+12.2pips

 

〇2月トータル

+132.2pips

あとがき

 

さて、前述の通り、本日17日(月)は米国が休場です。

そのため、場合によっては、値動きが閑散とする可能性も考えられます。

 

ところで皆さん、閑散とした相場で、「一番やっちゃいけないこと」を知っていますか?

 

それは、「細かい損切りを何度もすること」です。

閑散相場では、方向感が出ることがあまりありません。

なので、損切り→ドテンで勝とうとすると、無限ループに陥ります。

1回の損切りが3pips程度としても、5回も負ければ15pipsの損失です。

そして、値動きが無い中で15pipsも取り返すのは非常に大変です。

 

値動きが閑散としているとき、一番賢明な選択は「何もしないこと」です。

 

「今日はトレードを休みにして、趣味や勉強をするぞー!」

 

くらいの気持ちで臨みつつ、万が一、値動きが出るようなら参戦を検討するくらいがいいバランスだと思います。

くれぐれも、閑散相場での細かい負けだけは食らわないように気を付けたいですね。

 

 

それでは、本日はこのあたりで!

ではでは~!