自転車とFXで日本一周

自転車で日本一周をします。旅の資金はFXで稼ぎます。日々、旅の景色と、トレード記録を記事にしています。

自転車とFXで日本一周

【トレード記録23日目】円の全面安も、FOMC控え上値は限定的 +34.5pips

どうも、衣笠です。

7月31日(火)のトレード結果と、8月1日(水)の展望についてです。

 

まずは、31日の全体的な振り返りからです。ドル円のチャートはこんな感じ。

f:id:igasa-fx:20180801105836j:plain

まずポイントは、円がらみの動きでしたね。

13時になっても、日銀から会議内容の発表がなかったことから、

「金融政策の転換があるのでは?」

という思惑が市場に広がりました。

そのため、13時前後にかけて、円の思惑買いが入り、ドル円をはじめ、クロス円通貨は下落することになりました。

 

~補足。思惑で円が買われた理由について~

(「知ってるよ!」って人は読み飛ばしてもらって大丈夫です。)

皆さんご存知の通り、日銀は現在、『超低金利政策』を取っています。

そのため『円』という通貨は、投資先としては魅力がありません。持っていても、金利がつきませんからね。

一方で、『円』は安全資産としての価値が認められています。

今回の「金融政策の転換」というのは、簡単に言えば「金利の上昇」が期待されたということです。

「安全資産の円に、今よりも金利がつくかもしれない」

って言われたら、ちょっと『円』が欲しくなりますよね?

というわけで、投資家を中心に、円が買われたわけです。

 

~補足ここまで~

 

さて、思惑的に円が買われたわけですが。

日銀の発表を見てみると、長期金利の上昇を容認する」ような文言が見受けられました。

そのため、発表直後は円がさらに買われ、クロス円通貨は一時大きく下げる展開になりました(画像の黄色い星のところ)。

しかしよくよく読んでみると、

「低金利政策を粘り強く続けていく」

といういつもの方向性に変化はなかったわけで、

「なんやねん」

というガッカリ感とともに、円は売られ、クロス円通貨は上昇となりました(画像の白い星のところ)。

 

その後は、15時代に黒田総裁の発言があるため、相場は手控えムードになりました。

そして迎えた黒田総裁の発言では、予想通りというか、「金利の上昇」を積極的に行う姿勢は見られませんでした。

この会見終了をもって、円の全面安ムードが相場に漂うこととなりましたね。

というわけで会見終了後からは、ドル円も上昇の一途をたどっています(白い矢印。雑ですいません汗)。

 

その後のロンドン時間、NY時間では、目立った値動きはありませんでしたね。

指標の結果も、とびぬけて強かったり、弱かったりするものはありませんでした。

また、要人発言もなかったことから、新規の材料不足でしたね。

こうなると、翌日にFOMCが控えていますから、ドル円の112円トライなど、積極的な値動きは控えられた形ですね。

112円トライは本日にゆだねて、一日を終えた形です。

本日は、ドル円の112円突破がみられるかどうかに注目ですね!

 

トレード結果

さて、それではそんな中、衣笠のトレード結果についてです。

スキャルピング

49戦38勝11敗

損益:+24.5pips

 

2回におよぶスキャルピングチャレンジの成果か、スキャルでもかなり利益を残せるようになってきました!

これは嬉しい限りです。

ただ、昨日は一か所ひどかった場所があるので、反省も込めてご紹介……笑

f:id:igasa-fx:20180801111118p:plain

これは、ユーロドルの15分足チャートです。

昨日のユーロドルはレンジ相場とみていたので、ひたすら逆張りを中心に攻めていました。

白い矢印の下落に合わせて、逆張りでロング→自動損切り

もう少し落ちたところで逆張りロング→自動損切り

さらに落ちたところで逆張りロング→自動損切り

さすがに底だろと思って逆張りロング→自動損切り

 

僕は思いましたね。

「じ、地獄なり……!」

って。

なんとこの30分弱で、−25pips食らってしまいました。ここのダメージがもう少し軽ければ、トータルの利益ももっと大きかったんですが泣

ちなみに防ぐのは簡単で、2回目の損切りを食らった時点で、下げ止まりと、反転足がしっかり確認できるまでは逆張りを控えるっていうのが普通の選択ですね。

ちょっと熱くなってしまい、反転足の出現を待てなかったのが敗因と言えるでしょう。授業料にしてはちょっと高くつきましたが、今後のトレードに活かしていきます。

デイトレード

ユーロ円とポンド円で1回ずつ入り、2戦2勝でした。

ただ、どっちも半分利確したあと、残り半分は建値決済なので、大きく伸ばすことが出来ず……

lot基準で考えると、損益はわずか+10.0pips程度でした。

指値で建値を入れなければ、結果的にはもっと大きく取れてましたね。

でも、建値を入れておくことで助かっている場面も多いので、まだしばらくはこのスタイルを貫きたいと考えてます。

 

あと、デイトレードのチャートスクショするの忘れてましたので、今日の分からはしっかりスクショして、ブログに乗せられるようにしようと思います。

まとめ

そんなわけで、スキャル、デイ合わせて+34.5pipsでした。

スキャルがかなり利益に貢献してくれたのが嬉しいですね。

スキャルの手法も、以前にも増してシステム的になってきたので、このまま利益が伸びるようならブログで紹介したいと思います。

本日の展望について

本日のドル円は、FOMC発表までは底堅くレンジ推移するのではないでしょうか。サプライズの要人発言などなければ、ですが……

下値は、まず111.750が堅そうですね。

割ったとしても111.600、111.400が控えているので、相当、底堅く推移するのではないでしょうか?

今のところは、111.600を割るイメージさえ持っていないです。

しかしながら上値を更新するには、FOMCまで材料難でもあります。

そのためFOMC発表までは、111.600~111.950でレンジ推移というのが本命の見通しですね。

衣笠は、終日逆張りのスキャルで攻めつつ、万が一トレンドが出るようなら、デイトレードで大きく狙いに行く予定です。

 

それでは、今回はこのあたりで!

FOMCを控えた1日、無理だけはしないように頑張っていきましょう!

月の初日から大きくマイナスしちゃうと、あとが辛いですからね汗

 

ではでは~!