自転車とFXで日本一周

自転車で日本一周をします。旅の資金はFXで稼ぎます。日々、旅の景色と、トレード記録を記事にしています。

自転車とFXで日本一周

【トレード231日目】3/6(金)圧倒的リスクオフ

どうも、衣笠です!

3月6日(金)のトレード内容についてです。

 まえがき 

 3/6(金)はドル安、リスクオフの円買いが同時進行した1日となりました。

107円の後半からスタートしたドル円は、終わってみれば105.000付近まで下落。

一方でユーロドル、ポンドドルは高値更新となり、明らかなドル売り相場となりました。

ところが、ユーロドル、ポンドドルが力強く上昇する中で、ユーロ円やポンド円は弱含み。リスクオフの円買いが進行していることが伺えます。

通貨の強弱でいうと、

円>>ユーロ=ポンド>>米ドル

この構図が今週も継続するのか、それともどこかで巻き戻しがあるのか、注目していきたいところですね!

 

さて、そんな中、果たしてどんなトレードになったのか?

さっそく、見ていきましょう!

トレード結果

※初めての方は、下記の注意書きをご覧ください。

「知ってるよ!」

という方は、飛ばしてくださって結構です。

 

~注意書きここから~

衣笠は「ISS」と「1to10」という独自の手法でトレードをしています。

どちらの手法でトレードしたかは、画像に記入しています。

それぞれの手法については、下記の記事をご覧ください。

(ISS)

www.sasamifx.com

(1to10)

www.sasamifx.com

 

手法のネタバレを防ぐため、ブログに載せる画像ではインジケーターを消しています。

チャートに2つの矢印を入れています。

左にあるのがエントリー(↓はショート、↑はロング)。

右にあるのがイグジットです。

それぞれの時刻も明記しています。

 

実際に「ISS」や「1to10」を使ってくださっている方で、

「この時刻にエントリーは、ルールと違うのでは?」

「なぜこのタイミングでエントリーしたのか?」

など気になる点があれば、お気軽にご質問ください。

手法のネタバレを防ぎたいので、ブログのコメント欄ではなく、メールでのご質問をお願いいたします(igasa.fx@gmail.com)。

原則24時間以内の回答を心がけています。万が一、48時間経過しても回答が無い場合は、メールの見落としの可能性がありますので、お手数ですが、もう一度ご連絡いただけますと幸いです。

 

2020年の衣笠のテーマは、

「ISS、1to10を買ってくださった方々と一緒に勝つ1年にする!」

です。ブログでトレード内容を報告するのもそのためなので、ぜひ、ご参考にしていただければ幸いです。

 

~注意書きここまで~ 

3/5(木)のトレード

この日は、プライベートでトラブルがあり、心ここにあらずといった状態でした汗

一応数回トレードしたのですが、結果は+2.2pipsとほぼチャラ。

とにかく気が動転しており、チャートも撮り忘れる始末でした汗

ひとつめ

f:id:igasa-fx:20200309101141p:plain

そんなトラブルも一応落ち着いた金曜日。

東京時間はドル円のショートをメインで狙っていました。

東京時間オープンの前からじり上げの展開でしたが、戻りを売れる形にはならず。

その後上値が重くなり、下落してきたところでISSのエントリー条件を満たしたのでショート。ちょうど106.000を割るかどうかという水準でしたが、無事に割り込んでくれたのでしっかりと利益を取ることが出来ました。

 

1日の勝ちがほぼ10pipsになったので、この日はトレード終了としました。

ところが、ロンドン時間の後半からNY時間にかけて、冒頭でも書いたようにドル売り・円買いが本格化。ただ見ているだけ、というのもどうかと思ったので、ポジションサイズを通常の10分の1にしてトレードはしていました。

pipsでいえば50pipsほど勝ったので、

「通常のロットサイズでやればよかった……」

という気持ちもありますが……

ただ、通常のロットサイズでやった場合に、同じように勝てていた保証はないですからね。あまり、たらればを考えても仕方ないですし。

なのでこの50pips勝ちは金額がどうこうよりも、自分のトレードの優位性を確認できたという意味で大きかったということにしておきます。

 

結果

3/6(金)

1戦1勝0敗

9.7pips

 

〇3月トータル

-25pips

あとがき

さて、この記事を書いている3/9(月)朝の10時半現在、ドル売り・円買いはいよいよもって本格化しています。

ドル円に至っては1円の窓開けからスタートし、まだまだ下値を模索しているような状況。どこまで下げるのか、どこで下げ止まるのか、全く見当がつかない状況になっています。

これだけ下げると、

「そろそろ買いを仕込んでもいいのではないか?」

という気持ちも湧いてきます。テクニカル的に根拠があるなら、買いを仕込んでいくのも良い位置なのかもしれません。

でも、僕のトレード哲学は、

「暴落したから、そろそろ買い」

ではなくて、

「暴落したから、もっと暴落するだろう。だから売り」

です。

なので今の時点では買いを仕込むなんて全く考えず、ひたすら、売りをメインで考えていきたいと思います。

 

それでは、本日はこのあたりで!

ではでは~!