自転車とFXで日本一周

自転車で日本一周をします。旅の資金はFXで稼ぎます。日々、旅の景色と、トレード記録を記事にしています。

自転車とFXで日本一周

【トレード232日目】3/10(火)もう無理、引退します

どうも、衣笠です!

3月10日(火)のトレード内容についてです。

 まえがき 

 え~、はい。

引退はしません。

ただ、これが会社だったら、

「君、首ね」

そういわれてもおかしくない損失、そして内容の悪さだったのは事実です。

 

まず相場の振り返りから。

3/10(火)、ベースとなるセンチメントは米ドル買いでしょうか。

ダウ急落など米国景気への懸念が続いていたわけですが、トランプ大統領が政策を打ち出すという期待感からダウ先物が堅調推移。伴って、米ドルが買われ、ドル円は東京時間から上昇推移となりました。

ドル買いを受けて、ユーロドル・ポンドドルは軟調推移。

ユーロ円・ポンド円は、ドル円につれる形で堅調推移となりました。

 

とまぁ、振り返ってみれば「なんてことのない相場」で、形成されたチャートの形も、特におかしなものではありませんでした。

しかし、この日の相場には、ある「魔物」が住んでいたのです。

 

その名は、「ボラティリティ」。

非常に高いボラティリティの中、テクニカル的には「なんともない」動きであっても、pipsで見ると「あまりに大きな」動きになるという、最近では経験しない相場になりました。

例えばドル円。1月は、1日を通しての値幅が30~50pipsという日も珍しくありませんでした。

ところが昨日のドル円ときたら、ものの10分程度で50pipsを行き来するのです。なんとも恐ろしい話です。

 

さて、そんな中、果たしてどんなトレードになったのか?

さっそく、見ていきましょう!

トレード結果

※初めての方は、下記の注意書きをご覧ください。

「知ってるよ!」

という方は、飛ばしてくださって結構です。

 

~注意書きここから~

衣笠は「ISS」と「1to10」という独自の手法でトレードをしています。

どちらの手法でトレードしたかは、画像に記入しています。

それぞれの手法については、下記の記事をご覧ください。

(ISS)

www.sasamifx.com

(1to10)

igasa-fx.hatenablog.com


 

手法のネタバレを防ぐため、ブログに載せる画像ではインジケーターを消しています。

チャートに2つの矢印を入れています。

左にあるのがエントリー(↓はショート、↑はロング)。

右にあるのがイグジットです。

それぞれの時刻も明記しています。

 

実際に「ISS」や「1to10」を使ってくださっている方で、

「この時刻にエントリーは、ルールと違うのでは?」

「なぜこのタイミングでエントリーしたのか?」

など気になる点があれば、お気軽にご質問ください。

手法のネタバレを防ぎたいので、ブログのコメント欄ではなく、メールでのご質問をお願いいたします(igasa.fx@gmail.com)。

原則24時間以内の回答を心がけています。万が一、48時間経過しても回答が無い場合は、メールの見落としの可能性がありますので、お手数ですが、もう一度ご連絡いただけますと幸いです。

 

2020年の衣笠のテーマは、

「ISS、1to10を買ってくださった方々と一緒に勝つ1年にする!」

です。ブログでトレード内容を報告するのもそのためなので、ぜひ、ご参考にしていただければ幸いです。

 

~注意書きここまで~ 

3/9(月)のトレード 

f:id:igasa-fx:20200311111217p:plain

まずは月曜日のトレードから。

強烈な下窓からスタートしたドル円の、再下落を狙ってエントリー。

60pipsと大きく取れたわけですが、利食い後にさらに200pips下落するという、非常にやりきれないトレードでした。

ただ、これについてはそれほど気にしてないです。利食いした時点で、

「ここから100pipsほど、上下どちらに動いてもおかしくない」

という思考がありました。そのとき、既に60pipsの含み益を160pipsまで伸ばすのと、-40pipsまで減らすのを天秤にかけた結果、しっかり利食いするという選択をしたので。

 

ただ、この日の夜が良くなかった。

トレードルール上は朝のトレードだけで勝ち逃げをすればいい日なんですが、相場があまりに動くので、つい触りたくなってしまい……

ロットこそ通常の5分の1まで落として触りましたが、そこで100pips近い負けを食らいました。

そんなわけで月曜日は、実質プラス40pipsほどで終了となりました。

この時点で、既に惨劇は幕を開けていたのです……

3/10(火)のトレード

f:id:igasa-fx:20200311111158p:plain

東京時間はいいスタートを切ることが出来ました。

ドル円のショートをするべく、かなり深い位置まで戻りを待ってエントリー。しっかりと利益を伸ばして、+32.3pipsと素晴らしい利益を得ることが出来ました。

 

1日の利益が10pipsを超えたので、トレード終了……としておけばいいのに、この後もトレードを継続。

ルール無視のエントリーをしては、一瞬で20pipsの損切り。ドテンして再び損切り。さらにドテンしてまた損切り

そんなことを延々と繰り返していました。馬鹿な話です。

・ルール無視

・ドテンによる損切りの嵐

これは、絶対にやってはいけません。このブログでも、何度も書いてきました。

それを自らやりまくって損失を負っているので、救いようがありません。

 

結果、この日1日で200pipsの損失を負いました。

「それでも、月曜日と火曜日朝の勝ちと相殺して考えれば100pips負けくらいじゃん」

そう思われた方もいるかもしれません。もしそうであれば、どれほどよかったでしょう。夢ならばどれほどよかったでしょう。

 

恐ろしいことをいいますね。

 

月曜日の勝ちと、火曜日朝の勝ち。

それを引いて、200pips負けです。

 

……つまり??

雑なトレードだけで、300pips負けてます。

 

なにそれ、最悪……やっぱ引退ですね(しません)。

結果

3/10(火)

?戦?勝?敗(見直したくもないけどいっぱい負けた)

-218pips

 

〇3月トータル

-243pips

あとがき

 

ツイッターでも書きましたが、3月はこのあと、

「負けをチャラにするだけ」

の月になりました。

1日10pipsで勝ち逃げするとして、残りの稼働日が15日くらいですから、どう頑張ってもプラスに転じることはなさそうです。

でも、その現実を受け入れるしかありません。

「この負けを取り返さなきゃ!」

なんて思っていたら、月間で1億pipsは負けます。言い過ぎか。でも大敗するのは間違いなさそうです。

 

稼ぐのは4月以降でいい。3月、残りの稼働日を使って、とにかく安定を取り戻します。

それが出来なければ、その時こそ、正真正銘の引退でしょう。 

 

それでは、本日はこのあたりで!

ではでは~!