自転車とFXで日本一周

自転車で日本一周をします。旅の資金はFXで稼ぎます。日々、旅の景色と、トレード記録を記事にしています。

自転車とFXで日本一周

【トレード記録26日目】オデッセイという映画が全部悪い -8,800円

どうも、衣笠です。

本日は8月3日(金)の相場振り返りと、トレード結果についてです。

 

そして、先に謝っておきます。

オデッセイは、なにも悪くありません。

めちゃくちゃ面白かったです。

 

そんなわけで、まずは相場の振り返りから。

f:id:igasa-fx:20180804195603p:plain

ドル円の30分チャートです。

チャート真ん中の05:30~右端までが一日の値動きになります。

 

雇用統計の発表を控え、ドル円は狭い値幅でレンジ推移でした。

ユーロ円、ポンド円もほぼ横ばい推移です。

17時ごろから、ユーロ売りが目立ってきました。

テクニカル的にも下値を試す展開だった中、政局不安に関するニュースや、ユーロ絡みの指標が弱かったのも要因ですね。

ユーロ売りを受けてドル円が上昇する場面もありましたが、上値は重く、すぐにレンジ帯に戻ってきてしまいましたね。

雇用統計を控えて積極的に買いに出る勢力もおらず、ポジション調整の売りに押された感があります。

 

その後もドル円をはじめ、ユーロ円、ポンド円などクロス円通貨はじり安の展開のまま、迎えた雇用統計。

雇用者数は市場の予想より悪かったですが、失業率と平均時給は市場の予想通りでした。

最近の、雇用者数より失業率と平均時給が重要視されている傾向を受けてか、ドル円も色めきだった動きはありませんでしたね。

 

と、見せかけて!

その後、ドル円は続落の一途をたどることになりました。

指標の結果を受けて、というよりも、中国との貿易摩擦に対する懸念が大きいようですね。

ドル円は一時111.080を割り込み、引けにかけては多少戻して、111.250付近で推移しています。

ユーロ円・ポンド円もつられて大きく下げたあげく、ユーロドルも引けにかけては下落しています。

完全なる円高推移で、うまく下目線に合せられた人にとっては、かなり稼げた相場だったのではないでしょうか。

トレード結果

それでは、そんな中で衣笠のトレード結果です。

スキャルピング

34戦17勝17敗

損益:-44.0pips(-8,800円)

 

いやー、ひどいですね汗

あの、金曜ロードショーで『オデッセイ』やってたんですよ。

で、観たことないので夢中で観てまして。

「雇用統計の結果だけ確認しとこ」と思ってスマホでチャート開きまして。

 

「お、おお……なんか下げるやん。逆張りで拾ってみよ」

 

なんて軽い気持ちでロング→損切り

ロング→損切り

「オデッセイ面白いやん」

ロング→損切り

ロング→損切り

「待って、オデッセイは面白いけど、トレードめっちゃ雑になってない??」

ロング→損切り

ロング→損切り

 

「あ、あわわわわわわわわわわ」

 

こんな感じのトレードでした。えぇもう、

 

最悪です。

 

ほんと、これ、何よりもやっちゃダメ。

他ごとしながらトレード、ダメ、絶対。

なんだろう、最近勝ててたから、相場やトレードに対する謙虚さを失っていたのかもしれませんね。

 

トレードやるときは、トレードだけに集中する。

 

再度、身をもって学んだので、来週からは気を付けたいと思います。

デイトレード

夕方まで用事があったこともあり、デイトレードは見送り……と言いたいところなんですが、111.278でロングを抱えてます。

翌日以降にポジション持ち越すのも、いつ以来ぶりなのか思い出せないくらい久しぶりにやりましたね。

これは、スキャルの負けですっかり冷静さを失っていて、とりあえず安値でロングを仕込んだ形です。

ただ、すでに中国とアメリカの貿易摩擦に関するネガティブニュースが出ているようなので、月曜日は朝一損切りから始まるかもしれませんね汗

まとめ

総じて、雑に相場に挑んでしまった一日でした。

いまや、ほぼトレード一本で稼いでいる身なのに、こんなことしていてはダメだと深く反省しています。

相場には謙虚に、真摯に臨む姿勢を再度持ち直し、来週から頑張りたいと思います。

 

8月累計損益:-6200円

 

それでは、本日はこのあたりで!

明日は、来週の相場見通しについて記事にしたいと思っています。もしよければ、読んでもらえたら嬉しいです!

 

ではでは~!