自転車とFXで日本一周

自転車で日本一周をします。旅の資金はFXで稼ぎます。日々、旅の景色と、トレード記録を記事にしています。

自転車とFXで日本一周

【トレード47日目】ドル円は堅調推移。しばらくは上昇基調か -4,000円

どうも、衣笠です。

9/27(木)のトレード結果と、相場の振り返りについてです。

 

まずは相場の振り返りから。

f:id:igasa-fx:20180928134529p:plain

ドル円の15分足チャートです。画面の左端が27日の早朝。

東京時間からロンドン時間にかけては、目立った動きがありませんでした。上値の重さに嫌気がされて、じり安の展開でしたね。トルコリラなど新興国通貨に対するリスクオフもあり、円が買われた動きもあったようです。

 

さて、問題のロンドン時間からNY時間。

ほとんど押し目を作ることなく、じりじりと上昇していきました。

上昇の要因は大きく3点と考えています。

トルコリラなど新興国通貨が堅調推移したこと

→リスクオフで買われていた円が売られたことで、ドル円が上昇

②そもそも日足レベルで上昇トレンドなので、下値が固い

→ロンドン時間冒頭に価格が下がったことで、買い勢力がさらに参入したり、売りポジションを持っていた人の損切りが入ったことで、買い基調がより強まった

③7月高値の113.170を明確に超えた

→直近のレジスタンスを突破したことで、買い勢力はさらに弾みがつき、売り勢力は諦めざるを得なくなった

といったところですね。

新興国通貨のリスクが後退したことや、経済指標の好調さを織り込んで思惑的な買いがあったなどファンダメンタルズ的な説明もありますが、それ以上に、テクニカル的に必然の値動きだったといえます。

特に113.170は、このブログでも注目してきたレジスタンスであり、ここを突破したことは大きかったのではないでしょうか。

113.170が狙い目というのは、下記の展望記事にも書いていましたね。

www.sasamifx.com

今後のドル円ですが、大きなネガティブニュースが無い限り、下値は相当固いと見ています。

まず直近のレジスタンスとして、113.300が固そう。

さらにその下には、113.170がレジサポ転換して機能する可能性大。

112.980も固いはずで、幾重にもサポートが控えている状況です。

よほど、市場のセンチメントを揺るがすような出来事が無い限り、ドル円は上目線で見ていきたいところですね。

トレード結果

それでは、衣笠のトレード結果です。

ユーロドルとポンド円を戻り売りから入りました。

しかし、タイミングが良くなかったのか、どちらもそのまま上昇してしまいすぐ損切りにかかってしまいました。

両方合わせて-8,000円。

ユーロドルはその後、大きな下降トレンドに入っていったので、タイミングが悔やまれますね。

 

デイトレードでのエントリーはこの2つのみでした。

あとは、ドル円の113.170突破に合わせてロングで入り、+4,000円。

スキャルっぽく入りましたが、うまく取れてよかったです。

朝まで保持していればもっと大幅に取れていましたが、エントリールール上、日をまたいでポジションは持たないことにしているので、こればっかりは仕方ないですね汗

トレード結果まとめ

損益:-4,000円

9月損益:+53,000円

 

本日、9月最終日ですね。

ロンドンフィキシングでは、月末のポジション調整が持ち込まれる可能性があります。

突発的な値動きには注意していきましょう!

 

それでは、本日はこのあたりで!

ではでは~!