自転車とFXで日本一周

自転車で日本一周をします。旅の資金はFXで稼ぎます。日々、旅の景色と、トレード記録を記事にしています。

自転車とFXで日本一周

【トレード69日目+ドル円展望】ドル円は方向感のない状態

どうも、衣笠です。

11月23日(金)の相場振り返りとトレード結果についてです。

まずは、相場の振り返りから~。

f:id:igasa-fx:20181126095857p:plain

ドル円の15分足チャートです。

東京時間から上値の重たい展開で、113.000を超えられない格好になりました。

下降基調は東京時間からロンドン時間まで変わらず、安値は112.650付近までつける展開。

NY勢が本格参入してくると、多少買い戻しの動きがあり……112円の後半で週を終える形になりました。

前回記事(【トレード68日目+ドル円展望】ポンドは極めてチョッピーな動き)のドル円戦略が、ピッタリはまる値動きになりましたね。

f:id:igasa-fx:20181126100455p:plain

(画像は前回の記事の戦略部分より抜粋)

ドル円の見通し

さて、本日のドル円の見通しです。

f:id:igasa-fx:20181126101035p:plain

こちらはドル円の日足チャートです。

遅行スパンは陽転で、買いが優勢……ですが。

画像だと分かりづらいですが、スパンモデルの雲の上限と下限がかなり接近しています。

本日も上値が重い展開が続くと、明日の朝には、雲が青色から赤色に変わっている可能性が高いです。

これは、結構由々しき事態で……

遅行スパンは買い優勢を示しているのに、雲は売りサイン点灯というのは、方向感が完全に迷子の状態を意味しており、手の出しようがなくなってしまうんですね。

逆に、雲が赤色になったあと遅行スパンも陰転するようだと……これは、かなり強い売りシグナルになるので、ドル円が下降トレンドに突入する可能性が高くなります。

 

いずれにせよ、本日も上値が重いままだと、ドル円の買い目線を維持するのはかなり厳しい相場ということですね。

 

f:id:igasa-fx:20181126101825p:plain

こちらはドル円の1時間足チャートです。

遅行スパンは辛うじて陽転しており、買いが優勢。

雲は赤色で売りサイン点灯中で、完全に方向感のない状態となっています。

この後は、遅行スパンが陰転するようなら売りから入るべきですし、遅行スパンが陽転のまま、雲が青色になるようなら買いから入るべきということで……

方向感が全く決め打ちできず、動いた方向についていく、程度の戦略しか立てようがない状況ですね。

 

〇具体的な戦略

というわけで本日のドル円は、正直、手の出しようがない感じです。

1時間足レベルで、

遅行スパン陽転、かつ雲が青色になれば買いでついていく

遅行スパン陰転、かつ雲が赤色のままなら売りでついていく

というのは可能ですが、日足レベルで考えても、現在のドル円相場に魅力がなさ過ぎて……

 

無理してドル円でエントリーチャンスを探すよりは、ユーロドルなど、方向感がハッキリしている通貨ペアでエントリーをした方が無難です。

トレード結果

11月23日は、所用で外出しており……

NY時間はトレードできるかと思っていましたが、思ったより用事が長引いたため、終日ノートレードでした。

まとめ

損益:0円

11月損益:+109,000円

 

今週は週の半ばから週末にかけて、重要イベントが多く予定されています。

そのため、月曜日から火曜日は、様子見ムードが続く可能性もあります。

個人的には重要イベントを消化したあと、ドル円に方向感が出るかどうかに注目しています。

方向感の出ていない相場は、本当に触りづらいですからね汗

 

それでは、本日はこのあたりで!

ではでは~!

☆おすすめの手法記事☆

www.sasamifx.com

www.sasamifx.com