自転車とFXで日本一周

自転車で日本一周をします。旅の資金はFXで稼ぎます。日々、旅の景色と、トレード記録を記事にしています。

自転車とFXで日本一周

【トレード82日目+12/17ドル円展望】ドル円はFOMC控え、動意の薄い展開か

どうも、衣笠です。

12月14日(金)の相場振り返りとトレード結果についてです。

まずは、相場の振り返りから~。

f:id:igasa-fx:20181217100403p:plain

ドル円の15分足チャートです。

12月14日の東京時間は、やや軟調地合いからスタートでした。

113.450付近で底堅く、下値は支えられていたものの、上値も極めて限定的。もみ合いの相場が続きました。

ロンドン時間でやや上値を回復しましたが、指標の弱さを受け下げ足を速める展開となりました。

ドル円は相変わらず、方向感が迷子の状態が続いていますね。

 

そんなドル円の見通しを考えていきたいと思います。

ドル円の見通し

f:id:igasa-fx:20181217105559p:plain

ドル円の日足チャートです。

遅行スパンは陰転しており売りが優勢。

雲は青色で買いサイン点灯中です。

先日の記事からずっとお伝えしている通り、ドル円は方向感が迷子の状態が続いていますね。

近日中に113.700を上抜けして、113.700~114.000を維持できるようになると、買い目線が強まるわけですが……

今週はFOMCが控えており、しかもいつにも増して注目が集まっている中ですから、FOMCを受けての相場の反応を見守る必要がありそうです。

f:id:igasa-fx:20181217105642p:plain

こちらは1時間足チャートです。

遅行スパンは陰転しており売りが優勢。

雲も赤色で売りサイン点灯中です。

1時間足レベルでは、売りが優勢な状況になっていますね。

日足と比べて考えると、このまま強い下降トレンドに移行するイメージはあまりないので……

割と浅いところで押し目を作り、上昇基調に移行しそうではあります。

もっとも、上値は上値で重たいことが容易に予想されるわけで……

戦略も、非常に立てづらい状況になっていますね。

ドル円の戦略

FOMCまでは様子見を徹底する、という戦略を主軸に置きたいわけですが……

あえて、本日17日(月)にトレードをするのなら、レンジ推移を想定した逆張りがメインになりそうです。

トレンド方向についていくのではなく、高値で売って、安値で買うという戦略ですね。

☆売り水準☆

・113.500

・113.700

113.700を上に抜けてしまう場合は、売り目線はいったん手じまいです。

☆買い水準☆

・113.350

・113.150

万が一、113.150を下に抜けてしまった場合は、買い目線はいったん手じまいです。

トレード結果

さて、12月14日(金)の、ISS(衣笠式スキャルピング手法)の結果です。

f:id:igasa-fx:20181217110015p:plain

+17.7pipsでした。

損小利大が徹底できており、ISSの理想的なパターンがはまった1日でした。

これでもう少しだけ、1回のトレードで取れる幅が大きければ言うことなしなのですが……こればっかりは相場次第なので、仕方がないところです。

f:id:igasa-fx:20181217110145p:plain

累計の結果がこちらです。

ISSの詳細については、下記の記事をご覧ください。

www.sasamifx.com

まとめ

損益:+12,000円

12月損益:+179,000円

 

以上、12/17(月)の見通しとトレード戦略でした。

先述したように、FOMCが控えている中、動意が薄くなる展開がかなり予想されます。

ただでさえ方向感が出ていないドル円ですから、トレンドへの過度な期待は禁物。

FOMCまではノートレードでもいいや、くらいのフラットな気持ちで、相場を監視したいところです。

 

それでは、本日はこのあたりで!

ではでは~!

☆おすすめの手法記事☆

www.sasamifx.com

www.sasamifx.com