自転車とFXで日本一周

自転車で日本一周をします。旅の資金はFXで稼ぎます。日々、旅の景色と、トレード記録を記事にしています。

自転車とFXで日本一周

あなたの願望を実現する具体的な方法!「思い込みの力」を科学的に説明します!【引き寄せの法則、アファメーション】

どうも、衣笠です!

今回は、こんなテーマでお届けます!

 

オカルトじゃない!
「思い込み」によって、あなたの望みは実現する!

 

というわけで、今回のテーマは「思い込みの力」です。

アファメーションという言葉に置き換えてもいいかもしれません。

引き寄せの法則、と呼ばれることもあります。

 

いきなり、記事の結論を書きたいと思います。

 

「〇〇になる!」

と決意したら、人生は必ず、その通りに進みます。

例えば、

「お金持ちになる!」

「人気者になる!」

「社長になる!」

と思えば、その通りになるということです。

それが、「思い込みの力」です。

 

そして気を付けたいのは、ネガティブな思い込みも、全くその通りになるということです。

「私は貧乏だ」

と思えば、貧乏なままです。

「どうせうまくいかない」

と思えば、うまくいかないままです。

「私は不幸だ!」

と思えば、不幸なままです。

 

今回の記事では、この絶大な力を持つ「思い込みの力」についてお話をします。

「なんか胡散臭い」

「オカルト?スピリチュアル?」

と思った方、安心してください。

これはいたって真面目な、脳科学の話です。

 

人間の脳の仕組み上、「思ったことは実現する」のです。

ぜひ思い込みの力を活用して、人生を、自分の望む方へとコントロールしていきましょう!

 

それでは、さっそく見ていきましょう!

「思い込み」の効果について

まず、思い込みの効果について、理解を深めることが大切です。

 

私たちの身の回りには、たくさんの情報が溢れています。

視覚、聴覚、触覚etc……

そして、情報の媒体も溢れています。

テレビ、SNS、書籍etc……

 

私たちの脳は、飛び込んでくるすべての情報を受け入れて、処理する力はありません。

そんなことをしたら、情報量が多すぎて、脳がパンクしてしまうからです。

 

では、私たちの脳はどのように情報と向き合っているのか?

 

答えはこうです。

 

「自分にとって関心のある情報だけ受け入れて、あとは切り捨てる」

 

という取捨選択を、脳は行っているのです。

身近な例

脳が行っている情報の取捨選択について、身近な例を考えてみましょう。

 

今、あなたは人ごみの中にいます。

喧噪の中では、周囲の人々の会話を聞き取ることは出来ません。

けれど、遠くから自分の名前が呼ばれたらどうでしょう?

今まで、周囲の人の声は「雑音」にしか聞こえなかったはずなのに、自分の名前だけは、はっきりと聞こえるはずです。

それは脳が、「自分の名前は必要な情報」ということを知っているため、きちんと拾い上げてくれるからです。

 

こんなケースもあります。

自動車の免許を持っていない人は、道路を走る車を見ても、何も思いません。

ですが免許を取り、

トヨタの車が欲しい」

と思ったとたん、道路を見ると、トヨタの車ばかりが目に入るようになります。

ほかの車は、「その他大勢」として脳が処理するので、ただの景色になります。

ですが、自分が欲しいトヨタの車だけは、脳がきちんと処理してくれるので、視界に飛び込んでくるようになるのです。

脳には「望むものだけ」をインプットしよう

このように、脳は、「自分にとって必要な情報」だけを受け入れて、あとは切り捨てるという取捨選択を無意識に行っています。

 

なので、

「お金持ちになる!」

という思いを脳にインプットしておけば、「お金持ちになるための情報」が脳に飛び込んでくるようになります。

反対に、

「私はどうせ貧乏だ」

と思っていると、「貧乏になるための情報」ばかりが飛び込んでくるようになります。

 

考えてみてください。

365日の間、

・「お金持ちになる情報」だけを受け入れている人

・「貧乏になる情報」だけを受け入れている人

どちらがお金持ちになりますか?絶対前者ですよね。

 

脳が「良い情報」だけを拾い上げてくれるようにするために、自分の脳には、「自分の望むこと」だけをインプットする必要があります!

 

ここからは、脳にいい情報をインプットする方法をお伝えしていきますが、その前に簡単におさらいをしておきましょう。

ここまでのおさらい

〇私たちの周りには、途方もない量の情報があふれている。

 

〇すべての情報を受け入れることは出来ない。

 

〇なので私たちの脳は、「自分にとって必要な情報」だけを受け入れて、あとは切り捨てるという取捨選択を行っている。

 

〇「お金持ちになる!」と思い込んでいる人には、「お金持ちになるための情報」だけが脳に飛び込んでくるので、実際にお金持ちになることが出来る。

 

つまり、「思い込んだこと」が実現する!

「思い込み」の具体的な方法

思い込みが脳に与える効果については、ご理解いただけたと思います。

 

それではここからは、脳に、「自分が望むこと」をインプットする方法をご紹介いたします。

①実現したいことを紙に書く

まず、実現したいことを紙にリストアップしていきます。

この話をすると、「パソコンやスマホにまとめちゃだめ?」という意見を受けるのですが、手書きがオススメです。

手書きは、スマホやパソコンの入力とは比べ物にならないほど、たくさんの神経と脳細胞が動きます。

その分、「思い込み」がより強力になるからです。

 

さて、自分が実現したいことを、思いつくままにリストアップしましょう。

なんでもOKです。

・お金持ちになりたい

・社長になりたい

・パートナーが欲しい

・旅行に行きたい

・ギターを上手に弾けるようになりたい

どんなことでも、思いつくままに列挙していきましょう。

②優先順位をつける

リストアップをしたら、それぞれの項目に、「A,B,C」の三段階で優先順位を決めましょう。

 

A:自分の人生では必ず実現したいことで、今すぐ行動したいこと。

B:自分の人生では必ず実現したいことで、Aよりは後でもいいこと。

C:自分の人生で、実現出来たら嬉しいと思うこと。

 

それぞれの項目がいくつあっても構いません。

ただ、Aについては、2、3個に絞ると、この後のステップがやりやすくなります。

③Aの項目をより具体的にする

「A」を付けた項目から、まずは脳にインプットしていきます。

そのために、項目をより具体的にする必要があります。

 

例えば、

「お金持ちになる」

というだけでも、脳は「お金持ちになる」ための情報を収集してくれます。

ですが、あいまいなことが多いので、脳の収集能力が機能しないことも多いです。

 

そのために、より具体的に、脳がイメージできる内容にする必要があります。

そしてその時に、言葉は肯定的、かつ断定的にする必要があります。

例としてはこのような感じです。

 

「1年後、私の口座には1000万円がある」

 

これで、インプットする準備は完了です。

あとはその紙を、目立つところに貼り、毎朝毎晩、読み上げるようにしましょう。

読み上げることによって、「思い込み」の強度が強くなり、脳はそのために必要な情報を収集してくれます。

注意点:どうやって?を考えない。

Aの項目を具体化するときに、注意点が一つだけあります。

それは、「どうやってやるか?」を考えないということです。

 

「1年後、私の口座には1000万円がある」

 

という思い込みに対して、「どうやって?」を考える必要は一切ありません。

ただ、「思い込むだけ」でOKです。

 

なぜなら、思い出してください。

人の脳は、「自分にとって必要な情報だけ」を選んで、収集してくれる力があるのです。

なので、

「1年後、私の口座には1000万円がある」

と思い込むことで、そのために必要な手段、つまり「どうやって?」は、勝手に脳が考えてくれるようになります。

 

「なんか納得いかない」

という人もいるかもしれないので、具体例を示しておきます。

 

ある日あなたは、取引先の方と雑談を交わしていました。

その時、こんなことが話題になりました。

 

あなた

「そういえば、営業部の〇〇さん、退職されたそうですね」

相手

「えぇ、そうなんです。何でも、投資で資産を築いたことがきっかけらしいですよ」

 

このとき、「1年後に1000万円持っている」という思い込みをしていなければ、あなたはこう返すかもしれません。

 

あなた

「へぇ、そうなんですね。なんともうらやましい限りです」

 

「取引先の方が、投資で資産を築いた」というのは必要な情報ではないので、何気ない雑談としてスルーしてしまうわけです。

ですが、「1年後に1000万円を持っている」という思い込みをしている場合だったら?

その情報は、あなたの脳にとって、「必要な情報」になります。

このチャンスを逃してはいけない!そう思い、こんなことが言えるかもしれません。

 

あなた

「そうなんですね!実は私、投資に興味がありまして……ぜひ、〇〇さんにお話を伺ってみたいのですが、取りついで頂くことは可能ですか?」

どうやって?は考えなくても向こうからくる

上記の例を読んで、どう思われましたか?

「そうそう都合よく、ラッキーなことが起こるわけない」

と思った方もいるかもしれません。

 

ですがその方は、ぜひ、考えを改めてほしいと思います。

チャンス、というのは、希少なものでも何でもありません。

道端にある石ころと同じくらい、どこにでもチャンスは転がっているものなのです。

ただ、そのチャンスに気づくか、気づかないか、それだけが問題です。

 

「お金持ちになる!」

と思い込んでいれば、

「身近に投資で稼いだ人がいる」

という出来事が、「話を聞くチャンス!」と気づくことが出来ます。

 

でも、

「どうせ私は貧乏だ」

と思い込んでいれば、

「身近に投資で稼いだ人がいる」

という出来事は、ただの「妬ましい雑談」で終わりになってしまいます。

 

「思い込みの力」によって、「ラッキーな出来事」が突然舞い込んでくるのではありません。

「思い込むこと」によって、身の回りにある「チャンス」に気づくことが出来るようになり、結果として、思い込みは実現するのです。

 

だから、具体的な目標を決めるとき、「どうやって?」を考える必要はありません。

その方法は、向こうから勝手に来てくれるのですから。

まとめ

というわけで、「思い込みの力」についてでした。

いかがでしたか?

 

何度も書いてきましたが、脳は、自分にとって「必要な情報」だけを受け入れるように出来ています。

なので、「自分が望むこと」だけを脳にインプットすれば、それを実現するための情報を、脳は自動で収集をしてくれます。

 

そのために、「自分が何を望んでいるのか」を明確化する必要があります。

実現したいことをリストアップして、Aの項目については、具体的な内容と、期日を決めましょう。

 

その時に、「どうやって?」を考える必要はありません。

実現したいことが決まれば、その方法は向こうから勝手にやってきます。

 

「思い込むこと」でラッキーが突然起こるからではありません。

「思い込むこと」によって、自分の周りの出来事が、「チャンスだ!」と気づけるようになるからです。

 

同じ日常を過ごしていても、

願望が明確な人:チャンスに気づくことが出来る

願望を明確にしない人:チャンスに気づかない

という差が生まれます。

それが結果として、幸福な人生を作るのか、そうでないのかの差に繋がります。

 

そして最後に。

脳は不幸な「思い込み」も、実現するように働いてくれます。

「私は不幸だ」

「私は貧乏だ」

そう思い込んでいるなら、必ず、その通りになります。

なぜなら、「不幸になるチャンス」「貧乏になるチャンス」を脳が見つけて、情報として受け入れてしまうからです。

 

人生を、より幸福なものにしたいと思うのならば。

まず、自分が望むことを具体的に、明確化しましょう。

そしてそれを、毎日読み上げて、脳にインプットしましょう。

たったこれだけのことで、人生には、たくさんのチャンスがあることに気づくことが出来ます。

ぜひ思い込みの力を活用して、幸福な人生を作り上げましょう!

 

それでは、本日はこのあたりで!

ではでは~!