自転車とFXで日本一周

自転車で日本一周をします。旅の資金はFXで稼ぎます。日々、旅の景色と、トレード記録を記事にしています。

自転車とFXで日本一周

【旅記録13日目】登呂遺跡に、トトロは居ない。でも子どもにオススメ。

どうも、衣笠です!

数日ぶりの旅記録です。

首を長くして待ってくれていた皆さん、ありがとうございます。

そうでもなかったよっていう方は、形だけでもいいので首を長くしといて欲しいです。やり方は、ろくろ首パイセンにでも教わってください。

さて、そんなわけで今回は、7月6日(金)〜7月10日(火)の記事になります。

 

7月6日(金)〜7月9日(月)

諸事情あって、一度、愛知県の実家に帰ってました。この時ばかりは、新幹線に頼っての移動となりました。

これといって目立ったことはなかったんですが、

f:id:igasa-fx:20180710170144j:image

ラーメンを食べ、

f:id:igasa-fx:20180710170220j:image

ピザを食べ、

f:id:igasa-fx:20180710170809j:image

ラーメンを食べました。そんな感じです。日に日に、僕の脳内で活躍する『カロリー抑え隊』の勢力が弱まっている気がします。もっと頑張ってほしいところです。

あ、ちなみに3枚目の写真は、『鬼金棒』というラーメン屋さんです。

衣笠の人生において、今のところ一番好きなラーメン屋さんが『鬼金棒』です。

東京に本店があるようですが、名古屋駅の地下でも食べることが出来ます。とてもオススメなので、東京か愛知を訪れた際には、ぜひお立ち寄りをオススメします。

 

と、そんなこんなで。

凱旋した愛知で多量のカロリーを摂取しつつ、9日(月)に静岡駅に戻ってきました。

f:id:igasa-fx:20180710171226j:image

この日は早々と宿泊先に移動し、ブログのブラッシュアップなどを済ませて就寝しました。

 

旅の再開

というわけで、迎えた10日(火)。

いよいよ本格的に、自転車旅再開です。

f:id:igasa-fx:20180710171539j:image

朝一番で撮ったのがこちらの写真。

自転車に取り付けているスピードメータの示す総移動距離が、ちょうど200kmになっていました。このメーターを設置したのが旅の3日目くらいだったはずなので、実際には250kmほど走っていると思います。

そこそこな移動距離になってきたなぁと感心しつつ、向かった先はこちら。

f:id:igasa-fx:20180710171954j:image

はい。

というわけで、弥生時代に到着しました。

そう、衣笠は愛知県で多量のカロリーを摂取するのと引き換えに、タイムトラベルの能力を手にしたのです。

f:id:igasa-fx:20180710172340j:image

おや。なにやら後ろの方に、現代的な建物が写り込んでいますね。

これはあれですね。衣笠が弥生時代にタイムトラベルしたことで、弥生時代の技術力に革命が生じたんですね。ね、誰一人として真に受けてないと思うのでもうネタバレしちゃいますけど、これは弥生時代の写真じゃなくて、現代の『登呂遺跡』の写真ですね。

f:id:igasa-fx:20180710172750j:image

登呂遺跡というと、弥生時代の遺跡として有名ですよね。中学校の歴史の授業で習った覚えがあります。

f:id:igasa-fx:20180710172846j:image

建物の内部はこんな感じ。

今から2000年も昔に、こうして家があって、そこに人類が住んでいたと思うと妙に感慨深いですね。

もっともヨーロッパではさらに昔、紀元前から都市があったというのですから、人間という種族の歴史には興味が尽きませんね。

などと、ちょっとインテリを気取りつつ歩いていると、

f:id:igasa-fx:20180710173607j:image

『登呂遺跡博物館』なる建物に遭遇しました。

ここがですね、思いのほか良かったというか、絶対オススメのスポットだったので、紹介していきますね。

建物の内部は、大きく分けると二つのコンテンツに分かれています。

まず一つが、展示物ですね。

f:id:igasa-fx:20180710175438j:image

f:id:igasa-fx:20180710175516j:image

弥生土器や、弥生時代に使われていた道具のレプリカですね。

これらは、なんと、実際に手に取ることが出来ます。レプリカとはいえ、ちょっと感動しますよ。

f:id:igasa-fx:20180710175644j:image

建物のミニチュアもあります。

そして本当にすごいのは、

f:id:igasa-fx:20180710175756j:image

f:id:igasa-fx:20180710175824j:image

このへん。

これらはなんと、遺跡から出土したものの実物です。

凄くないですか?2000年前の人間が作ったものを見る機会って、あんまりないと思います。

以前、岡崎城に行った時にも思いましたけど、物自体にはそれほど関心はないんですけどね。ただ、その物の背景とか、実際に使っていた人間の息遣いを想像すると、感動するんですよね。

ちなみに、岡崎城に行った時の記事はこちら。

【旅記録3日目】家康はいいやつ、サガはSEGAじゃない - 自転車とFXで日本一周

 

さて。そんな展示物もオススメなのですが、輪をかけてオススメなのがもう一つのコンテンツ。それは、弥生時代ジオラマです。

f:id:igasa-fx:20180710182141j:image

f:id:igasa-fx:20180710182216j:image

こちらは、住居のジオラマです。

写真撮り忘れてましたが、かの有名な、『高床式倉庫』のジオラマもありました。もちろん、テストによく出る『ねずみ返し』もついてましたし、解説もバッチリでした。

f:id:igasa-fx:20180710182410j:image

穂摘み体験や、

f:id:igasa-fx:20180710182507j:image

脱穀体験も出来ちゃいます。

この、実物を目にしたり、触れたりするっていうことは、とても価値があると思うんですよね。とくに、小学生〜中学生くらいの子どもにとっては。

例えば、『ねずみ返し』。

単純に、『高床式倉庫の特徴といえばねずみ返し』って暗記している子どもと、実物を目にして、『ねずみ返しがあることで、確かに小動物は進入できない』って実感している子どもでは、定着度が全然違うと思うんですよね。

とかく社会というのは暗記ばかりで、面白くないもの、という印象を持たれがちな科目だと思います。

ですが子どものうちから実物に触れる機会を増やし、興味関心を持たせることで、とても面白い科目になるのではないかとも思います。

なので、特に小学生から中学生のお子様のいる方におかれましては、ぜひ、連れて行ってあげてほしいスポットです。『登呂遺跡博物館』。

 

あと、登呂遺跡博物館からは、富士山も見えるとのこと。

f:id:igasa-fx:20180710183514j:image

↑理想

f:id:igasa-fx:20180710183542j:image

↑現実

な、なんも見えないな……

この時ばかりは、富士山を覆い隠す雲のごときモヤモヤが、心の中を満たしましたね。お、これは今日イチうまいこと言ったのではないでしょうか。そんなにうまくもないですか。そうですか。

 

と、そんなこともありつつ、大満足で登呂遺跡を後にしまして。

次なる目的地に向かう最中、気がつけばすっかりお昼時。

「どこかに、美味しそうなお店はないかなー」

などと考えながら自転車を走らせていると、

f:id:igasa-fx:20180710184109j:image

ありました。美味しそうなお店。

こちら、『グラデボール 静岡 日本平店』さんですね。

生パスタと、ピッツァのお店のようです。

f:id:igasa-fx:20180710184506j:image

f:id:igasa-fx:20180710184534j:image

店内の様子はこんな感じ。

オシャレで、かつ可愛らしい感じですね。BGMも含めて、とてもゆったりとした雰囲気のお店です。

デートや女子会の際のチョイスであれば、満点間違いなし、といったお店です。

衣笠のような26歳男子が一人で過ごすにはややハードル高そうにも感じますが、

f:id:igasa-fx:20180710184735j:image

一人ではなく、ささみさんとデート風に過ごせばなんの心配もありませんね。

おもむろにささみさんを取り出す衣笠に、周囲の女子会マダムから突き刺すような視線が向けられたような気がしましたが、おそらく気のせいでしょう。気のせいだったと思いたい。

ちなみに上の写真はランチの前菜ですね。どれも非常に美味しかったです。

f:id:igasa-fx:20180710184941j:image

こちらがメインの生パスタ。

濃厚なミートソースを、ホイップクリームが柔らかく引き立ててくれる絶品です。

f:id:igasa-fx:20180710185053j:image

デザートは白桃のケーキとシャーベット2種でした。

ここにワンドリンクがついて、ランチのお値段はなんと1500円でした。

味、雰囲気、コスパ、どこを取っても素晴らしいお店です。グラデボールさん。ぜひ行ってみてください。

 

そして、食事に大満足した衣笠が向かった先はーー

f:id:igasa-fx:20180710185314j:image

f:id:igasa-fx:20180710185354j:image

アニメ『けものフレンズ』と絶賛コラボレーション中の、『日本平動物園』にやってきました!

 

というわけで、本日はこのあたりで!

次回は、『日本平動物園』の魅力をたっぷりお伝えしたいと思います!

ただ、先に伝えておきますが、皆さん、衝撃を受けると思います。それだけは、朝が来たら太陽が昇るのと同じくらい、確かなこととしてお約束できます。

そんなこんなで、次回の記事も乞うご期待ください!

 

本日も、読んでくださってありがとうございました!

引き続き、ツイッター等で拡散してもらえるととても嬉しいです!

それではー!