自転車とFXで日本一周

自転車で日本一周をします。旅の資金はFXで稼ぎます。日々、旅の景色と、トレード記録を記事にしています。

自転車とFXで日本一周

【旅記録21日目】横浜市の動物園、ズーラシアの魅力7選をお届けします!

どうも、衣笠です!

今回は7月19日(木)の旅記録です。

 

この日は、神奈川県横浜市にある、

ズーラシア

という動物園に行ってきました!

今回の記事では、ズーラシアの見どころについて、たっぷりお届けしたいと思います。

動物園の記事はこれで3つ目になりますが、過去の2つと比べても、また毛色の違った動物園ですので、ぜひお楽しみください!

ちなみに、過去2つの動物園は下記の記事からどうぞ。

【旅記録4日目】のんほいパークの魅力8選・前編 - 自転車とFXで日本一周

【旅記録14日目】けもフレとコラボ中の日本平動物園に行ってみた - 自転車とFXで日本一周

 

ではでは、ズーラシアの魅力をお届けしていきますね!

f:id:igasa-fx:20180719171351j:image

 

魅力①園内の雰囲気づくりがすごい

ズーラシアに行ってみて、一番強く感じた魅力はこれでした。

まず、園内がとにかく広い。

そして、各エリアごとに、雰囲気作りが半端ではない。

f:id:igasa-fx:20180719171557j:image

アジアエリアはこんな感じ。

f:id:igasa-fx:20180719171728j:image

f:id:igasa-fx:20180719171749j:image

こちらはアマゾンエリア。

アジアエリアと比べて、ガラッと雰囲気が変わったのが分かりますでしょうか。

f:id:igasa-fx:20180719171829j:image

ここはチンパンジーの森エリアですね。

こんな感じで、各エリアごとに雰囲気の作り込みが凄いんです。

f:id:igasa-fx:20180719171927j:image

休憩所ひとつ取ってもこの作り込み、恐れ入ります。

園内の広さを存分に活かした雰囲気作り、最高です。

 

魅力②珍しい動物に会える

ズーラシア、広いこともあって、多種多様な動物たちに会えます。

f:id:igasa-fx:20180719172531j:image

定番のゾウさんとか、

f:id:igasa-fx:20180719172559j:image

ライオンとか、このあたりの王道はもちろんしっかり見ることが出来ます。

余談ですが、起きているライオンをようやく見ることが出来て、僕はちょっと感動しました笑

 

ズーラシアの凄いところは、定番の動物は当然のこととして、珍しい動物を見ることができる点です。

たとえば、この子。

f:id:igasa-fx:20180719172855j:image

この子は『スマトラトラ』といって、絶滅危惧種に指定されているそうです。

日本の動物園には16頭しかおらず、各動物園同士が協力しあって、子孫を増やす取り組みを行っているんだとか。

 

そして皆さん、『ドール』って動物知ってますか?ドール。

ドールちゃん、この子です。

f:id:igasa-fx:20180719173110j:image

ちょっと遠いので、ズーム。

f:id:igasa-fx:20180719173135j:image

な、なんてお可愛いの……!!

この子は、めちゃくちゃレアです。

どれくらいレアかというと、日本の動物園には4匹しかいません。

そして4匹とも、ここズーラシアにいます。

つまり、そう!ドールちゃんは、日本ではズーラシアでしか見られないのです!

日本で唯一、ドールちゃんが見られる動物園。それだけでも、大変な価値がありますね。

他にも珍しい動物たちがいたので、ぜひ、皆さんの目で確かめてみてくださいね。

 

魅力③表情豊かなテングザルくんがいる

テングザルは皆さんご存知だと思います。

しかし、ここズーラシアには、実に表情が魅力的なテングザルくんがいるのです。

それが、この子。

f:id:igasa-fx:20180719174259j:image

テングザルの模型というか人形というかなんですけど、何となく、ずる賢そうな笑顔に見えませんか?

「しめしめ、ワシの狙い通りじゃとて……」

とか言うてそう。

では、この子を別のアングルから写してみましょう。

f:id:igasa-fx:20180719174452j:image

ちょっと怒ってるように見せませんか?

「ワシの森に何の用じゃ」

さらに別アングルから。

f:id:igasa-fx:20180719174544j:image

「えっ、ワシの年収、低すぎ……!?」

このように、見る角度によって表情が豊かに変わるテングザルくん、ぜひ現地でお会いしてみてくださいね。

 

魅力④充実の体験コーナー

ズーラシアには、要所要所に、楽しい体験コーナーがあります。

f:id:igasa-fx:20180719175149j:image

f:id:igasa-fx:20180719175211j:image

たとえばこちら。

『カンガルーの立ち幅跳びに挑戦』

ということで、カンガルーは8mくらい跳ぶけど、その記録に挑戦してみようってコーナーです。

ちなみに、自分の身長くらい跳べれば標準らしいです。ということは、衣笠は1m60cmくらい跳べば標準値ってことですね。

あ、いま、「衣笠の身長低いな」って思った人は、全員あとで校舎裏ですから。

ちなみにやってみたところ、2m40cmという記録を叩き出しました。すごくないですか?もうこれ、僕の身長は今日から2m40cmってことでいいですか?

 

他には、こんなコーナーがあります。

f:id:igasa-fx:20180719175609j:image

ヤマアラシの抜け毛に触ってみよう、ということで。

最近、自分の抜け毛は飽きるくらい触ってるんですけどね。シャンプーの時とか。それはどうでもいいんですけど、ヤマアラシの毛、すごいんですよ。皆さん知ってます?

f:id:igasa-fx:20180719175724j:image

ヤマアラシの毛、すっごい太いの。

そんで、触ってみるとすっごい硬くて、しなやか。自転車のワイヤー錠みたいな感触。これが背中から無数に生えてるとか、そりゃ襲われませんわ。

 

他にも小動物とのふれあいコーナーとか、馬に乗れたりとか、体感コーナーが豊富なのがとっても魅力的でしたよ!

 

魅力⑤小さな子どもの遊び場も充実

これ、お子様連れで向かわれる方には、とても嬉しい部分だと思います。

f:id:igasa-fx:20180719180728j:image

f:id:igasa-fx:20180719180806j:image

こんな感じで、動物を模した滑り台やアスレチックがあったり、

f:id:igasa-fx:20180719180844j:image

砂場にはカッコいい化石が置いてあったり。

この日も小さな子どもたちが、遊び場まわりで大はしゃぎしておりました。

「動物がちょっと怖くて楽しめなかった」

という子がいたとしても、この遊び場があることで、楽しい思い出になること間違いなしなのではないでしょうか。

 

魅力⑥装飾物が、なんていうかこう、独特

園内には、至るところに装飾物が設置されています。

f:id:igasa-fx:20180719181211j:image

オラウータンとか、

f:id:igasa-fx:20180719181237j:image

カンガルーとか。

いいですね、とっても可愛くて癒されます。

f:id:igasa-fx:20180719181404j:image

!?

いや、可愛くて、癒されーー

f:id:igasa-fx:20180719181451j:image

!?!?

なにこれ、こわっ!

f:id:igasa-fx:20180719181548j:image

こわっ!!

f:id:igasa-fx:20180719181634j:image

!?!?!?

 

魅力⑦ニムボクロミスフスコタエニアートゥスに会える

最後にお届けするのはこちら。

みなさん、聞いたことありますか?ニムボクロミスフスコタエニアートゥス。

僕は初めて聞きましたし、皆さんも、初めて聞いたのではないでしょうか。ニムボクロミスフスコタエニアートゥス。

長い。長すぎる。なんて長い名前なんだ。

これがもし芸人だったら大変ですよ。

 

はいどーもー!

僕ね、あの、ニムボクロミスフスコタエニアートゥスっていう名前でお笑いやらせてもらってるんですけどね!

今日はせめてね、名前だけでも覚えて帰ってもらえたらって思います!

 

ってね。

名前だけでもって、アンタ、その名前が覚えにくいやないかいっていう総ツッコミですよ。あれ、これ、もしかして売れるやつでは??

 

さて、そんなニムボクロミスフスコタエニアートゥスくん。

果たして、どんな生き物だと思いますか?

いかつい、大型哺乳類でしょうか。

それとも、意外性をついて、ハムスター的な小動物でしょうか。

果たして、ニムボクロミスフスコタエニアートゥスくんの正体は、こちら!

 

 

f:id:igasa-fx:20180719182538j:image

 

 

まさかの魚ーーー!!

しかもけっこう小さい。ニムボクロミスフスコタエニアートゥスくん、完全に名前負けしてますわ……

 

そんなニムボクロミスフスコタエニアートゥスくんに会える動物園、それがズーラシア。なんて素晴らしい場所なんでしょう。ぜひ行ってみてくださいね。

 

おわりに

というわけで本日は、ズーラシアの魅力をお届けしました!

後半、ちょっとネタ要素強くしちゃいましたけど、本当に素晴らしい雰囲気の動物園でしたよ!

なにより、広いので、どの動物もイキイキとしている姿が魅力的でしたね!

横浜市を訪れた際には、ぜひ、お立ち寄りをオススメします!

 

それでは、本日はこのあたりでー!

今回の記事もわりと楽しく書けたので、気に入ってもらえた人は、ツイッター等で拡散してもらえたら嬉しいです!

 

ではでは〜!