自転車とFXで日本一周

自転車で日本一周をします。旅の資金はFXで稼ぎます。日々、旅の景色と、トレード記録を記事にしています。

自転車とFXで日本一周

【旅記録3日目】家康はいいやつ、サガはSEGAじゃない

どうも、衣笠です!

本日は、6月26日(火)の旅記録になります!

 

前日、豊田市まで到着していた衣笠。

この日は豊橋市を目指して、朝から自転車を走らせていました。

f:id:igasa-fx:20180627180644j:image

坂を登りきったら、いい眺めだったので思わず一枚。なんとなく、ジブリックな雰囲気ありませんか?あ、ジブリックというのは、『ジブリ作品に出てきそうな』という意味で使われる造語です。いま作りました。特許は衣笠が持っているので、使うたびに利用料を申し受ける所存です。そうですね、相場に則って、1ジブリックにつき18200円くらいでいいです。なんの相場なのか、どこから出てきた金額なのかは、僕にもよくわかりません。

 

かなり名古屋市から離れたこともあり、行けども行けども、自然豊かな景色が続きます。

f:id:igasa-fx:20180627181337j:image

こんな坂道とか、

f:id:igasa-fx:20180627181411j:image

こんな河とか、

f:id:igasa-fx:20180627181605j:image

こんなゲーセンとか。いやほんと、行けども行けども自然ばっかりで、ね、う〜ん、勢いで乗り切ろうとしたんですけどね、あれですね、

ゲーセンの場違い感、半端ないっすね。

まぁ、あれですけどね。

f:id:igasa-fx:20180627182058j:image

入店しましたけどね。

教科書には載ってませんが、衣笠は音ゲーが好きです。ここテストに出ます。ノートに書いといてくださいね。

ちなみに、ゲーセンで使うカードのケースもささみさんです。写真に写ってるやつですね。可愛いですね。

 

ゲーセンには長居することなく、10分ほどで退店。

それにしても基本的には自然ばかりで、やばい、このままではブログの取れ高がなくなってしまう、ネタ、どこかにネタはないのかと、旅ロケに出た若手芸人ばりに貪欲な心境で自転車を走らせていたのですが……

f:id:igasa-fx:20180627184238j:image

おあつらえむきにお城が!

その名を岡崎城といい、徳川家康とゆかりのあるお城らしいです。

ところで皆さん、ご存知ですか?

徳川家康って、実は相当背が高かったって。

f:id:igasa-fx:20180627185035j:image

これ、実物大家康パネルです。

見てください、ささみさんとの身長差。ささみさんの何倍あんねんって話ですよ。

ダメですからね、ささみさんが小さいだけって、そういう無粋なツッコミはNGですからね。そこは皆さん、察してくださいね。ほんと。このネタやりたくて写真撮ったのに、1日置いて冷静に考えたら対して面白くないなって思って、凹んでる僕の心境とか、その辺まで察してくださいね。

 

さて岡崎城

ちょうど今の時期は、「日本刀特集」をしているとのこと。

となれば、当然見るのが人のサガ。ロマンシングサガ。それはSEGA。と言いたいところだったけど、あいにくスクエニ。世の中、ままならないな。

f:id:igasa-fx:20180627190903j:image

というわけで、日本刀。

f:id:igasa-fx:20180627190939j:image

うん、いいですね。カッコいい。

f:id:igasa-fx:20180627191021j:image

写真だと伝わりづらいですけど、刃の文様とか一つ一つ違ってて、とてもカッコいいです。

他にも鎧とか、いろいろ展示されてたんですけど、その辺は撮影禁止だったので割愛。

でも、なんか見てたら感動しましたね。

刀とか鎧とか、それそのものに凄く興味がある方では無いんですけど。

でも実物見たときに、「これ着て家康は出陣したんだなぁ」とか、「この刀で切った人、切られた人がいるんだなぁ」って思うと、感慨深いというか。

徳川家康って、教科書という物語の登場人物くらいにしか思ってなかったんですよね。そういう意味では、徳川家康クリリンも僕の中では同じ、物語の登場人物にしか過ぎなくて。なぜクリリンなのかはさておき。

でも、こうして刀とかを見て、徳川家康が使っていたことを想像すると、徳川家康が実在していたことの息遣いを感じるというか、「あぁ、彼は生きてたんだな」って、そういう実感と、感動がありましたね。伝わりますかね、その感じ。

 

まぁ、そんな真面目な感想もありつつ。

f:id:igasa-fx:20180627191915j:image

家康さんの膝にささみさんを乗せてみました。

これあれですね。家康さん、完全に喜んでますね。っていうか、ごめん家康さん、そこ代わってくれんかな。

 

とまぁ、そんな感じで、岡崎城を全力で満喫した衣笠は次なる目的地へ向かいます。

f:id:igasa-fx:20180627193404j:image

そう、『えびせんべいとちくわの共和国』。僕の旅の目的は、この国と日本の親善大使を務めることだったのです。すいません嘘です。この共和国自体初めて知りました。あれですね、peacefulで素敵な国名だと思います。

本当は国内にも入りたかったのですが、写真からもわかるように天気が怪しい。自転車旅において、雨すなわちdead。入国は泣く泣く諦めて、先へ進むことにしました。

 

f:id:igasa-fx:20180627193819j:image

そしてたどり着いたこここそが本日の目的地。

実に長い旅路でした。6時間ほど自転車を漕ぎ、移動距離は50km強。

無事、豊橋市に到着することが出来ました。

旅に出てからというもの、シャワーしか浴びていなかったので、湯船に浸かるのは久しぶり。それも、6時間自転車を漕いで疲れた身体に温かい湯船。ぜったい気持ちいやつじゃん!と、皆さん思うでしょう?僕もそう思ってました。

でも現実は、日焼けしまくった腕に激痛が走るばかり。これを気持ちいいとか言ってたら、衣笠の性癖はややヤバ目になってしまいます。いやぁ、ほんと人生ってままならないものですね。

人生ままならないといえば、徳川家康が名言を遺していたので、今日はそれを貼って締めの言葉としたいと思います。

f:id:igasa-fx:20180627194519j:image

うーん。いい言葉ですね。

 

というわけで、今日はこの辺で!

本日も、読んでくださってありがとうございました!

少しでも楽しんでもらえたなら嬉しいですし、ツイッターなどで拡散してもらえるとホント嬉しいです!

それでは、また明日〜!