自転車とFXで日本一周

自転車で日本一周をします。旅の資金はFXで稼ぎます。日々、旅の景色と、トレード記録を記事にしています。

自転車とFXで日本一周

【旅記録5日目】のんほいパークの魅力8選 後編

どうも、衣笠です!

本日は、前回の続きということで、6月27日(水)の記事になります。

今回は前回予告した通り、のんほいパークの見どころ8選の後編です。

 

前回、

f:id:igasa-fx:20180629160013j:image

やたらと挑発的なシロクマや、

f:id:igasa-fx:20180629160054j:image

うなだれるテディベアなど、魅力的な見どころが満載だったのんほいパーク。

注目の後編の見どころ、トップバッターはこの子です!

 

見どころ⑤まったく挑発的ではないシロクマ

十人十色、という言葉があります。

10人の人間がいたら、その個性はさまざま。当然のことですよね。

シロクマだって同じなのかもしれません。

シロクマが全員が全員、あんなやつ(やたらと挑発的なやつ)ばかりと思っていたら、大間違いです。

というわけで、まったく挑発的ではないシロクマです。どうぞ!

f:id:igasa-fx:20180629160328j:image

ね?

にこやかでしょ??

もうね、おじいちゃん。縁側で日向ぼっこするおじいちゃん。

暑かったから、たぶん、水が気持ちいいんでしょうね。

f:id:igasa-fx:20180629161222j:image

水の中にもぐってもにこやか。気持ち良さそうですね。

こんなににこやかなシロクマもいれば、

f:id:igasa-fx:20180629161408j:image

こんなやつもいる。でも良いんです、それが個性なんだから。

もしかしたらのんほいパークは、シロクマを通じて、『個性を認め合うことの大切さ』を学ばせようとしているのかもしれませんね。そんなところも見どころの一つです。のんほいパーク、すごい。

 

見どころ⑥実はすごい広い。動物もめっちゃいる。

シロクマやらペンギンやらマンドリルやら、一部の動物にフューチャーしてきましたが、のんほいパーク、実はかなり沢山の動物がいるんです。

f:id:igasa-fx:20180629161959j:image

キリンさんが好きです。

f:id:igasa-fx:20180629162120j:image

でも、ゾウさんの方がもっと好きです。ってお決まりのやつも出来ちゃいます。

f:id:igasa-fx:20180629162216j:image

こちらはライオン。

「何見てんのよっ」って具合に、奥さんライオンがめっちゃ見つめてきました。かなり美人さんな顔立ちでした。気が強そうな感じの。たぶん元ヤンです。

ちなみに下の段の日陰でガッツリ寝てるのが旦那さんです。紹介文によると、たてがみが立派なイケメンとのことですが、あいにく見ることは出来ませんでした。「俺の顔は安くねぇ」ということでしょうか。昨今のイケメン界隈、そんな塩対応で生き残って行けるんでしょうか。彼の今後が心配です。

f:id:igasa-fx:20180629162644j:image

こちらはトラさん。シベリアタイガーという、絶滅危惧種の希少な生き物らしいです。あれですかね、刃牙って漫画で、ピクルの餌にされていたトラですかね。

とても優しい目をしているトラさんでした。そんな希少な生き物がサラッといるのんほいパーク、凄くないですか??

他にも鳥類とか、アザラシとかオラウータンとか、それはもう色々いました。

例えばご家族とか、カップルとかで訪れたとしても、たぶん動物園エリアだけで1日過ごせちゃいます。それくらい広くて、いろんな生き物がいます。

お、なんかようやく、マジメに見どころっぽい紹介が出来たような。この勢いで、次の見どころいってみましょう!

 

見どころ⑦恐竜

恐竜です、恐竜。英語で言うとダイナソー。便利な100円ショップ。それはダイソー。ローマ字表記はDAISO。ウィッシュ。それはDAIGO。メンタリストは?Daigo。自分で書いててめっちゃしょうもないので、恐竜の写真載せます。

f:id:igasa-fx:20180629163800j:image

こちらは説明不要、トリケラトプスですね。強そう。

f:id:igasa-fx:20180629163852j:image

こいつは、イグアノドンですね。そして、イグアノドンと対峙する形で展示されていたのが、

f:id:igasa-fx:20180629163945j:image

こいつ。ディノニクスですね。

刃牙っていう漫画で、ピクルの強敵として描かれていたことで有名ですね。いかん、このままでは刃牙をPRする記事になってしまう。

話を戻してディノニクスですね。そんでディノニクスさん、なんでそんなひょうきんな顔してますの。宇宙人のあっち向いてホイみたいになってますけども。

とか思いながら背後を振り向いた時に、

f:id:igasa-fx:20180629164452j:image

こいつがいた時の衝撃ったらもう。あんたもう、ひょうきんのお手本みたいな顔してますやん。全世界ひょうきん選手権大会があったら、金メダル間違いないですやん。

ちなみに皆さん、この子の名前分かります?マイアサウラですって。マイアサウラ。マイアサウルスではなく。サウラ。なんでサウルスにしてもらえなかったんだろ、ひょうきんだからかな。

そんで、

f:id:igasa-fx:20180629164738j:image

全世界存在感が一番あるやつ選手権大会優勝候補もいました。アンキロサウルスらしいです。いやもう、フォルムも色も、存在感ありすぎではないでしょうか。クッパも草端の陰で泣いてますわ。

と、こんな感じで多種多様な恐竜まで見られるのんほいパーク。凄くないですか??

ちなみに、なんでこんなに恐竜が?ってことなんですけど、それにはちゃんと理由がありまして。

 

見どころ⑧自然史博物館

実はこの恐竜たちは、のんほいパーク内にある、自然史博物館ってところの周りにいるんですね。

それで、この自然史博物館がすごい。何がすごいって、本気で面白い。

46億年前に地球が生まれ、いかにして生物が生まれ、いかにして現代の姿まで進化したのかということを、多彩な展示品とともに学べます。本当にオススメのスポットです。

f:id:igasa-fx:20180629165255j:image

これ、『さわってみよう』とありますけど、なんと45億年前に出来た鉱物らしいです。凄すぎません??45億年前に出来た物質に触れたこと、人生でありますか?僕はこれが初めてでした。なぞの感動がありますよ。

f:id:igasa-fx:20180629165548j:image

f:id:igasa-fx:20180629165555j:image

化石とか、

f:id:igasa-fx:20180629165641j:image

解説も豊富で分かりやすく、とっても勉強になりました!

ちなみに皆さん知ってました?クジラと牛って、分類上は同類らしいですよ!嘘やんって思った人は、上の写真をば。

そんな自然史博物館も楽しめちゃうのんほいパーク、本当に素晴らしいところでしたよ!

 

以上、のんほいパークの見どころ8選でした!

どうでしょうか?魅力は伝わりましたでしょうか??

本当に素晴らしい施設なので、ご家族でも、恋人同士でも楽しめると思います!

愛知県豊橋市にお越しの際は、ぜひお立ち寄りをオススメします!

 

ちなみに前回の記事にも書きましたが、のんほいパークには遊園地エリアもあります。本当に、1日がかりで楽しめる施設ですね。

衣笠は、残念ながら遊園地エリアには行きませんでした。ちょっと時間が無かったので……次に行く機会があれば、ぜひそちらも行ってみたいと思います!

 

それでは、今日はこのへんで!

本日も、読んでくださってありがとうございました!

いつもコメントや、拡散をしてくださる皆さま、本当にありがとうございます!めちゃくちゃ嬉しいです!今後とも、よろしくお願いいたします!

 

ちなみに明日の記事からは、ついに愛知県を出て、静岡編に突入ですよ〜!乞うご期待!

それでは!