自転車とFXで日本一周

自転車で日本一周をします。旅の資金はFXで稼ぎます。日々、旅の景色と、トレード記録を記事にしています。

自転車とFXで日本一周

【旅記録6日目】浜松でキヨミズから飛び降りる

どうも、衣笠です!

2日に渡ってのんほいパークの魅力をPRしてきましたが、本日からは通常通り旅の記録になります。本日は6月28日(木)の記録です。

 

愛知県豊橋市を出発し、目指すは静岡県です。

f:id:igasa-fx:20180630202629j:image

はい。着きました、静岡県

やけに唐突!そう思われた方もいると思います。でも仕方のないことなのです。衣笠自身、突如この看板に遭遇して、

「あ、あれ、もう静岡着いたんだ……ふ、ふーん、やったー……」

的なテンションになってしまったのですから。

せっかくの静岡突入、僕だってもう少し感動というか、「あ、こっから静岡なんだ!やったぜ!」的な、目印になるような看板に遭遇したかったですよ、えぇ。例えばそう、

f:id:igasa-fx:20180630203349j:image

こんなやつ。これが目の前に現れたら、

「おぉー!静岡きたーっ!」

ってなりますよ。でも、現実は

f:id:igasa-fx:20180630202629j:image

これですからね。そりゃ衣笠も

「あ、着いたんだ、ふーん」

ってなりますし、静岡突入時の描写も雑になるってもんです。そういうわけです。

 

そんな微妙な心境になりつつも、

f:id:igasa-fx:20180630215923j:image

f:id:igasa-fx:20180630215950j:image

素敵な橋に遭遇し、テンションも急上昇。

名を浜名橋というそうですが、とてもお洒落で素敵な橋でした。

ささみさんを欄干に乗せて撮影したかったですが、風が強く断念。

映える写真を撮るよりも、ささみさんの安全確保。常に他者への気遣いを忘れない、礼節に満ちた紳士、それが衣笠という男なのです。衣笠の、自己肯定感が異様に高いところ、自分では結構好きです。

 

f:id:igasa-fx:20180701001649j:image

そうそう、こういうお出迎え的な看板があると、テンション上がりますよね。

なんで僕は、最初に

f:id:igasa-fx:20180701001745j:image

この子に遭遇してしまったのでしょうか。というより、なぜこの子を見つけてしまったのでしょうか。たとい視界に入ったとして、『静岡県』という文字を認識しなければ良かったのに。憎い。今ばかりは、自分の優れた観察眼と、卓越した動体視力が憎い。

 

といったことを考えながら自転車を走らせていると、あっという間に時刻は14時。

出発してかれこれ4時間。多少疲れてきましたし、お腹も空きました。どこかでご飯を食べたいなあと思っていた矢先、

f:id:igasa-fx:20180701002052j:image

『はませい』さんなるお食事どころに遭遇しました。

浜名湖料理、と銘打たれていて、溢れる地元感に引き寄せられるように入店。

f:id:igasa-fx:20180701002346j:image

店内の様子はこんな感じ。ちょっぴりモダンでありながら清潔感があって、ゆっくりとお食事を頂くのにはぴったりなロケーションです。

店内に流れる優しい雰囲気。

しかし、衣笠は冷や汗が止まりませんでした。

優しい雰囲気とは裏腹に、メニューが財布に優しくなかったためです。ヒルズ族。ここはヒルズ族が使うお店ですか?またはドバイ。ドバイ族御用達しのお店なんでしょうか。あとドバイ族って言葉はあるんでしょうか。多分無いでしょう。そんなことより注文を決めなければ。といった具合に動揺する程度には、メニューが優しく無かったです。財布に。

ここで衣笠は腹を決めました。どうせ何を食べても高いなら、いっそ、その中でも高いものを食べよう、と。その決意、まさに『飛び降りfrom舞台of清水』。

というわけで、運ばれてきたのがこちら。

f:id:igasa-fx:20180701002729j:image

浜松名物『ひつまぶし』を頂きました。

味については、もう、語る必要もないでしょう。いいでしょうか。人間、本当に感動した時には、言葉を失うものなのです。

こう言ってもいいでしょう。本当の感動を与えてくれる芸術に、言葉は不要なのです。

このひつまぶしは、その領域だった。それだけ、分かってもらえればいいんです。皆さん、浜松にお立ち寄りの際は、ぜひ『はませい』さんのひつまぶしをお召し上がりください。

そこには、感動がある。それだけは保証出来ます。

 

さて、そんな『はませい』さんを出る際、店主さんと雑談をしてまして。

「今日は、どちらまで行かれる予定なんですか?」

と聞かれたので、

「浜松(駅)に行こうと思います」

と答えたところ、

「浜松……(微妙な間)……あー、頑張ってくださいね」

なんとも歯切れが悪いといいますか、こう、非常に不審げなリアクションを頂くことになりました。

な、なんでしょうか。浜松は、実は部外者の立入禁止なんでしょうか。入るためには、何かの試練を乗り越えなければいけないんでしょうか。

(命の保証はないですけど)頑張ってくださいね、と、そういうことなんでしょうか。

そんなことを考えながら、戦々恐々、自転車を走らせること、2分。

店主さんの微妙なリアクションの理由が判明することとなりました。

もう一度お伝えします。店を出て、自転車を走らせること、2分です。衣笠が遭遇した景色がこちら。

f:id:igasa-fx:20180701010130j:image

えっと。お分かりでしょうか。

お店と、浜松市の入り口、目と鼻の先ってやつでした。

そりゃ、店主も微妙なリアクションになりますわ。「どこまで行くの?」と旅人に尋ねて、「浜松です!」って意気揚々と2分先の場所を答えられたら、そりゃそうなりますわ。

というわけで妙に恥ずかしい思いをしつつ、自転車を漕ぐことさらに1時間。

f:id:igasa-fx:20180701010853j:image

ようやく、浜松駅に到着しました。

浜松市突入から浜松駅まで結構があったわけですが、ご存知でしたか?浜松市って、日本で2番目に広い市らしいですよ。

 

この日はビジネスホテルを予約してたので、さっそくチェックイン。

f:id:igasa-fx:20180701011219j:image

夜まではブログの更新やFXのトレードをして過ごし、日本代表の決勝トーナメント進出を見届けて就寝としました。

 

こうしてみると、実に平和な1日だったわけですが……

翌日。まさか、あんなことが起こるなんて……

f:id:igasa-fx:20180701011649j:image

いったい、衣笠の身になにが……!?

答えは、明日の記事を乞うご期待!

 

というわけで、本日はこの辺りで〜!

本日も、読んでくださってありがとうございました!いつもありがとうございます!

引き続き、ツイッター等での拡散もしてもらえるととても嬉しいです!

それでは、また明日〜!!