自転車とFXで日本一周

自転車で日本一周をします。旅の資金はFXで稼ぎます。日々、旅の景色と、トレード記録を記事にしています。

自転車とFXで日本一周

【旅記録EX1】「リニモで行こう!駅メモ!コラボキャンペーン」に行ってきました!

どうも、衣笠です!

本日は、旅記録の番外編として、

リニモで行こう!駅メモ!コラボキャンペーン』

の攻略の様子を記事にしたいと思います。

駅メモに興味のある人も、そうでない人も、楽しんでもらえたら嬉しいです。

 「そもそも、駅メモってなに?」

という方は、

ekimemo.com

ぜひ、こちらの公式サイトを覗いてみてくださいね。

今回のイベントについて

旅の様子をお届けする前に、簡単に概要だけ整理しますと……

今回は、

1 八草駅

2 愛・地球博記念公園駅

3 イオンモール長久手(最寄駅:長久手古戦場駅)

4 アピタ長久手店(最寄駅:杁ヶ池公園駅)

5 はなみずき通駅

上記の5つの駅にある謎解きにチャレンジして、謎が全て解けたら景品がもらえるという内容になっています。

リニモで移動すると、始点の藤が丘駅から終点の八草駅までは20分弱で到着します。

今回の記事では、

藤が丘駅から八草駅まで徒歩で移動し、帰りはリニモを使って移動しています。

せっかくイベントで訪れる地なので、ゆっくり景色を楽しんでみよう!ということで、徒歩を選択してみました。

そんな記事です、お楽しみいただけましたら嬉しいです!

 

藤が丘駅から出発

というわけで、意気揚々と出発します!

最初のパートナーは、衣笠が一番好きなでんこ『もみじ』ちゃんでお届けします。

f:id:igasa-fx:20180724171946j:image

というわけで、スタート駅の『藤が丘駅』にやってきました。

ご覧の通り晴天で、絶好のイベント日和ですね!

f:id:igasa-fx:20180724172740j:image

駅構内には、イベントののぼりが立てられていました。

駅メモラーとしては、なかなかテンションの上がる光景です。

f:id:igasa-fx:20180724172342j:image

藤が丘駅で、イベントの用紙をゲットします。

あとは各地を回って、謎解きの答えをこの用紙に記入していくことになりますね。

 

藤が丘駅から、次の駅に向けて歩みを進めます。

藤が丘駅の近辺は、なんといっても街並みがオシャレで素敵でした。

f:id:igasa-fx:20180724172528j:image

木漏れ日で彩られた歩道や、

f:id:igasa-fx:20180724172623j:image

線路沿いの住宅街など、どこを切り取っても絵になる、素敵な街でしたよー!

自転車旅の中で、『将来住むなら横浜』みたいなことを書いたんですけど、藤が丘も、横浜と並ぶくらい将来住みたい街でした!

f:id:igasa-fx:20180724173404j:image

長久手市に突入しまして、

f:id:igasa-fx:20180725125732j:plain

素敵な公園に遭遇しました。

立ち並ぶ木々の木漏れ日が心地よく、さしずめ、コンクリートジャングルのオアシス、といった感じですね。

f:id:igasa-fx:20180725125906j:plain

日陰もばっちりで、ホッと一息つくにはベストな公園だと思います。

もっとも、この日は尋常ではない気温の高さだったので……

座って休んでいても、

ホッと一息というか、ホットな吐息が漏れる一方でしたね。

な、なんで僕が座ってる座布団を引っこ抜こうとするんですか?

はなみずき通駅と、マイチと、難問

気を取り直して。

引き続き歩みを進めていきますと、


f:id:igasa-fx:20180725125249j:image

はなみずき通駅』に到着しました。

ここからは、衣笠が駅メモを始めるきっかけになったでんこ『しぐれ』ちゃんとお届けいたします。

はなみずき通駅からほどなく歩くと、
f:id:igasa-fx:20180725125111j:image

お寺に遭遇しました。

『常照寺』さん。常に、照らす。まさに、この日の天気を象徴するような名前ですね。
f:id:igasa-fx:20180725125258j:image

ちょっとした階段でさえ、登るのを躊躇する暑さです。

でも、登る。なぜでしょう。そこにお寺があるから?

いいえ。

ブログの取れ高が欲しかったからです。

取れ高のためなら、衣笠は己の生命力を捧げられるのです。

というわけで、息も絶え絶えに階段を登りきると——

f:id:igasa-fx:20180725131044j:plain

素敵なお寺に到着しました!

青空にお寺が映えていて、とてもいい景色でしたよー!

 

常照寺さんを後にし、相変わらず、太陽さんにギラギラと常照されながらも歩みを進めます。すると、
f:id:igasa-fx:20180725125034j:image

『せせらぎの径』なる案内が登場しました。

せせらぎの、なんて読むんですかこれは。けい?せせらぎのけい?意味わかりませんわ。あ、ローマ字表記してある。

Seseragi-no-Michi

なるほど。

ところで皆さん、英語の教科書でMikeって登場しますよね。

なんて読みますか?マイク、ですよね。

つまりMiは、マイと発音することは明らか。

よってMichiは、マイチ、と発音することが推察されます。

ということで、径の読み方はマイチ。せせらぎのマイチ。なんですかマイチって。イマイチ意味が分かりませんね。マイチとイマイチで韻を踏んでるの、めっちゃうまくないですか?だからなんで、僕の座布団を引っこ抜こうとするんですか?

 

気を取り直して。

せせらぎのマイチ改め、せせらぎのみちに目を向けてみましょう。こんな感じ。
f:id:igasa-fx:20180725125018j:image

な、なんておしゃれな……

閑静な住宅街の中に敷かれたおしゃれな遊歩道ですね。

そしてせせらぎの径を抜けた先には——
f:id:igasa-fx:20180725124956j:image

なにやら立派な神社に遭遇しました。『景行天皇社』というそうです。

取れ高の予感に誘われて、階段を登ると——
f:id:igasa-fx:20180725125116j:image

立派なお馬さんがいました。その名も、『馬神』。かっこよすぎませんか。

バシン、と読んでもいいですが、ここはひとつ『うまがみ』と読みたいところです。

って書いたところで、気になったので読み方を調べたら、これ、まさかの右から読むみたいです。

『馬神』じゃなくて、『神馬』。読み方は、『しんめ』なんだとか。

どや顔で、

ここはひとつ『うまがみ』と読みたいところです。

とか言ってたの、めっちゃ恥ずかしくなってきました。そもそも読む順番違うとか、論外です。RONGAI。

 

RONGAIな議論はさておき、神社の様子がこちらです。

f:id:igasa-fx:20180725133021j:plain

め、めっちゃ素敵ー!!

衣笠が旅の中で訪れた歴代神社と比較しても、上位に食い込んでくるのは間違いありません。

リニモイベントに来られた際は、ぜひ、『景行天皇社』のお立ち寄りをお勧めします。

 

さて、そんな素敵な神社を後にし、せっせと歩いていくと——
f:id:igasa-fx:20180725125217j:image

APITAに到着しました!

ここは『杁ヶ池公園駅』と直通になっていて、APITA店内に謎解きの問題が設置されています。

設置場所が少しだけ見つけづらかったので、画像付きで解説を。
f:id:igasa-fx:20180725125040j:image

杁ヶ池公園駅から直通の出入り口から、店内に入ります。

入って、すぐ向かって左側に直進すると、問題が設置されています。
f:id:igasa-fx:20180725125235j:image

こんな感じ。

問題のネタバレにならないよう、ちょっと遠くから撮影しています。

ちなみに衣笠は、ここに設置されている問題、普通に解けませんでした

「あ、あれ……?問題、難しくね……?」

冷や汗MAXです。いや、汗に関しては単純に暑さによるものだった可能性のほうが高いです。ただ、問題が解けなくて焦ったのは事実です。

スタンプラリーしたものの、クイズが解けなくて景品がもらえない

という、なんか残念過ぎる未来に打ち震えつつ、いったんこの問題はパスして先に進みます。

杁ヶ池公園駅と、ニクいチョイスと、ジャングル


f:id:igasa-fx:20180725125240j:image

こちらが、APITAと直通の『杁ヶ池公園駅』ですね。

ここからは、最近の衣笠の推しでんこ『つむぎ』ちゃんとお届けします。

 

さて、時刻はそろそろ14時ごろ。

お腹も空いてきたので、

f:id:igasa-fx:20180725134118j:plain

あんかけスパゲッティ パスタ デ ココ』にてつかの間の休憩。

ちゃんと、愛知県ならではのお店を選ぶあたり、衣笠、憎いチョイスですね。

f:id:igasa-fx:20180725134613j:plain

ちなみに食べたのはこちら。ロースカツ。肉いチョイスですね。

あの、えっと、もう座布団ないからって、ズボン脱がせようとするのやめてもらっていいですか?

 

食事を済ませ、HPの30%を回復したところで再度出発します。
f:id:igasa-fx:20180725125058j:image

リニモ沿いの道を延々と直進します。

道が広くて歩きやすいのは素晴らしいですが、日陰がほぼないので、直射日光には注意が必要です。

これから歩きで参加される方は、帽子など被っていくことをオススメします。衣笠は、すっかり忘れてました。

 

ほどなくして、到着したのがこちら!
f:id:igasa-fx:20180725125048j:image

イオンモール長久手店』さんですね。

見ての通り非常に立派な施設です。なんと、店内にボルダリングスペースがあるくらい、広い店舗になっています。

こちらの店舗が『長久手古戦場駅』と直通になっていまして、店内に問題があるわけですね。衣笠、2問目にチャレンジです。

 

問題を見る→解き方がわかる→答えが出る

 

この間、わずか4秒。

「な、難易度の差、激しくない……?」

さっきとは違った意味で焦る衣笠です。

ともあれ、無事に解けた喜びを噛み締めつつ、イオンモールを後にしました。


f:id:igasa-fx:20180725125053j:image

こちらが、『長久手古戦場駅』ですね。

 

さて、引き続き延々と歩いていると、神秘的な光景に遭遇しました。
f:id:igasa-fx:20180725125143j:image

『夏の日差しが透過する』

というタイトルで写真コンテストに応募したら、いい線いってしまう可能性が高いですね。という妄想を繰り広げながら歩いていくと、
f:id:igasa-fx:20180725125147j:image

トヨタ博物館』なるところに到着しました。

これはもう、絶好の取れ高チャンスだったのですが、無情にも『本日休館』。

これには衣笠もふくれっ面です。衣笠のふくれっ面には1銭の価値もないですが、どうですかこの、つむぎちゃんのふくれっ面はめっちゃ可愛いと思いませんか。

このふくれっ面が見れるのは、トヨタ博物館が休館だったおかげなので、皆さんトヨタ博物館に感謝してくださいね。

 

さて、『芸大通駅』通り過ぎるころには、
f:id:igasa-fx:20180725125201j:image

景色の風合いも、ずいぶん変わってきました。
f:id:igasa-fx:20180725125107j:image

こんな感じです。

先ほどまではオシャレな街並みが続いていたのが、徐々に、趣のある景色へと変わってきました。

こういう、緑がいっぱいの景色は、夏らしくていいですね。

 

さらに進んでいくと、こんな感じ。
f:id:igasa-fx:20180725125245j:image

いやぁ、緑がいっぱいで、趣があっていいですね。

……ん、いや、うーん。

趣があるっていうか、なんていうか、

もはや森じゃね??

ってくらい、緑しかないですね。コンクリートジャングルを抜けた先には、本物のジャングルがありました的な。うまいこと言いましたね。ズボン返してもらっていいですか。ダメですか。

 

そんな自然にあふれているのはどの辺なのかというと、
f:id:igasa-fx:20180725125001j:image

ここは『愛・地球博記念公園駅』の近辺ですね。

この近辺は、記念公園の近くということもあってか、緑が非常に豊かでした。

ちなみにこちらのでんこは、

『夏が一番似合うでんこランキング(衣笠調べ)』

で堂々1位のでんこ『みづほ』ちゃんです。

 

八草駅と、最終問題。諦観、そして……!

さて、気が付けば豊田市に突入しまして、
f:id:igasa-fx:20180725125153j:image

ついに到着、『八草駅』です!

f:id:igasa-fx:20180725125005j:image

長かった徒歩の旅も、ここでようやくゴールとなりました!

所要時間は、かなりゆっくり進んで4時間くらいでした。

ノンストップで大人が歩けば、3時間くらいでいけそうな距離でしたね。

 

さて、ここ八草駅にも謎解きがあるため、挑戦します。

この問題も5秒くらいで解けまして、なるほど、APITAの問題が特別難しかったんだなとしたり顔をしつつ、リニモに乗ります。

 

愛・地球博記念公園駅』で一度リニモを降りて、謎解きに挑戦。

問題を見て、

5秒後→え、なんだこれ

1分後→意味不明なんだけど……

 

10分後→もう、景品とか無理だわ……

 

解けません。

まったく、解けません。

APITAの問題はまだ、解き方は分かるんです。解けないだけで。

でも、ここの問題はもう、そもそも、何を聞かれているのかさえ分からないというありさまでした。

実際に行った人なら、共感してくれる人も多いのではないでしょうか?え、やだな、こんなこと書いといて、実は皆さん余裕で解けてたら、単に衣笠がアホなだけになってしまいますね。まぁ、そんなことはないと思いますけど(謎の自信)。

 

解くのをいったん諦めて、リニモで『はなみずき通り駅』へと向かいます。

駅構内には、こんなBOXが設置されていまして、
f:id:igasa-fx:20180725125208j:image

この中に最後の謎が設置されていて、今までの謎解きの答えを使って答えを導くという仕組みになっていました。面白いですね。

ただ、衣笠は、

4問中、2問しか解けていない

わけでして、そんな状況で最後の問題が解けるわけ——

 


f:id:igasa-fx:20180725124356j:image

解けたーーーーー!!!!!

 というわけで、無事に景品のピンバッジを入手することができました!

 

解けなかった2問も、最後の問題の状況から、答えを予想することが出来ました!

ただ、これだけは伝えておきます。

愛・地球博記念公園駅』の問題については、衣笠は、答えが分かったうえでも、解き方がわかりません泣

すでに攻略済みの方、だれかこっそり教えてください……

(8月1日追記。ブログを読んだ方から、解き方教えていただきました。教えてくださった方、本当にありがとうございました)

おわりに

というわけで今回は、旅記録の番外編として、

リニモで行こう!駅メモ!コラボキャンペーン』

の様子をお届けしました!いかがでしたか?楽しんでいただけたら嬉しいです!

 

また、もしこの記事を読まれた方で、

駅メモにちょっと興味が出た」

駅メモ、やってみたいかも」

って思われた方がおられましたら、迷わずプレイしてみることをオススメします!

登場するでんこも魅力的ですし、旅も楽しくなりますし、なんなら、駅メモのために旅したくなるという素晴らしいアプリです!

ぜひ、プレイしてみてくださいね!

 

それでは、本日はこのあたりで~!

もしよければ、この記事をツイッターなどで拡散してもらえるととてもうれしいです!

ではでは~!