自転車とFXで日本一周

自転車で日本一周をします。旅の資金はFXで稼ぎます。日々、旅の景色と、トレード記録を記事にしています。

自転車とFXで日本一周

【誰でも出来る】FXで勝てるようになる!魔法の紙の作り方と使い方

どうも、衣笠です。

本日は、こんなテーマをお届けします!

 

f:id:igasa-fx:20180809181842p:plain

 

「なにそれ、胡散臭いな!!」

って思った人、安心してください。僕もちょっとそう思います笑

でも、記事の中身はかなり真面目で、実用的なものになってます。

 

この記事では、どこにでもある紙とペンを使って、FXで勝ち組になるための方法を紹介します。

特に、こんな人に読んでほしい記事です。

「FXの勉強を頑張ってるのに、利益が伸びない」

「手法を学んでも、実戦で活用できない」

「エントリールールを破ってしまうことがある」

「負けてくるとポジポジ病になってしまう」

いいですか?

今回の記事を読んで実践すると、これらの悩みはすべて解決します!

凄くないですか??

「どんな魔法だよ!」って話ですよね。

 

では、そんな魔法の紙の作り方を今からご紹介しますね。

あ!ここから先を読むときは、手元に紙と、ペンを用意してくださいね。

紙は、なんでも良いですよ~。メモ帳でも、裏紙でも。

 

そして、先に言っておくことがあります。

今回の記事、ちょっと面倒なことが書いてあります。

難しいことではありません。

誰でも出来るけど、実践するのは面倒なことが書いてあります。

だからこそ、先に約束しておきます。

今回の記事を読んで、

「大変だな~。でも、今日から実践しよう!必ず守ろう!」

と思って、実践した方は、トレーダーとして飛躍的な成長を遂げるであろうことを約束します。

なので、

「面倒なことをしてでも、トレーダーとして成長したいという気持ちがある!」

という人にとっては、大変価値のある記事だと思います。

ぜひ、その覚悟を持って読んでほしいと思います。

 

それでは、さっそくご紹介していきますね!

そもそも「勝つ」ってどういうことか

魔法の紙を説明する前に、こんなテーマを論じてみたいと思います。

ここ、物凄く大事なので、しっかり読んでほしいです!

 

いま、二人のトレーダーがいます。

Aさん、Bさんとしましょう。

 

Aさん

ドル円下げてきてるな~」

「このまま下げてきて、移動平均デッドクロスしたらショートエントリーしようかな」

~40分後~

「お!デッドクロスが確認できたな!じゃあ、ショートエントリーしよう!」

 

Bさん

ドル円下げてきてるな~」

「ショートでついていくのがいいかな?逆張りでロングがいいかな?悩む……」

~40分後~

「悩んでいるうちに、移動平均デッドクロスしたから、とりあえずショートエントリーしてみた!」

 

はい、こんな二人がいたとしましょう。

二人とも、最終的にやった事は同じです。移動平均デッドクロスを確認してショートエントリーですね。

 

さて。

AさんとBさん、どちらか一人は勝ち組で、どちらか一人は負け組です。

勝ち組はどっちでしょう?

 

ここで、こんな問題が出されたとしたら、皆さんはどっちを答えにあげますか?

 

おそらく、「Aさんのほうが勝ち組」と答える人が大半ではないでしょうか?

 

では、AさんとBさんの決定的な違いはなんでしょう。

ズバリ言いますね。

 

「エントリーするタイミングを事前に決めているかどうか」

 

ここです。

事前に、決めているかどうか。

これが、勝つ人と、そうでない人の最大の違いです。

 

デッドクロスしたからエントリー

 

ではないんです。

 

デッドクロスしたらエントリーすると事前に決めていたから、エントリー

 

これなんです。

これが、「勝つ」っていうことなんですね。

事前に決めておくことの重要性

もう少しだけ補足していきますね。

事前に決めておくことには、2つの大きなメリットがあります。

1.混乱を防ぐことが出来る

FXで大きく負ける方法は2つあります。

1つは、損切りをしないことによる一撃リタイアです。

そしてもう一つは、ドテンを繰り返すことによる往復ビンタです。

どっちも危険ですが、往復ビンタは意外と食らいやすいので注意が必要です。

往復ビンタは、食らうときが決まっていて、自分が混乱しているときです。

たとえばこんな感じです。

 

「ロングエントリーしよっと」

「うわ、下がってきた!損切りしよ!」

「って、やっぱり上がるじゃん!もっかいロングエントリーしよ!」

「やばい、めっちゃ下がってきた!でも、こっからもっかい上がるかもしれないから、しばらく持ってよっと」

「あわわわわ、とんでもない下げ方してる……こうなったら、ドテンしたほうがマシかも!」

「なんで!僕が損切りしてドテンした瞬間に!また上がってくの!!」

 

みたいなことって、ありませんか?僕は、よくありました笑

これは結局、自分の行動を、事前に決めてないから起きるんですね。

 

事前に自分の行動を決めておけば、こういった混乱が無くなります。

混乱が無くなれば、往復ビンタを食らわなくなります。なので、大きな負けをしなくなります。これ、とっても大きなメリットですよね。

2.PDCAを回しやすくなる

そして二つ目のメリットがこれです。

PDCAを回すっていうのは、ビジネスの世界では、誰もが大事だと知っていています。実践している方も多いですよね。

でも、FXだと、PDCAを大事にしない人が意外と多いように感じます。

 

大事なことなので断言します。

FXにおいても、PDCAは大事です。

PDCAに真面目に取り組める人は、必ず勝ち組になれます。

 

いや、当たり前のことですけどね。

計画を立てて

計画を実践し

良かった点、悪かった点を検証して

次回の計画に活かす

 これを繰り返していけば、負ける要素が無くなるのは当然の話なんですよね。

 

今回テーマにしている、「事前に決めておく」ということは、PDCAのPlan(計画)にあたるわけです。

「事前に決めておかない」ということは、計画無しにトレードしているということになりますね。

計画無しでトレードするということは、CheckもActionも出来ません。

ただ、Doをしているだけです。

自分の会社で、PもCもAもなく、Doをし続ける人がいたらどう思いますか?

「もっと計画的にやろうよ」

「何が良かったのか、何が悪かったのか、ちゃんと考えてる?」

「改善意識を持って取り組まないと成長しないよ?」

そんなアドバイスをしたくなりませんか?

 

FXにおいては、「事前に決めておく」=Planであって、事前に決めておかない限りはPDCAを回せません。

なので、成長も見込みづらいです。

 

逆に言えば、事前に決めておくことで、

「何が良かったのか、悪かったのか」の検証が出来て、

「次のトレードでの改善点」を考えて、

「次の計画に活かせる」わけですから、

事前に決めておくことのメリットは計り知れませんね!

 

というわけで。

トレード内容を事前に決めておくことで、

・大きな負けがなくなる

・トレーダーとして成長できる

ようになるわけです。

これもう、絶対やったほうがいいですよね??

そんなわけで、魔法の紙を作りましょう!

 「用意した紙とペン、いつ使うねん!」

っていうツッコミが聞こえてきたので、そろそろ使っていきましょう。

 

今から、目の前の紙を魔法の紙に変えていきます。

この記事を読みながら、順番に完成させていきましょう!

 1.チャートを分析する

通貨ペアや、時間足は、いつも使っているもので大丈夫です。

分析の手法も、まずは自分のやり方で構いません。

トレンドラインでも、移動平均でも、スパンモデルでも良いです。

ドル円は今日は上目線かな?」

「ユーロドルはレンジかな?」

などなど、自分なりに分析をしていきます。

 2.今日のエントリープランを決める

さぁ、いよいよ紙の登場です!

分析した情報をもとに、どの通貨が、どんな状態になったらエントリーするのかを紙に明記しましょう。

例えばこんな感じ。

 

ドル円

①60分足の移動平均線ゴールデンクロスし、パーフェクトオーダーになるのを待つ。

押し目買いを狙いたいので、5分足で押し目を待つ。5分足で短期移動平均線が長期移動平均線を上抜けるタイミングを待つ。

①と②が揃っているタイミングでエントリーをする!

これは一例ですが、実際には移動平均でも、ラインブレイクでも、スパンモデルでも、何を基準に計画を立てても構いません。

普段、自分が使っているインジケーターや手法に沿って、エントリーするタイミングを決めましょう。

3.利食い損切りのタイミングを決める

そして、これも必ず、事前に決めておきましょう。

利食い=20pip

損切り=10pip

と値幅で決めてもいいですし、

利食い=直近の高値に到達したら。

損切り=直近の安値を割ってしまったら。

とチャートを基準に決めてもいいです。

大切なのはその内容ではなく、「事前に決めておくこと」です。

 

これで、魔法の紙は完成です。

この紙は、もはやただの紙ではありません。

この紙に書いてある通りにエントリーをすると決めることで、

・大きな負けが無くなる

・トレーダーとして成長できる

ことを約束してくれる、魔法の紙になったのです。

 

あとはこの紙を、実際に活用していきます。

4.タイミングが来るのを待つ

待ちます。ただひたすら、待ちます。

「トレーダーの最も偉大な仕事は、待つことだ」

 という名言を信じて、ただ待ちます。

自分の決めたエントリーのタイミングが来るまで待ちます。

そのタイミングが来なければ、当然、エントリーはしません。

エントリータイミングが来ていないのにエントリーするようでは、魔法が解けてしまいます。なんの意味もありません。

5.タイミングが来たら、エントリーをする

予定通りのタイミングが来たら、エントリーをしましょう。

そして、事前に決めた利食い損切りのタイミングに合わせて、ポジションを閉じましょう。

 6.振り返りをする

一日の終わりに、魔法の紙に追記をしましょう。

エントリーが出来たのか、出来なかったのか。

利食いで終わったのか、損切りで終わったのか。

良かった点はなにか。

悪かった点はなにか。

次の計画を立てるときは、何を改善するべきか。

 

そして翌日、また新たな魔法の紙を作成するところから始めるわけですね。

魔法の紙を作る

タイミングが来たらエントリーをする

振り返りを追記する

この工程を繰り返すことで、トレーダーとして飛躍的に成長することと、利益が今よりも伸びていくことは間違いないでしょう。

こんな時どうするの?

今回の記事を読まれた方が、疑問に思うかもしれないことをまとめておきたいと思います。

1.エントリープランが決められない

「チャート分析してみたものの、ここからどう動くかなんて予想できない……」

「何を基準に、エントリーポイントや利食い幅を決めたらいいか分からない……」

そんな方もいるかもしれません。

エントリープランが立てられないということは、「自分の手法が定まっていない」ということです。

まずは、自分の手法を見つけるところから始めましょう。

ちなみに衣笠はスパンモデルを使った手法を得意としています。詳しく知りたいという人はこちらの記事からどうぞ。

www.sasamifx.com

また、手法を見つける上では、書籍を読むことも参考になります。

衣笠おすすめの書籍はこちらからどうぞ。

www.sasamifx.com

 

ちなみにですが、「毎回勝てる手法」なんてものは存在しません。

どの手法も、得意な場面もあれば、苦手な場面もあります。

なので、手法の良し悪しや、デティールには最初のうちからこだわる必要はありません。

大切なのは、手法を決めて、あとはその手法を守り続けることです。

そして自分なりに改善点を見つけて、自分だけの手法に改良していくことが、トレーダーとして成長するうえで大切になります。

 

最初のうちは、エントリープランを立てるのに苦戦するかもしれません。

一生懸命考えて、一つの通貨につき、一つのプランしか考えられないかもしれません。

しかし、続けていくうちに、2つ、3つとプランを考えられるようになっていきますよ!

2.想定していなかったけど美味しい場面が来た

今回の記事を実践していると、必ず直面する事態です。

「ここロングしたら、絶対勝てるわ!!」

「でも、事前の想定にはないタイミングだな……」

どうしましょう?

 

正解は、もちろん、エントリーを見送ることです。

たとえここでロングして、勝ったとしても、それは『たまたま』です。

『たまたま』の勝ちは、成長に繋がりません。

というか、『たまたま』でも勝てることを知ってしまうと、エントリールールを丁寧に守ることが馬鹿馬鹿しくなります。

でも、エントリールールを守れないということは、勝ち組から遠ざかっていくということです。

そう考えると、『たまたま勝つ』というのは、成長に繋がらないというより、勝ち組トレーダーから遠のいていると考えたほうがいいかもしれません。

 

とはいえ。

「絶好のチャンスを見送るのって、もったいない……」

という気持ちも、絶対わいてきます。

そんな時、どうすればいいのか?

答えは一つで、反省をすることです。

「なぜ、自分はこの値動きを事前に想定できなかったのか?」

「なぜ、この場面なら勝てると自分は思うのか?」

「次に同じ場面が来ると事前に想定するには、今後どんな点に注目すればいいのか?」

といったことを、紙にまとめておきましょう。

そして、次に似たようなチャンスが来た時には、想定通りにエントリーが出来るように、「勝てる場面を想定する力」を伸ばしていきましょう。

まとめ

今回は、魔法の紙の作り方と使い方についてご紹介しました。

いかがでしたか?

今回の内容を徹底できる人は、

・大きな損切りが無くなる

・トレーダーとして成長できる

ことは間違いないと思います。

 

冒頭にも書きましたが、今回の記事を実践するのは面倒です。

面倒なことを実践するか、しないか。

トレーダーとして成長するか、しないか。

選択はすべて、この記事を読んだ方次第ですよ~!

 

それでは、本日はこのあたりで!

ではでは~!

 

(FXに関する人気記事3選)

www.sasamifx.com

www.sasamifx.com

www.sasamifx.com