自転車とFXで日本一周

自転車で日本一周をします。旅の資金はFXで稼ぎます。日々、旅の景色と、トレード記録を記事にしています。

自転車とFXで日本一周

なぜスキャルピングで勝てないのか?その理由は〇〇だからです!

「FX初心者にはスキャルピングがおすすめってネットに書いてあったけど、やってみたら全然勝てない……」

スキャルピングについて、いろいろな手法を学んだのに、全然勝てるようにならない……」

f:id:igasa-fx:20180704153546j:plain

そんな経験、ありませんか?

この記事は、そういった思いを抱えた方々に向けて書いています。

 

なぜ、あなたがスキャルピングで勝てないのか?

この記事を読んでもらえば、分かるようになります。

 

最初に、結論だけ言ってしまいましょう。

理由は一つだけなんです。それは、

 

スキャルピングが、実はすごく難しいから

 

なんですね。

だから、スキャルピングで勝てないっていうのは、実は自然なことなんです。

 

僕自身、最初はスキャルピングから始めました。

1年ほどスキャルピングを続けましたし、その間、多くの書籍を読み、ネットのあらゆる情報を読みました。有料の情報商材にも手を出しました。

でも、思うように利益は上がりませんでした。

そこから、デイトレード中心に切り替えたところ、安定して利益が伸びるようになりました。

そして今では、FXで稼ぎながら自転車で日本一周を目指せるようになりました。

 

いま、スキャルピングで勝てなくて困っている人は、ぜひこの記事を最後まで読んでほしいです。

そして、スキャルピングは難しいという事実に気づき、他の手法で、莫大な利益を目指せるようになってほしいです。

はじめに.スキャルピングを推奨するwebページが多いのはなぜか

「FX やり方」

「FX 初心者」

といった検索ワードで調べていく内に、スキャルピングという手法に行きついた人は多いと思います。

多くのページでは、スキャルピングについて、以下のように書かれています。

 

〇メリット

「短期間で何回もトレードが出来るため、複利効果で、資産が増えるのが早い」

ロスカットの値幅が小さく、リスクが少ない」

「少ない資金でスタートできる」

〇デメリット

「ポジポジ病を誘いやすい」

「集中力をかなり必要とする」

 

いずれも、間違いのない事実です。

あわせて、必ず、こんな事が書いてありませんか?

 

スキャルピングは取引の回数が増えるため、低スプレッドの業者を選ぶことが大切です」

「数秒の勝負になるため、確かな約定力が必要です」

「よって、おすすめのFX業者は以下の通りです」

 

どうですか?あるあるじゃないですか??

実は、ここが大きなポイントです。

スキャルピングを推奨するwebページは、スキャルピングが勝てるから推奨しているわけではありません。

スキャルピングを推奨することで、FX口座を開設してもらうことが目的なのです。

 

アフィリエイトという仕組みはご存知の人も多いと思います。

webページを経由して口座開設をされると、管理者にキャッシュバックが発生するという仕組みですね。

FXに関する多くのwebページは、このアフィリエイトで稼ぐためのサイトです。

なので、勝つために必要な情報ではなく、口座開設をしたくなるような情報を載せているんですね。

 

大切なことなのでもう一度。

スキャルピングを推奨するページが多いのは、スキャルピングが勝てる手法だからではありません。

スキャルピングを推奨することで、口座開設をしてもらえる可能性が高いから、推奨しているだけなのです。

 

勘違いしないでほしいのは、スキャルピングという手法を否定したいわけではありません。

もちろん、スキャルピングで利益を出している方も大勢いらっしゃいます。

また、真剣にスキャルピングの魅力や、手法を伝えられているwebページもあると思います。

ただ、ここで理解してほしいのは、

スキャルピングは何となく簡単そう

スキャルピングはFX初心者におすすめの手法

というのは、アフィリエイト目的のページが作り上げた幻想である、ということです。

 

それでは、スキャルピングの何が難しいのでしょうか。

具体的に見ていきたいと思います。

難しい理由1.手数料が高い

手数料、すなわち、スプレッドですね。

スキャルピングは、取引回数が多いという性質上、この手数料が高くつきます。

 

簡単に計算をしてみましょう。

最も手数料が安いのは、どの業者でもドル/円のはずです。

1回の取引につき、0.3pipsが一般的ですよね。

1日のトレード回数を30回とします。これは、スキャルピング中心のトレーダーであれば、回数としては少ないほうでしょう。

土日を除き、月間で20日間、トレードをしたとします。

すると1か月あたりの手数料は、

0.3pips×30回×20日=180pips

ということになります。

つまり、月間で180pipsのマイナスからスタートということです。

「え?そんなに??」って、ちょっと驚きませんでしたか?

 

だって、1日50pips利益が出たら、結構うれしいですよね?

3日連続で50pips稼げば、150pipsです。かなり凄いですよね?

でも、20日間の取引期間のうち、3日連続で50pips稼いでも、まだマイナス域って、これ大変なことじゃないですか?

実際には、ドル/円以外だと、ユーロ/ドル・ユーロ/円は0.4~0.5pipsが一般的な手数料ですし、ポンド系やオージー系は0.8~1.0pipsが一般的です。つまり、現実にはもっと多くの手数料がかかるわけです。

 

ちなみに、デイトレードと比較してみましょう。

デイトレードで、1日5回のトレードをしたとしましょう。これは、回数としては少し多いかもしれません。それでも、

0.3pips×5回×20日=30pips

 

つまりスキャルピングのほうが、6倍も手数料が高くなります。

ということは、当然ながら、デイトレードよりもスキャルピングのほうが、利益を残しづらいということです。

難しい理由2.大きな負けをしやすい

皆さん、こんな経験はありませんか?

「うわ、エントリーした方向とは逆にいっている…」

「まずいな、もう少ししたら自動損切りに引っかかってしまう…」

「でも、もうちょっといったら反転しそうなんだよな。自動損切りの位置を引き上げよう」

「ってあわわ、さらに逆に進んで、引き上げた自動損切にかかっちゃいそう…」

「でも、もう少ししたら反転しそうだから、いったん自動損切りを外そう」

「……自動損切りを外したばっかりに、目も当てられないラインまで含み損が増えてしまった……こんなことなら、最初の損切りラインで損切りしておけばよかった」

 

って、割とあるあるな経験だと思います。

FXの世界で勝ち残るには、こういった大きな負けは、絶対にしてはいけません。

そこで、思い返してみてください。こういった大きな負けを、自分は、いつしてしまうのか。

答えは簡単です。

小さなミスが連続すると、人間は判断力を失って、大きなミスをしてしまうのです。

そしてスキャルピングは、短期売買という性質上、小さなミスが連続しやすい構造になっているのです。そのため、大きな負けを誘いやすいのです。

 

小さなミスについて、例を挙げてみましょう。

例えば損切りスキャルピング損切り幅も小さくするので、損切りが3回連続、5回連続、あるいはもっと連続することは十分あり得ます。

5回連続で損切りになった後、6回目の損切りが間近に近づいてきたとき、損切りラインを常にずらさない自信がありますか?

 

または、こんなケースも。

無事に利食いが出来たものの、エントリーしていた方向にどんどん伸びていく。

何となくミスをしたような気持ちになって、「そろそろ反転するかも」というところで逆張りをしたら、もともとの方向にさらに伸びていく。

「まだ伸びるの!?」と思って、あわてて損切りして、もともとの方向にエントリーしなおしたら、今度は反転してまた損切り……

どうですか?経験ありませんか?

 

スキャルピングはこうして、一瞬のうちに連続でミスをすることが出来てしまいます。

そしてミスが重なったときに、人間は得てして、大きな負けをしてしまうのです。

それこそ、3日間でコツコツ積み上げてきた利益を、1回のトレードですべて吹き飛ばしてしまうような……そうなってしまえば、もう、月間での利益も絶望的ですよね。

 

スキャルピングは小さなミスが重なりやすい。

よって、大きな負けを誘いやすい。

この点は、スキャルピングをするうえで非常に難しいポイントといえるでしょう。

 

ちなみに……

負けエントリーやミスを減らす一番の方法は、エントリープランを事前に決めておくことです。

詳しくは以下の記事にまとめていますので、合わせてご覧ください。

www.sasamifx.com

 難しい理由3.高い分析力と瞬時の判断力を求められる

ここで皆さんに質問です。

皆さんは、どちらの意見に賛成しますか?

A「FXなんてただの直感。勝ちも負けも、50パーセントに収束する」

B「丁寧にチャート分析をすれば、勝率は上げられる。FXは断じてギャンブルではない」

どうですか?さすがに、Aさんに賛同する人はいないですよね??

そう、FXは分析によって、勝率を上げることが可能です。

では、次の意見はどうでしょう。

A「チャート分析は、短い時間足で、短期間で行ったほうが成果が出る」

B「チャート分析は、長い時間足で、時間をかけて行ったほうが成果が出る」

いかがしょうか。これも、Bのほうが正しいですよね。

ですがスキャルピングは、短期間で刻一刻と変化する情報を見ながら、瞬時の判断を連続して行う必要があります。

 

チャート分析を、一瞬で行わなければいけないスキャルピング

チャート分析に、時間をかけられるデイトレード

果たして、どちらのほうが簡単でしょうか。

明らかに、デイトレードのほうが勝率は上げやすいですし、初心者の方にも向いていると思いませんか?

 

スキャルピングは、

・上位足の状況を頭に入れておく

・チャート分析を一瞬で行う

・エントリー後も、刻一刻と変化する状況を正しく把握して、一瞬で利食い損切りの判断を行う

といった能力が必要です。

明らかに初心者向けではないというか、上級者向けだと思いませんか?

まとめ

いかがでしたか?

スキャルピングは簡単、というイメージに、変化が生まれたのではないでしょうか?

そう、スキャルピングって、実はかなり上級者向けの手法なんです。

 

加えてスキャルピングは、多大な集中力を使います。

例えば社会人の方は、仕事でお疲れのところ、気力を振り絞ってFXに臨まれると思います。

でも、仕事で疲れている脳に、多大な集中力と、的確な判断力が、どの程度残っているでしょうか?

主婦の方も、家事や子育てなどで、体力的にも疲れている中で、果たして集中力を持続し続けられるでしょうか。

 

何より。初心者の方が、

「的確なチャート分析と状況判断を瞬時に行いつつ」

「ミスが重なっても全く動じることなく平常心を保ちながら」

「高い手数料を乗り越えて利益を残す」

ということが、果たして可能でしょうか。難しいですよね。

 

初心者の方が、スキャルピングで勝てない。当然です。

あなたの実力不足ではありません。勉強不足でもありません。

そもそも、スキャルピングという手法自体が難しすぎるのです。

 

スキャルピングは簡単という幻想を今こそ抜け出して、別の手法に目を向けてみるのはいかがでしょうか。

今回の記事が、そのきっかけになってもらえたら嬉しいです。

 

ちなみに僕は、『スパンモデル』を使ったデイトレードを中心にトレードをしています。

スパンモデルについては以下の記事に書いていますので、まだ読んでいない方は、ぜひそちらも読んでみてください。

www.sasamifx.com

 

また、

「どうしてもスキャルピングで勝てるようになりたい!」

という方には、『5分足スキャルピング――プライスアクションと原則』という書籍がおすすめです。

こちらの書籍については、下記の記事で詳しく解説していますので、興味があればぜひ読んでみて下さいね!

www.sasamifx.com

それでは、今回はこのあたりで~!

今回の記事が、お役に立てたならうれしいです!

ではまた~!