自転車とFXで日本一周

自転車で日本一周をします。旅の資金はFXで稼ぎます。日々、旅の景色と、トレード記録を記事にしています。

自転車とFXで日本一周

FXに安全な証拠金維持率は無いから、〇〇を大事にしよう

どうも、衣笠です。

今回は、こんなテーマでお届けします!

 

暴落で一発退場しないために重要なこと。

~証拠金維持率より、大事なのは〇〇~

 

2019年1月3日、ドル円の大暴落が起こりました。

わずか十数分で400pips下げる大暴落。

要因はいろいろ言われていますが、重要なのは、今回の暴落で退場を余儀なくされた人たちが多数いるということです。

 

「暴落はいつでも起こる」

「資金管理は本当に大切」

といったツイートも如実に増えました。

 

さて、今回テーマにしたいのは「資金管理」の部分です。

一発退場しないための「安全な資金管理」とは、どういうことかを考えてみましょう。

それでは、さっそく見ていきます!

重要なのは証拠金維持率ではない

さっそく本題になるんですけど……

今回の暴落で、

・安全なlot

・安全なレバレッジ

・安全な証拠金維持率

についての議論が活発になっているように思います。

 

でもこの議論、意味なくないですか?

「証拠金維持率が何%あれば安全か」

なんて、考える意味がないと僕は思います。

なぜなら、「暴落時に何pips下がるか」は誰にも分らないからです。

f:id:igasa-fx:20181223180222j:plain

例えば今回のドル円は、400pipsの下落幅でした。

「証拠金維持率を140%程度で運用していたからロスカットされてしまった……」

「これからは、証拠金維持率を3倍の420%程度にするよう心がけよう……」

そう思った矢先に、ドル円が1200pips急落したらどうでしょうか?

結局、証拠金維持率が高くてもロスカットされてしまいます。

1200pips急落なんて起こらない、なんて保証はどこにもありません。

以前の記事(トルコリラを今からショート!アリ?ナシ?徹底的に論じてみた!)で紹介しましたが、過去には3500pipsという暴落が起きたこともあります。

「前例がないから今後も起こらない」なんてことは、相場の世界には当てはまりません。

 

相場がどれだけ暴落するかわからない以上、証拠金維持率がどれだけあれば安全か、なんて議論は意味がないと僕は思います。

本当に大切なのはリスクにさらす資産の割合

じゃあどうしたら、暴落時に一発退場にならないのか?って話なんですけど。

一番のリスクヘッジは、「そもそも口座にお金を入れない」ことだと思います。

別の表現をするなら、

「FX口座のお金がすべて溶けたとしても、やり直せる資金を別の口座にプールしておくこと」

これが一番のリスクヘッジではないでしょうか。

 

よく言われるのは、

「リスクにさらす資産は総資産の5%まで」

という基準です。

100万円を投資用の資産として持っている場合は、5%の5万円しかFX口座に入金しないということですね。

 

さすがに5%は厳しすぎる気もしますが……

僕個人の意見としては、投資用の資産のうち20%程度をFX口座に入金して、残りは安全な口座にプールしておいた方がいいと思います。

FX口座の資金が全部溶けたとしても、まだ80%残っていれば、十分やり直しがききますからね。

100%全部FX口座に入金していたばかりに全部なくなってしまい、再起できないというのが最悪のシナリオです。

 

ところで20%の資金というと、100万円持っていると、運用資金は20万円になります。

「少なすぎる……」

「もっと手っ取り早く稼ぎたいから、運用資金の割合を上げたい……」

そう思った人は、要注意ですよ。

そのメンタルこそ、一発退場を招く原因であることを自覚するべきだと思います。

 

FXはリスクありきですから、

「いかにして稼ぐか」よりも、

「いかに退場のリスクを減らすか」の方が圧倒的に重要です。

 

手っとり早く稼ぐ必要なんてないと思います。

きちんと勝てる手法でトレードを重ねれば、複利で資産が増えていく以上、稼げるスピードは加速度的に上がっていきますからね。

まとめ

というわけで、一発退場を防ぐために重要なのは、証拠金維持率ではなく、リスクにさらす資産の割合というお話でした。

 

全体の資産に対して、20%だけFX口座に入金する。残りの80%は安全な口座にしまっておく。

たったこれだけのことで、一発退場のリスクは防げます。何も難しくありません。

 

20%しか使わないのは資金効率が悪いと思う人は、すでに危ないメンタルにあることを自覚したほうがいいと思います。

FXは複利で資産を増やせるのですから、20%しか使わなくても、最終的に大金を手にすることは十分可能です。

 

手っ取り早く大金を手にしようとしたばかりに、相場の世界に再起できないほどの痛手を負ってしまっては意味がありません。

本当の意味で「安全な資金管理」を徹底していきましょう。

 

それでは、本日はこのあたりで!

ではでは~!

 

☆おすすめの手法記事☆

www.sasamifx.com

www.sasamifx.com