自転車とFXで日本一周

自転車で日本一周をします。旅の資金はFXで稼ぎます。日々、旅の景色と、トレード記録を記事にしています。

自転車とFXで日本一周

知っておきたい!インジケーターを使う目的と、勝つための方法について!

どうも、衣笠です。

今回は、こんなテーマでお届けします!

f:id:igasa-fx:20190812125253p:plain

というわけで。

今回のテーマは、インジケーターです。

 

この記事は非常に重要です。

考え方を間違えていると、

インジケーターを増やしたせいで勝てなくなる

という現象が起こるからです。

 

今回は、トレード戦略を考えるうえで、インジケーターを増やすときの正しい考え方をお伝えしたいと思います。

 

どういうことか?

具体的に見ていきましょう!

インジケーターを増やす目的

インジケーターは、たくさんの種類があります。

移動平均線

ボリンジャーバンド

一目均衡表

MACD

などなど。

 

これらのインジケーターを増やすときに、目的を間違えてはいけません。

結論から言います。

 

インジケーターを増やす目的は、

「トレード回数を減らすため」

と考えるべきです。

 

これだけだと、

「ん、どういうこと?」

となってしまうと思うので、順を追ってみていきたいと思います。

まずはメインの手法を決める

トレード戦略を考えるうえで、まずは、自分のメインの手法を決める必要があります。

トレード戦略を立てる方法については、下記の記事をご覧ください。

www.sasamifx.com

 

僕であれば、スパンモデルをメインにしたトレード戦略を持っています。

(スパンモデルを使ったトレード戦略については、下記の記事をご覧ください)

www.sasamifx.com

 

「メイン手法」を続けていくと、その手法の弱みが見えてきます。

スパンモデルであれば、トレンド相場が得意なのが強みで、レンジ相場が苦手なのが弱みです。

この弱みを改善するために、インジケーターの追加を検討することになります。

例えばスパンモデルであれば、ボリンジャーバンドと相性がいいことが知られています。

レンジ相場が苦手なので、ボリンジャーバンドが並行で、スクイーズしているときは、スパンモデルの形がよくてもエントリーを見送るといった形です。

重要なのは「メイン手法」かつ「インジケーター」

インジケーターを追加したとき、必ず、意識するべきことがあります。

それは、

「メイン手法の条件が整っていて」かつ「インジケーターの条件も整っていたら」エントリーするということです。

 

少し言い方を変えると、インジケーターは、

「メイン手法の条件は整っている」けれども、苦手なタイミングの可能性があるから、エントリーはやめておこう

という判断に使うべきです。

つまりインジケーターは、「メイン手法」の弱みになる部分のエントリー回数を減らすことによって、リスクを回避するために使うべきです。

 

そして、最も最悪なケースをお伝えします。

それは、

「メイン手法の条件は整っていない」けれども、「インジケーターの形はいいから」エントリーしてしまおう

というエントリーです。これは最悪です。

インジケーター1つの値を見て勝てるほど、相場は簡単ではありません。

「メイン手法の条件を満たしていない」のに、インジケーターの形だけでエントリーするのは、負けに行くようなものです。

このようなトレードが増えてしまうと、せっかくインジケーターを追加しても、負けにつながってしまうというわけですね。

まとめ

というわけで、本日のまとめです。

 

①とにもかくにも、まずはメインの手法ありき。

②インジケーターを追加するときは、メイン手法の弱みになるところでのエントリーを減らすことを目的とする。

③したがってエントリーは、「メイン手法の条件が整っている」かつ「インジケーターの条件も整っている」ときに限定する必要がある。

④間違っても、「メイン手法の条件は整っていない」けれども「インジケーターの形がいいから」という理由でエントリーしてはいけない。

 

インジケーターは、トレードで勝つうえで重要な存在です。

僕の場合、スパンモデルがないと、どうやって勝てばいいのかわかりません。

そんな便利なインジケーターですが、使い方を誤ると負けにつながってしまいます。

 

インジケーターを追加する目的は、エントリー回数を減らすためです。

この点を意識して、トレード手法を考えていきましょう!

 

それでは、本日はこのあたりで!

ではでは~!