自転車とFXで日本一周

自転車で日本一周をします。旅の資金はFXで稼ぎます。日々、旅の景色と、トレード記録を記事にしています。

自転車とFXで日本一周

【見逃し厳禁】手法の公開を3月末で停止します【1to10・ISS】

どうも、衣笠です!

今回は、大切なお知らせがあります。

 

衣笠は現在、二つの手法を使ってトレードをしています。

①1to10

ISS

そしてそのどちらも、ゴゴジャングル様にて、電子書籍という形で公開を行っております。

手法の実績については、毎日、ブログ記事で公開をしています。

特に2020年1月からは1日も欠かさず更新しており、トレードの頻度や取れる値幅など、参考にしていただけたらと思います

 

さて、大事なお知らせです。

 

 

2020年3月末をもちまして、これらの手法の公開を、いったん停止します。

 

 

理由は一つ、カスタマーサービスの向上と安定のため」です。

2020年は、「手法を読んでくださった方と一緒に勝つ年にする!」という目標があります。

そのために、

①メールにて年中無休で質問受付

②原則24時間以内に回答

という体制を取っています。

 

ありがたいことに、

・手法に関する質問

・実践してみての疑問

などなど、たくさんのご質問を頂いております。

そしてそれらに、誠心誠意、返答をさせて頂いております。

 

ただ手法に関すること、相場に関することですから、どうしても、一つ一つの返信が長文になります。ひとつの返信を作るのに、1時間以上かけることも珍しくありません。

そういった対応を、衣笠一人でやっているのですが、「ちょっとキャパシティオーバー」を感じつつあります。

 

これ以上、利用者が増え続けると、「十分なサポートが出来ない」という懸念事項が浮かぶようになりました。

そのため、

・3月末でいったん販売停止

・何か月か様子を見て、その時点で購入済みの方からの質問が少なくなってきたら販売再開

という流れを考えています。

そのため、3月末に販売停止をしたあと、再開の時期は未定です。

その時点で手法を使ってくださっている方が、質問もなくなり、安定して勝てるようになってきたら、再開をしたいと思います。

 

とにかく、「一緒に勝つ!」というのが、今年の僕の大きな目標です!

そのために、僕は努力を惜しみませんし、体制作りも全力を尽くしています。

そういった背景のもと、3月末で販売停止とすること、ご了承頂けますと幸いです。

 

なお、3月末の販売停止に伴い、それまでの期間はどちらの手法もセール価格で販売をいたします。

ぜひこの機会に、ご検討いただけますと幸いです。

興味のある方は、この記事の下の方に、それぞれの手法の利点や比較を書きますので、そちらもご参考にどうぞ。

 

それから、「既に購入済みの方」に大切なご連絡です。

いつもメールで質問くださる皆様、本当にありがとうございます。

質問を頂くたび、皆さんが相場と真摯に向き合う姿勢を感じて、僕も、モチベーション新たに相場と向き合うことが出来ています!これからも、遠慮なくメールください!

そして、「まだメールをしたことが無いよ」という皆様。

既に手法の理解はバッチリで、活用して勝てている!ということであれば、もちろんうれしいです!

ただ、

「ちょっと分からないところがあるけど、質問するのは気が引ける……」

「このケースをどう考えたらいいか分からないけど、質問してもいいのかな……」

など、ためらわれている場合は、本当に遠慮なくご連絡くださいね!

実際、すでにたくさんの質問を頂いていますので、「自分だけ……」みたいな心配は一切不要ですよ~!

頂いた質問には、原則24時間以内に、誠心誠意返答させていただきます!

(宛先:igasa.fx@gmail.com

万が一48時間経過しても返信が無い場合は、純粋な見落としやメールエラーの可能性がありますので、お手数ですが、再送頂けますと幸いです。

 

 

さてここからは、各手法の特徴をお伝えいたします!

〇ISS

ISSは、1分足を使ったスキャルピング手法です。

ISSを実践するには、1日の中で、2時間程度チャートに張り付く時間があった方がいいです。

そのため、

・日中は仕事でチャートを見れないけど、夜ならしっかりチャートを見れる

という方にオススメです。

手法としては、

・上位足のトレンドに対して、1分足で順張り

という考え方になります。

1分足を使う分、トレードの条件を満たす場面が多いため、

「トレードが出来ない日」

というのが少ないのも特徴です。

詳しくは、下記の記事をご覧ください。

www.sasamifx.com

 

〇1to10

1to10は5分足と1時間足を使った手法です。

指値・逆指値を使ったオペレーションが多く、ポジションを取った後は、チャートを頻繁に確認する必要がありません。

そのため、

・2時間もチャートに張り付くのは無理だけど、1日を通して、1時間に1回くらいならチャートをチラ見できる

という人にオススメです。

手法としては、

・1時間足レベルのトレンドを抜く

という手法なので、中長期のトレンドを狙って利益を伸ばすことになります。

詳しくは、下記の記事をご覧ください。

www.sasamifx.com

 

〇どちらも使う利点

そしてISSと1to10を、合わせて使う利点があります。

いま、上位足が下降トレンドとします。

その場合、

①さらに下に動くなら→ISSで取りに行く

②いったん上に戻すなら→1to10で取りに行く

というように、相場がどちらに動いても対処することが出来ます。

「どちらに動いても得」

という状況なので、初動を無理にあてに行く必要がなくなり、ポジポジ病になってしまうリスクもぐっと減ります。

既にどちらかを使っている、という方も、この機会に、もう一方の購入をご検討いただいてもいいかもしれません。

(ただ、手法を一つずつ極めるというのがとても大切です。焦って二つそろえる必要はないので、まずは一つずつ、しっかりものにしていきましょう!)

 

今回の記事は、以上です!

繰り返しになりますが、2020年の衣笠の目標は、「ISSと1to10を使って一緒に勝つ!」です。

そのための努力は一切惜しみませんので、ぜひ、一緒に頑張れたらと思っています!

 

それでは、本日はこのあたりで!

ではでは~!