自転車とFXで日本一周

自転車で日本一周をします。旅の資金はFXで稼ぎます。日々、旅の景色と、トレード記録を記事にしています。

自転車とFXで日本一周

【FX展望】9月24日(月)からの見通しと戦略【ドル円】

どうも、衣笠です。

9月24日(月)からのドル円の見通しについて書いていきたいと思います。

下記の記事で書いた9月19日(水)からの見通しが合っていたかどうかも含め、書いていきたいと思います。

www.sasamifx.com

引き続きスパンモデルとスーパーボリンジャーを使って解説していきます。

スパンモデルやスーパーボリンジャーについては、下記の記事をどうぞ。

www.sasamifx.com

それでは、さっそく見ていきましょう!

ドル円

まずはドル円についてです。

前回の記事では、こんな風に書きました。

・基本は買い目線1本でいきたい

押し目買い

・112.150のサポートが確認出来たら

→通常のlotでロング

・111.850のサポートが確認出来たら

→大きめのlotでロング

〇ブレイク狙い

112.380を抜けて、レジサポ転換が確認出来たらロング

→112.800で半分利確、残り半分は113.160目標

こちらの見通しがあっていたのかどうかも含め、再度、日足と60分足を見ていきます。

日足

f:id:igasa-fx:20180924072332p:plain

ドル円の日足チャートです。

遅行スパンが明確に陽転しています。

雲も青色になり、価格もBBの+1σより上にあることから、理想的な上昇トレンドと判断出来そうです。

気がかりは、前日の足が長い上ヒゲになっていることと、+2σが近すぎることでしょうか。

上昇トレンドなのは間違いないですが、いきなり大きく上昇とはいかず、いったん下値を試す展開も十分あり得ます。

下値は相当に堅そうなので、押し目でしっかりと買いをいれていきたいところ。

60分足

f:id:igasa-fx:20180924073041p:plain

続いて60分足です。

遅行スパンは陽転ですが、ローソク足との距離がかなり近いですね。

上昇トレンドというよりも、調整局面のレンジでしょうか。

雲が青色になってから1回目の深い押しなので、『転換→加速』における『転換』のフェーズと見ることが出来ます。

雲の下限でしっかりと反転足が出た場合、直近の高値までは試しにいくでしょう。

高値を更新すると、『加速』のフェーズに入り、さらなる上昇トレンドに期待が持てますね。

ドル円の戦略

まずは素直に、押し目買いから入りたいところです。

112.500→通常のlotでロング

112.250→やや大きめのlotでロング

112.000→大きめのlotでロング

 

112.000を下抜けた場合は、111.800でのサポートに注目です。

111.800でサポートされ、再度112円に戻って来るようなら買い目線継続。

111.800も下抜けてしまうようなら、売り目線へ切り替えが必要でしょうか。

とはいえ日足レベルで強い上昇トレンドなので、ある程度下値が堅いことが予想されます。

週の前半は変に逆張りを狙いすぎず、素直に買いから入ったほうが良さそうですね。

前回の戦略は勝てていたのか?

押し目買いから入るという戦略はよかったですね。

サポートの水準がややずれていて、112.150よりも、112.050ではっきりとサポートされました。

サポートされたあとは、ブレイク狙いの水準にしていた112.380を突破しましたね。

112.380のブレイク狙いという戦略も良かったです。112.380を抜けた後は、112.860までつけています。

利食いのポイントは112.800に設定していたので、これもバッチリでしたね。ただ、第二の利確ポイントにしていた113.160までは届きませんでしたね。

 

下値の水準が10pipsほどずれていましたが、それ以外は、戦略として機能していたのではないでしょうか。

まとめ

というわけで、9/24(月)からの展望と戦略でした!

9月も最終週ですが、FOMCを始め、重要な指標やイベントが多く控えています。

ビッグイベントの直前にはポジションを整理する、ポジションは翌日まで持ち越さないといったリスクヘッジをしっかりとっていきたいですね。

また、毎回のことですが、ヘッドニュースや要人発言による突発的な値動きで大きな含み損を抱えなくても済むように、自動損切りだけはしっかりと入れていきましょう。

 

それでは、本日はこのあたりで!

次回の展望は、9/26(水)に更新予定ですよ~!

ではでは~!