自転車とFXで日本一周

自転車で日本一周をします。旅の資金はFXで稼ぎます。日々、旅の景色と、トレード記録を記事にしています。

自転車とFXで日本一周

【FX展望】9月26日(水)からの見通しと戦略【ドル円・ユーロドル】

どうも、衣笠です。

9月26日(月)からのドル円・ユーロドルの見通しについて書いていきたいと思います。

下記の記事で書いた9月24日(月)からの見通しが合っていたかどうかも含め、書いていきたいと思います。

www.sasamifx.com

引き続きスパンモデルとスーパーボリンジャーを使って解説していきます。

スパンモデルやスーパーボリンジャーについては、下記の記事をどうぞ。

www.sasamifx.com

www.sasamifx.com

それでは、さっそく見ていきましょう!

ドル円

まずはドル円についてです。

前回の記事では、こんな風に書きました。

押し目買いから入りたい

112.500→通常のlotでロング

112.250→やや大きめのlotでロング

112.000→大きめのlotでロング

・111.800を下抜けた場合は、売り目線へ切り替え

こちらの見通しがあっていたのかどうかも含め、再度、日足と60分足を見ていきます。

日足

f:id:igasa-fx:20180926095706p:plain

ドル円の日足チャートです。

遅行スパンは明確に陽転しており、強い上昇トレンドになっていますね。

ローソク足の位置も、+1σと+2σの間で推移しており、理想的な上昇トレンドの形状と言えるでしょう。

懸念事項は、+2σに近すぎることと、次のレジスタンスになるであろう113.170が相当重いであろうこと。

上昇基調なのは間違いないですが、上値の重さに嫌気がされて、いったん雲付近まで調整の下げが入る可能性もあり。

また、FOMCや指標の結果にも注目が必要ですね。

1時間足

f:id:igasa-fx:20180926100159p:plain

続いて1時間足です。

こちらも遅行スパンは陽転しており、買いが優勢な局面。

ただ、このまま上値が更新できないと、26日のロンドン~NY時間には、いったん遅行スパンが陰転する可能性もありますね。

高値更新に向けて、深めの押し目を作る可能性に注意が必要です。

 

気を付けたいのは、そう簡単には下降トレンドにはならないであろうということ。

重要なサポートを抜けたとしても、売りでついていくのはやや危険。

むしろ、機能するサポートを見つけ次第、ロングで入ったほうが得になりそうです。

ドル円の戦略

今週は、買い目線1本になりそうです。

112.750→小さめのlotでロング

112.450→通常のlotでロング

112.040→大きめのlotでロング

 

また、ブレイク狙いのロングも視野に入れておきましょう。

狙うポイントは113.170です。

113.170を上に抜けて、レジサポ転換が確認出来たらロング。

注意点は、113.170を上に抜けた瞬間にロングを入れるのはリスキーという点です。

113.170近辺には、いろいろな思惑から、売りがたまっていることが予想されます。

いったんは上に抜けたとしても、再び下に抜けてしまう可能性もあるので、必ずレジサポ転換を確認してからロングにしましょう。

前回の戦略は勝てていたのか?

押し目買いから入るという戦略はバッチリでしたね。

112.500を押し目買いの水準としていましたが、実際にはもう少しだけ下でした。

112.430で反転足が出た後は、じり上げの展開で113.020までつけています。

やはり上位足で明確にトレンドが出ている場合は、その方向についていく戦略を立てておけば、おおむねうまくいきますね。

ユーロドル

続いてユーロドルです。

前回の記事では、時間の都合で展望が立てられなかったので、改めて見ていきましょう。

日足

f:id:igasa-fx:20180926101742p:plain

ユーロドルの日足チャートです。

遅行スパンは明確に陽転しており、買いが優勢

24日につけた高値の1.18154を再度試しにいけるかどうかがポイントでしょうか。

この水準は今年の5月ごろから意識されており、突破にはかなりのエネルギーが必要になりそうです。

その分、突破した場合には、上昇トレンドがさらに力強く継続しそう。

今後のユーロドルの行方を占うような、重要な水準にきていますね。

1時間足

f:id:igasa-fx:20180926102248p:plain

続いて1時間足です。

遅行スパンは陽転ですが、ローソク足との距離が近いですね。

日足は上昇トレンドですが、下位足では、いったん調整局面に入っています。

現在の価格帯から、いきなり高値を試しにいく雰囲気はあまりなさそう。

いったん、深めに押し目を作ってから、再度高値をトライでしょうか。

ユーロドルの戦略

こちらも買いから入っていきたいところです。

1.17245→通常のlotでロング

1.16770→大きめのlotでロング

1.16500→ロングの最終防衛ライン

 

また、ブレイク狙いもありです。

狙う水準は当然、1.18150です。

ドル円と同様に、レジサポ転換が確認出来たらロングを入れていきましょう。

まとめ

というわけで、9/26(水)からの展望とトレード戦略でした!

それぞれの戦略にも書きましたが、今週は、買い目線か売り目線、どちらか一つに絞ってエントリーポイントを探した方が絶対にいいです。

要人発言や、不意のニュースで、どの通貨ペアも乱高下する可能性が大いにあります。

その時、目線を一つに絞っていないと、

天井で買って底で損切りし、

ドテンして底で売って、再び天井で損切り

という地獄のパターンがありえます。

買い目線か売り目線、どちらか一つに絞っていれば、まず起こらない現象です。

目線を一つに絞って、あとはしっかりとチャンスを待ってエントリーしていきましょう。

 

それでは、本日はこのあたりで!

次回の展望は、9/30(日)に更新予定ですよ~!

ではでは~!

☆おすすめの手法記事☆

www.sasamifx.com

www.sasamifx.com