自転車とFXで日本一周

自転車で日本一周をします。旅の資金はFXで稼ぎます。日々、旅の景色と、トレード記録を記事にしています。

自転車とFXで日本一周

【FX展望】10月1日(月)からの見通しと戦略【ドル円・ユーロドル】

どうも、衣笠です。

10月1日(月)からのドル円・ユーロドルの見通しについて書いていきたいと思います。

下記の記事で書いた9月26日(水)からの見通しが合っていたかどうかも含め、書いていきたいと思います。

www.sasamifx.com

引き続きスパンモデルとスーパーボリンジャーを使って解説していきます。

スパンモデルやスーパーボリンジャーについては、下記の記事をどうぞ。

www.sasamifx.com

www.sasamifx.com

それでは、さっそく見ていきましょう!

ドル円

まずはドル円についてです。

前回の記事では、こんな風に書きました。

・買い目線1本で見ていきたい。

112.750→小さめのlotでロング

112.450→通常のlotでロング

112.040→大きめのlotでロング

・ブレイク狙いも視野に入れる

狙うポイントは113.170

こちらの見通しがあっていたのかどうかも含め、再度、日足と60分足を見ていきます。

日足

f:id:igasa-fx:20180930092921p:plain

遅行スパンは明確に陽転しています。買いが優勢な局面ですね。

ボリンジャーバンドの+2σを超えている点に注目です。

強い上昇トレンドが継続する場合、このまま+2σ上をバンドウォークすることになります。

とはいえ直上に114円という節目があることを考えると、いったんは+1σまで下押す展開もありえます。

トランプ大統領のドル高をけん制する発言にも注意。

 

一時的に下押す可能性は十分ありますが、日足レベルでここまで明確に上昇トレンドだと、しばらくは買い目線で見ていくことになりそうですね。

1時間足

f:id:igasa-fx:20180930124555p:plain

続いて1時間足です。

こちらも遅行スパンは陽転。下位足でも、買い優勢局面が続いていますね。

にしても、スパンモデルの雲できれいに反発していますね。

1時間足で見ても、買い目線を否定する要素はありません。

ただこちらも、+2σを超えている点には注意。

このままバンドウォークする可能性もありますが、いったんは下値を試す可能性を頭に入れておきたいところ。

ドル円の戦略

前回から引き続き、買い目線1本でいきたいところです。

下値を試しにいくときにはショートでついていかず、サポートを待ってからロングで入ったほうが得することが多そうですね。

113.500→小さめのlotでロング

113.300→通常のlotでロング

113.150→大きめのlotでロング

 

ブレイク狙いのロングもありですが、水準がやや難しいです。

直近のレジスタンスは113.900になりそうですが、突破しても114.000、114.100がレジスタンスとして控えています。

ストップロスを巻き込んで急騰の可能性も捨てきれませんが、ブレイク狙いでロングするよりは、押し目を待ってロングの方が良さそうですね。

 

トランプ大統領の発言など、市場のセンチメントが揺らぐような発言があった場合、113.150を下に割る可能性もなくはないです。

その場合は下目線に切り替えるのではなく、1時間足の遅行スパンが陽転するまで待って、再度買いで入れるタイミングを探していきたいところです。

前回の戦略は勝てていたのか?

買い目線1本に絞ったのはよかったですね。

押し目の水準ですが、112.450としていましたが、実際には112.550あたりで反発しています。想定よりやや上で反発しましたね。

ブレイクの水準にしていた113.170を超えた後は、113.680まで高値をつけています。

総じて、戦略がうまくいったのではないでしょうか。

ユーロドル

続いてユーロドルです。

前回の記事ではこんな風に書きました。

・買いから入っていきたい

1.17245→通常のlotでロング

1.16770→大きめのlotでロング

1.16500→ロングの最終防衛ライン

・ブレイク狙いもあり

狙う水準は1.18150です。

こちらの見通しがあっていたのかどうかも含め、再度、日足と60分足を見ていきます。

日足

f:id:igasa-fx:20180930131501p:plain

ユーロドルの日足チャートです。

遅行スパンはローソク足と絡んでおり、方向感は不明です。

ただこのまま推移すると、程なく陰転して、売りが優勢な局面なりますね。

ローソク足の位置は、スパンモデルの雲下限に接近しているため、このあたりから下値が固くなる可能性が高いです。

逆にいえば、ここからさらに下抜けるようなら、大幅な下落になるため注意が必要でしょうか。

日足レベルではトレンドが確認できないため、やや手を出しづらい状況です。

1時間足

f:id:igasa-fx:20180930131943p:plain

続いて1時間足です。

遅行スパンは明確に陰転しており売りが優勢

雲もきれいに下に傾いていて、見事な下降トレンドが形成されていますね。

1.15710あたりでいったん反発していますが、雲の下限と、センターバンドで再度押し戻されています。

このまま、もう一度1.15710を試しにいってもおかしくない形状ですね。

ユーロドルの戦略

若干、手を出しづらいというのが正直なところ。

基本的には売りから入っていきたいですが、下値が固く、大きく戻しをつける可能性も否定しきれません。

 一応、ショートの水準ですが、

1.16200→小さめのlotでショート

1.16500→通常のlotでショート

1.16750→大きめのlotでショート

になりそうです。

また、1.15710を下抜けた場合は、レジサポ転換を確認してからショートですね。

 

ただ1時間足の遅行スパンが明確に陽転してきた場合は、買い目線に切り替えたほうが賢明かもしれません。

金曜日の下落幅が大きかっただけに、月曜日~火曜日くらいまでは調整の動きが中心で、方向感が出づらいかもしれませんね。

前回の戦略は勝てていたのか?

正直、全然ダメでしたね汗

そもそも、方向感自体合っていませんでした。

最終防衛ラインにしていた1.16500も突破されてしまい、買い目線では勝てる相場ではありませんでしたね。

相場がいつも予想通りになるわけもないですが、ここまで大々的に外れてしまうと、ややショックでした。

まとめ

というわけで、10/1(月)からの展望とトレード戦略でした!

10月の初週になります。

月の初めの方で負けてしまうと本当につらいので、変なトレードで損をしないよう、しっかりとチャンスを待ちたいところですね。

 

それでは、本日はこのあたりで!

次回の展望は、10/3(水)に更新予定ですよ~!

ではでは~!

☆おすすめの手法記事☆

www.sasamifx.com

www.sasamifx.com