自転車とFXで日本一周

自転車で日本一周をします。旅の資金はFXで稼ぎます。日々、旅の景色と、トレード記録を記事にしています。

自転車とFXで日本一周

【FX展望】10月22日(月)からの見通しと戦略【ドル円】

どうも、衣笠です。

10月22日(月)からの ドル円の見通しについて書いていきたいと思います。

下記の記事で書いた10月17日(水)からの見通しが合っていたかどうかも含め、書いていきたいと思います。

www.sasamifx.com

引き続きスパンモデルとスーパーボリンジャーを使って解説していきます。

スパンモデルやスーパーボリンジャーについては、下記の記事をどうぞ。

www.sasamifx.com

www.sasamifx.com

それでは、さっそく見ていきましょう!

ドル円

まずは、ドル円についてです。

前回の記事では、こんな風に書きました。

・買い一本に絞りたい

112.500を突破し、レジサポ転換が確認出来たらロング。

112.000→小さめのlotでロング

111.840→通常のlotでロング

111.630→大きめのlotでロング

こちらの見通しがあっていたのかどうかも含め、再度、日足と60分足を見ていきます。

日足

f:id:igasa-fx:20181021100522p:plain

ドル円の日足チャートです。

遅行スパンは陽転しており、買いが優勢。

下値の固さを確認しつつも、上値は112.730付近が重たく、幅の広いレンジ推移が続いています。

 

基本的に、111.850を明確に割らない限りは、買い目線を変更する必要はないと考えています。

まずは直上のレジスタンスである112.730、さらにその上の113.150を超えられるかに注目ですね。

この二つのレジスタンスを超えると、114.000~114.500を再び目指す動きになりそうです。

1時間足

f:id:igasa-fx:20181021101628p:plain

続いて、1時間足です。

遅行スパンは陽転しており、買いが優勢。

雲も、一時は赤色になっていましたが、再び青色になっており、買い優勢を示唆しています。

雲自体もサポートとして機能し始めているので、このまま雲をサポートに、112.730の突破を目指す動きになるでしょうか。

逆に、もし雲を下に割って、遅行スパンも陰転するような事態になると、買い勢力にとってはやや厳しい状況かもしれません。

ドル円の戦略

引き続き、買い目線一本で問題ないと考えています。

まず、112.730を上に突破して、レジサポ転換が確認出来たらロングを入れていきたいところ。

その場合、利食いラインは113.150。さらに強気にいくなら、114.000まで引っ張るのもアリ。

 

押し目買いの水準は、

112.250→小さめのロットでロング

112.000→通常のロットでロング

111.850→大きめのロットでロング

と考えています。

損切りラインは、111.850を明確に下に割った場合になりそうです。

 

また、111.630は買い勢力にとって最後の砦と見ています。

そのため、111.630を下に割ってレジサポ転換が確認できた場合には、買い目線から売り目線に切り替える可能性もありますね。

前回の戦略は勝てていたのか?

買い目線はズバリといった感じでしたね。

112.500のブレイク狙いは、112.730が重く機能しづらかったですが……

そもそも、112.500より上で買いやすい形にならなかったので、許容範囲でしょうか。

 

10月17日(水)~10月19日(金)の間に、112.000まで下押す場面が2回ありましたので、ここでの押し目買いが機能しましたね。

どちらでエントリーしても、112.500~112.700まで引っ張れたため、十分な利益を出せる戦略だったと思います。

まとめ

というわけで、10月22日(月)からの展望とトレード戦略でした!

10月もあっという間に後半戦突入です。

政治的なリスクから上下動の激しい相場ですので、突発的な動きにはくれぐれもついていかないよう、戦略的なトレードを心がけていきましょう!

 

それでは、本日はこのあたりで!

次回の展望は、10月24日(水)に更新予定ですよ~!

ではでは~!

☆おすすめの手法記事☆

www.sasamifx.com

www.sasamifx.com