自転車とFXで日本一周

自転車で日本一周をします。旅の資金はFXで稼ぎます。日々、旅の景色と、トレード記録を記事にしています。

自転車とFXで日本一周

【FX展望】11月12日(月)からの見通しと戦略【ドル円】

どうも、衣笠です。

11月12日(月)からの ドル円の見通しについて書いていきたいと思います。

下記の記事で書いた10月31日(水)からの見通しについての振り返りは、今回はお休みです。体調不良により、更新期間が空いてしまったので。

www.sasamifx.com

引き続きスパンモデルとスーパーボリンジャーを使って解説していきます。

スパンモデルやスーパーボリンジャーについては、下記の記事をどうぞ。

www.sasamifx.com

www.sasamifx.com

それでは、さっそく見ていきましょう!

ドル円

いつも通り、日足と1時間足を見ていきます。

日足

f:id:igasa-fx:20181111163231p:plain

ドル円の日足チャートです。

遅行スパンはローソク足に絡んでいますね。

このまま推移すると遅行スパンは陽転しそうで、買いが優勢な局面になっていると見ることが出来ます。

センターバンドが上向きで、雲も買いサインが点灯していることも、買い優勢の判断材料ですね。

BBは、下側はやや閉じてきていますが……上側はまだまだ開いており、トレンドの勢いが継続する可能性は十分あります。

 

ここで、直近の流れを時系列で追ってみましょう。

①10月の1週に114.540まで高値を付ける。

②10月の2週からは続落、一時は111.380まで。

③しかし、スパンモデルの雲の下限付近で下値が固く、徐々に持ち直されてくる。

④11月10日は114.040まで高値を戻した。

この時系列においては、②がスパンモデルの『転換』の動きに該当します。

そして③~④にかけて、『加速』の動きに向かっている最中と見るのが妥当でしょうか。

もちろん実際に、『加速』が成立するかどうかはわかりませんが……まずは前回高値の、114.540まで目指す動きにはなってほしいところです。

スパンモデルの『転換→加速』の動きについては、下記の記事をどうぞ。

www.sasamifx.com

1時間足

f:id:igasa-fx:20181111165316p:plain

ドル円の1時間足チャートです。

遅行スパンは陰転しており、売りが優勢な局面

FOMC、中間選挙といった重要イベントを消化して、やや材料難なのもあり、先週の後半はもみ合いが続くことになりました。

今は、雲の中で推移している状態なので……

・雲の下限でしっかりサポートされるかどうか

・雲の上限を上抜けしていけるかどうか

このあたりには、特に注目してみていきたいところですね。

ドル円の戦略

基本的には、押し目買いから入っていきたいところです。

日足は、買い優勢が強まりつつあるので。

押し目買い水準

・113.750→小さめのlotでロング

・113.500→やや小さめのlotでロング

・113.250→通常のlotでロング

・113.000→大きめのlotでロング

113.000を明確に割ってしまった場合は、ロングはいったん手じまいにした方が良さそうです。

また、114.000を明確に上抜けてレジサポ転換が確認できた場合もロングを入れていきたい場面です。その場合は、114.540で半分利食い、残り半分はさらなるブレイクに期待が出来ます。

 

ショートは、基本的には検討しない場面ですが1通りだけ。

114.000か、その少し上で上値が重たくなった場合はショートを入れていきたいところです。

まとめ

というわけで、11月12日(月)からの展望とトレード戦略でした!

11月もあっという間に中盤戦ですね。

12月は20日くらいまでしかトレードできないことを考えると……

今年のトレード期間も、残り1か月と少しというところなんですね。

1年の収支を一番いい形で終えられるよう、引き続き無理なく、戦略的にトレードしていきましょう!

 

それでは、本日はこのあたりで!

次回の展望記事は、11月14日(水)に更新予定ですよ~!

ではでは~!

☆おすすめの手法記事☆

www.sasamifx.com

www.sasamifx.com